パソコンから情報が漏洩・流出する危険性とは? 対策方法はあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンは、個人情報のかたまりです。企業で使用しているパソコンだけでなく、個人が使っているパソコンからも情報が流出すれば、大きな被害が出ることになるでしょう。個人情報保護の大切さは、皆様がよく承知していると思います。ではなぜ、情報の漏洩や流出がなくならないのでしょうか?
今回は、パソコンから情報が漏洩してしまう理由や、その対策方法について解説します。

  1. パソコンから情報が漏洩する経緯について
  2. パソコンからの情報漏洩を防ぐためにできること
  3. パソコンを処分する際の注意点
  4. パソコンからの情報漏洩に関するよくある質問

この記事を読めば、情報の流出や漏洩を防ぐために必要なことがよく分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.パソコンから情報が漏洩する経緯について

はじめに、パソコンから情報が漏洩してしまう理由や、それによって引き起こされる悪影響などを解説します。なぜ、情報が漏洩してしまうのでしょうか?

1-1.パソコンから情報が流出するということ

パソコンは、いろいろなことができる電子機器です。書類の作成に始まり、顧客の情報管理や写真・映像・画像の保存、さらにインターネットにつなげば買い物やコミュニケーションも取ることができるでしょう。仕事はもちろんのこと、日常生活にもパソコンは欠かせなくなっています。そのため、パソコンには個人情報がたっぷりと記録されるようになりました。パソコンからの情報漏洩や流出というと企業で発生するもの、と思われがちですが、個人で使っているパソコンでも、流出しては困る情報がつまっています。

1-2.会社のパソコンから情報が流出する危険性

会社のパソコンには、社外秘の情報がたくさん入っています。その代表例が顧客情報です。会社が扱っている製品を見れば、顧客の年収や家族構成もある程度分かります。また、クレジットカードの情報も一緒に記録されていることも多いため、漏洩すれば大きな被害があるでしょう。
会社で取り扱っている情報の中には、「お金を払ってでも欲しい」というものも珍しくありません。そのため、サイバー攻撃をしかけられて情報を盗まれたり、従業員が情報を盗み出すこともあります。

1-3.個人のパソコンから情報が流出する危険性

個人のパソコンにも、クレジットカードの番号や銀行の口座番号・暗証番号など盗まれると大変なことになる情報がたくさん入っています。特に、クレジットカードの番号が分かればカードの不正利用ができるため、狙われやすいでしょう。また、SNSの暗証番号やパソコン内に入っている写真や住所録なども流出すると厄介なことになります。

1-4.情報が流出する経緯

パソコンから情報が流出する経緯には、以下のようなものがあります。

  • 第三者が悪意を持って情報を盗み出した
  • ウィルス感染による漏洩
  • ファイル共有ソフトを使用したことによる漏洩
  • パソコン管理が不十分なことが原因で情報が流出した
  • フィッシング詐欺に引っかかった
  • サイバー攻撃などによる漏洩

この中でも、フィッシング詐欺はAmazonなど大手通販サイトからのメールに偽装してURLを送付し、そこにアクセスすると情報を盗み取られるなど、巧妙化しているのです。また、ホームページにウィルスが埋め込まれている場合もあり、知らずに感染していることもあるでしょう。

1-5.情報が漏洩するとどうなるのか?

パソコンから情報が漏洩し、インターネット上に流出してしまうと完全に回収することはほぼ不可能です。また、クレジットカードの番号や銀行口座が不正利用されれば、カードや口座は使えなくなります。住所や電話番号が流出すれば、不正な勧誘や詐欺に利用されることもあるでしょう。写真も悪用されれば、個人の名誉が傷つくこともあります。
企業の場合は、個人情報保護法違反に問われることもありますし、信用も落ちるでしょう。連動して、顧客が離れたり株価が暴落することもあり得ます。

2.パソコンからの情報漏洩を防ぐためにできること

この項では、パソコンに入っている情報が漏洩するのを防ぐ方法の一例を解説します。どのような方法があるのでしょうか?

2-1.個人でできる対策

個人でできる対策としては、

  • 信頼できる大手通販サイト以外、クレジットカードの情報を登録しない
  • アダルトサイトなどは閲覧しない
  • 信頼できるウィルス対策ソフトをパソコンに入れる
  • 大手通販サイト・銀行などから個人情報やクレジットカードの番号などを問われるメールがきても、返信しない

などがあげられます。特に、大手通販サイトや運送会社・銀行などを装った詐欺メールは、SNSなどで「このようなメールが送られているようですが、詐欺です」という告知が、公式アカウントから行われることも多いので、随時確認する習慣をつけるとよいでしょう。

