パソコンが重いと感じたら?原因を知るためのチェックポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

忙しく仕事をしている中、パソコンの動作が重いとストレスになります。再起動してもなかなか解決しないときには原因を見つけ、対処方法を考えなければなりません。できるだけ安く、また賢い判断をするために、パソコンが重いときに確認しておきたいチェックポイントをお伝えします。

  1. パソコンの動作が重いときの原因と対処法
  2. パソコンを買い替えた方が早いケース
  3. パソコンの処分方法

1.パソコンの動作が重いときの原因と対処法

1-1.ソフトウェアの問題を調べよう

常に動いているソフトウェアやアプリケーションがあれば、パソコンはどうしても遅くなってしまいます。アプリケーションの中には、起動したときに必ず立ち上がるものもあるでしょう。そのようなプログラムの数を減らすことによって、パソコンの処理能力を早めることができます。ただし、セキュリティーソフトは必ず作動するようにしてください。ウイルスに感染するなら、もっと大変なことになってしまいます。

1-2.ハードウェアの原因を確認しよう

パソコンが遅くなるのは、ハードウェアの原因も疑えます。たとえば、メモリーが足りていないことも理由のひとつです。メモリーとはパソコンにおいて一時的に作業をする場所と考えていただいてかまいません。つまり、メモリーが少ないと作業する場所がいっぱいになってしまい、動作が遅くなるわけです。メモリーは増やすこともできますが、メモリースロットの数によっては、増やせるメモリーの量に限界があります。また、メモリーが十分にあっても、ハードディスクが古くなって動作が重くなることもあるので注意が必要です。もし、ハードディスクの音が大きいのが気になるようであればこの点を疑ってみましょう。ハードディスクの交換は難しくはありませんが、専門ショップで交換してもらうのが最善です。

1-3.ウイルスに感染したなら

動作が重くなる原因としてウイルス感染の可能性も否定できません。ウイルスがどのような悪さをするのかはそのウイルスによって異なります。まずは、セキュリティーソフトでウイルスチェックをかけてみましょう。セキュリティーソフトはあやしいファイルを見つけ出し、消去するかどうかを尋ねてきます。もしそのファイルを本当に消去してよいか確信がないなら、専門ショップで見てもらってください。間違って大切なファイルを消去してしまうなら、再インストールをしなければいけないことになります。

12