不用品回収業者の選び方とは? 気をつけるポイントはここ!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自治体のゴミ回収ルールは、一昔前まえよりずっと厳しくなりました。
ゴミの種類によっては回収の回数が少なかったり、回収自体ができなかったりします。
そこで、利用者が増えているのが不用品回収業者。
しかし、業者との間でトラブルになった事例も多いのです。
そこで、今回は不用品回収業者の選び方についてご説明します。
気をつけるべきポイントはどこでしょうか?
また、不用品回収業者を依頼するタイミングについてもご説明します。
不用品回収業者を利用してみたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

目次

  1. 不用品回収業者とは?
  2. 不用品回収業者との間におこるトラブルとは?
  3. 業者を選ぶ際の注意点とは?
  4. 不用品回収業者は余裕を持って依頼しよう
  5. おわりに

1.不用品回収業者とは?

不用品回収業者とは、家庭から出る不用品を回収してくれる業者のことです。
業者によっては回収だけでなく買い取りも行っているところもあるでしょう。
ですから、「捨てるのには惜しいけれど、わざわざリサイクルショップに持っていくのもためらわれる」というものがある場合も利用すると便利です。
さらに、「自治体では粗大ゴミとして回収してくれるけれど、重すぎてゴミ捨て場まで持っていけない」というものでも、家まで回収に来てくれます。
そのうえ、早ければ依頼をしたその日に回収してくれるでしょう。
引っ越しなどで「不用品を至急処分したい」というときにも便利ですよ。

2.不用品回収業者との間におこるトラブルとは?

では、不用品回収業者と依頼者の間に起こるトラブルとは、どんなものがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

2-1.料金に関するトラブル

不用品回収業者とのトラブルの中で、最も数が多いものです。
不用品を回収する料金は、業者によって異なります。
業者の中には「業界最安値」をうたって利用者を集めようとしているところもあるでしょう。
しかし、

  • 依頼をしたら高額な回収料を請求された
  • 見積もりを見て断ったら、無理やり作業を開始された
  • 見積もりを見て納得できる金額なので依頼したら、後で追加料金を請求された
  • 不用品をすべて積みこんでから高額な料金を請求され、断ると脅された。

などです。
特に、高齢者や女性が依頼者の場合は、恫喝(どうかつ)めいたことをしてくる業者もいます。

2-2.回収物に関するトラブル

不用品回収業者の中には、中古品として販売できるものだけをリサイクル業者に再度転売し、そのほかの不用品を不法投棄するところもあります。
いいかげんな業者になると、依頼者のお宅のすぐ近くに捨てていく場合もあるでしょう。
もちろん責任は業者にあります。
しかし、回収を依頼した不用品が不法投棄されたと知ったらよい気分はしないでしょう。

2-3.回収方法に関するトラブル

不用品回収業者は、家まで不用品を回収しにきてくれます。
大型の家具や家電が不要になり、ゴミ捨て場まで持っていけないという方にはうれしいサービスですね。
しかし、家具や家電を搬送途中に家を傷つけるなどのトラブルが発生する可能性もあります。
特に、洗濯機を回収してもらう場合は、水抜きが十分でないとホースの水が逆流して家が水浸しになるかもしれません。
保険で弁償してもらえるならばよいのですが、業者によっては保険に加入していないところもあります。

3.業者を選ぶ際の注意点とは?

この項では、優良な不用品回収業者の選び方をご紹介しましょう。
チェックするポイントはどこにあるのでしょうか?

3-1.許可を得ているか確認する

家庭から出る不用品を回収したり、買い取ったりするには自治体の許可が必要です。
きちんと許可を得ている業者ならば、ホームページの「会社概要」のところにその旨と番号を記載しているでしょう。
また、ホームページを持っていない業者でも、質問すればきちんと教えてもらえます。
逆に、教えてもらえなかったり答えをはぐらかしたりする業者は許可を得ていない違法業者の可能性があるのです。

3-2.適正な価格の業者に依頼する

前述したように、不用品の回収料は業者によって違います。
ですから、安さを売りにしている業者もあるでしょう。
しかし、不用品回収業者も商売ですから、安いばかりでは会社が成り立ちません。
今は、ゴミを処分するのにもお金がかかる時代です。
ですから、安すぎず高すぎない業者に依頼しましょう。
なお、業者によっては特定の商品を無料で回収しているところもあります。
それは、その商品にリサイクル価値が高いからこそできること。
古紙やアルミ缶を、無料で回収してくれる業者と同じですね。
ただし、何でもかんでも「無料で回収します」という業者は危ないですから気を付けてください。

3-3.見積書や領収書を発行してくれる業者を選ぶ

不用品回収業者に依頼するときは、必ず見積もりを依頼しましょう。
見積もりを丁寧にわかりやすく作ってくれる業者は信頼できます。
逆に、見積もりを出し渋ったり加算前提のものを作ってきたりする業者は依頼しない方がよいでしょう。
さらに、見積書に何の料金が含まれているかをきちんと説明してもらってください。
業者によっては回収料だけの見積書を作り、別途人件費や交通費を請求することもあります。
また、領収書も発行してもらいましょう。
領収書には、会社の情報を書かなければなりません。
後ろ暗いところのある業者は、領収書の発行を渋ります。
ですから、領収書を快く発行してくれる業者は信頼できるでしょう。

4.不用品回収業者は、余裕を持って依頼しよう

不用品を至急に処分しなくてはならなくなったときも、不用品回収業者は便利です。
しかし、余裕がなさすぎると、業者の言われるままに高額な料金を支払わなければなりません。
ですから、不用品回収業は余裕を持って依頼してください。
引っ越しの朝に来てもらうようにすると一見便利そうですが、トラブルになったときに円満な解決がむずかしくなります。
また、最近は遺品整理に不用品回収業者を依頼するケースが増えているのです。
こちらも、遺族に余裕がありませんから業者の請求どおりに料金を払ってしまいがち。
賃貸物件の場合は期限があるので大変ですが、できれば複数の業者に見積もりを取るなどして、適正な価格の業者に依頼をするようにしましょう。
そうすれば、不当に高い料金を請求されたり、不当に安い金額で不用品を買い取られたりせずにすみます。

5.おわりに

いかがでしたか?今回は不用品回収業者の選び方についてご説明しました。
まとめると

  • 不用品回収業者を賢く利用すれば、不用品が効率的に片付く。
  • しかし、不用品回収業者とのトラブルは多い。
  • 見積書をきちんと作ってもらい、領収書を発行してもらうようにする。
  • 余裕を持って不用品回収業者を探そう。

ということです。
不用品回収というのは、まだまだ新しいサービスの部類に入ります。
ですから、多少値段が高くても「こんなものか」と思ってしまいがちです。
さらに、需要が伸びている業界にはいろいろな業者が新たに参入してきます。
中には、不用品回収の知識や経験が不足している業者もいるかもしれません。
どの不用品回収業者に依頼しようか迷った場合は、会社の創立年度も参考になるでしょう。
何年も実績がある会社は、それだけ仕事のレベルも高いことが多いです。
また、最近は口コミで業者の評判が広がることもあるでしょう。
「安いから」「検索したら一番上にホームページが出てきたから」などの、安易な理由で選ばないことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由