2-2.企業が行う対策

企業では、

  • 個人情報保護法について従業員の教育を行う
  • 重要な情報にはパスワードをかけ、利用者を制限する
  • 重要な情報が入っているパソコンはインターネットに接続しないなどの対策をする
  • ウィルスソフトを導入する
  • ファイル共有ソフトの利用を制限する
  • 会社の備品であるパソコンは、社外の持ち出しを禁止する

などの対策ができます。特に、個人情報保護法に関する教育を行えば、情報を盗み出すとどのようなペナルティがあるかなども従業員に理解してもらうこともでき、犯罪防止にもなるでしょう。

2-3.パソコンを修理に出すときも注意が必要

パソコンが壊れた場合は、修理に出すこともあります。この場合は、大手メーカーの子会社など信頼できるところに依頼しましょう。また、可能ならば重要な情報は取り出しておくことが大切です。海外の事例ですが、パソコンを修理に出した際、パソコン修理業者の従業員がパソコン内の情報を盗み出し、インターネット上に拡散した事件がありました。日本でもそのようなことがないとはいえません。

3.パソコンを処分する際の注意点

この項では、パソコンを処分する時に情報が漏洩しない方法を解説します。ぜひ、参考にしてください。

3-1.パソコンを処分する際にやっておくこと

現在、日本ではパソコンを処分する場合、メーカーが回収することが原則となっています。メーカーに回収をしてもらう前に、パソコンに入っているデータをすべて削除しましょう。単にゴミ箱に捨ててゴミ箱を空にするだけでは不十分です。パソコンには、処分する際に使用する、OSごとデータを消去するプログラムが組みこまれています。専用のCD-ROMがついていることもありますし、コマンドを入力するものもあるので、分からない場合は説明書を読むかメーカーに問い合わせてください。
タブレットパソコンの場合は、工場出荷時の状態に戻しましょう。
なお、この作業を行って情報を削除すると、復帰させることはほぼ不可能です。重要な情報は事前に必ず取り出しておきましょう。

3-2.パソコンが壊れて立ち上がらない場合

パソコンが壊れてしまって立ち上がらない場合は、HDDを物理的に破壊することがおすすめです。HDDはドライバーがあれば比較的簡単に取り出せるので、取り出して金づちなどで破壊しましょう。水をかける方法もありますが、近年、海水に長時間つかったHDDを復旧させる技術も開発されましたので、壊してしまったほうが安全です。

3-3.専門の業者に処分を依頼する場合

会社で使っていたパソコンが複数壊れた、という場合は、HDDを破壊するのは難しいでしょう。また、自分でパソコンから情報を削除しても、念には念を入れたいというところもあると思います。この場合は、パソコン処分本舗など、パソコンの回収やデータ消去サービスを行っている会社を利用するのもひとつの方法です。データ消去サービスを受けていれば、ほぼ確実にデータが流出することはなくなります。企業で個人情報を保管していたようなパソコンを処分する場合は、データ消去サービスを利用すれば安心です。
また、パソコンはリユースしたりリサイクルできる部品が多いので、無料回収を行っている業者もあります。パソコン処分本舗でも、パソコンを無料で宅配回収していますので、ぜひ利用してください。また、有料でデータ消去証明書を発行していますので、必要ならば依頼しましょう。

4.パソコンからの情報漏洩に関するよくある質問

Q.インターネットにつないでいないパソコンからも、情報が漏洩することはあるのでしょうか?
A.もちろんです。特に、会社のパソコンは注意してください。

Q.フィッシング詐欺などに引っかかってしまった、と自覚したらどうしたらよいでしょうか?
A.カード情報を入力してしまった場合は、すぐにカード会社に連絡して指示をあおいでください。銀行口座の場合は、銀行に連絡しましょう。

Q.利用していた通販サイトなどから情報が流出してしまった場合は、何か対処方法はあるでしょうか?
A.情報を流出してしまった企業を名乗る電話・メールなどは気をつけましょう。すぐに返信せず、企業の公式な発表を待ってください。

Q.修理業者などからパソコン内の情報が流出した場合、罪に問うことはできますか?
A.もちろんできますが、情報を回収するのは難しいでしょう。

Q.会社で使用しているパソコンが盗まれて情報が流出した場合、責任は問われますか?
A.会社から盗まれたという場合は、個人の責任が問われることはないでしょう。しかし、車や電車などに不用意にパソコンを置いていた結果盗まれたという場合は、管理責任が問われることもあります。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回はパソコンからの情報漏洩について解説しました。情報はどんな些細なものでも悪用ができます。「こんなものが流出しても誰も困らない」と決めつけてはいけません。特に、学校や会社の名簿などには注意が必要です。また、情報が流出してしまったと分かった時点で、カード会社などにはすぐ連絡しましょう。不正利用が行われてしまうと、それが不正利用だと証明するのが困難な場合も珍しくありません。