パソコンが重いと感じたら?原因を知るためのチェックポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しく仕事をしている中、パソコンの動作が重いとストレスになります。再起動してもなかなか解決しないときには原因を見つけ、対処方法を考えなければなりません。できるだけ安く、また賢い判断をするために、パソコンが重いときに確認しておきたいチェックポイントをお伝えします。

  1. パソコンの動作が重いときの原因と対処法
  2. パソコンを買い替えた方が早いケース
  3. パソコンの処分方法

1.パソコンの動作が重いときの原因と対処法

1-1.ソフトウェアの問題を調べよう

常に動いているソフトウェアやアプリケーションがあれば、パソコンはどうしても遅くなってしまいます。アプリケーションの中には、起動したときに必ず立ち上がるものもあるでしょう。そのようなプログラムの数を減らすことによって、パソコンの処理能力を早めることができます。ただし、セキュリティーソフトは必ず作動するようにしてください。ウイルスに感染するなら、もっと大変なことになってしまいます。

1-2.ハードウェアの原因を確認しよう

パソコンが遅くなるのは、ハードウェアの原因も疑えます。たとえば、メモリーが足りていないことも理由のひとつです。メモリーとはパソコンにおいて一時的に作業をする場所と考えていただいてかまいません。つまり、メモリーが少ないと作業する場所がいっぱいになってしまい、動作が遅くなるわけです。メモリーは増やすこともできますが、メモリースロットの数によっては、増やせるメモリーの量に限界があります。また、メモリーが十分にあっても、ハードディスクが古くなって動作が重くなることもあるので注意が必要です。もし、ハードディスクの音が大きいのが気になるようであればこの点を疑ってみましょう。ハードディスクの交換は難しくはありませんが、専門ショップで交換してもらうのが最善です。

1-3.ウイルスに感染したなら

動作が重くなる原因としてウイルス感染の可能性も否定できません。ウイルスがどのような悪さをするのかはそのウイルスによって異なります。まずは、セキュリティーソフトでウイルスチェックをかけてみましょう。セキュリティーソフトはあやしいファイルを見つけ出し、消去するかどうかを尋ねてきます。もしそのファイルを本当に消去してよいか確信がないなら、専門ショップで見てもらってください。間違って大切なファイルを消去してしまうなら、再インストールをしなければいけないことになります。

2.パソコンを買い替えた方が早いケース

2-1.CPUが古いなら買い替えよう

CPUとはコンピューターの処理能力のことです。メモリーを増やしたりハードディスクを増やしたりしても、CPUが古ければパソコンが速くなることは期待できません。デスクトップパソコンなら、CPUを交換することも物理的には可能です。しかし、CPU本体も決して安くはありません。また、CPUが古いということは、その他のパーツもすでに古くなってきているはずです。ノートパソコンであれば、CPUを交換するのはまず不可能と思って間違いありません。ですから、CPUが古いことが原因でパソコンが遅いようなら、その時を買い替えのサインと見なすことができるわけです。

2-2.メモリーの増設ができないなら買い替えよう

メモリーの増設は無限にできるわけではありません。最初からマザーボードという本体にメモリーのスロットがあり、そこに足していくことのできるメモリーの数は決まっているのです。メモリーの容量が足りないことがパソコンが遅い原因であるのに、メモリーの増設ができないのであれば、それは買い替えのサインといえるでしょう。また、メモリーの増設ができるとしても、そのためにどれだけ出費がいるのかを確認することも必要です。メモリーは、どのパソコンでも同じというわけではありません。そのため、いまの古いパソコンのために新しいメモリーを増やしても、そのメモリーをまた新しいパソコンに流用できるとは限らないのです。

2-3.オペレーションシステムが古いなら買い替えよう

オペレーションシステムとは7や8などの数字をつけて販売されている基本プログラムのことです。アプリケーションやソフトウェアは、オペレーションシステムの上で動作します。このオペレーションシステムが古いバージョンなら、新しいソフトウェアにはどんどん対応できなくなるでしょう。オペレーションシステムはアップデートすることもできますが、要求されるパソコンの性能が新しいオペレーションシステムについていかないこともよくあるのです。ですから、オペレーションシステムをアップロードして使用するのは、通常は一度ほどである考えておきましょう。その後、オペレーションシステムの更新が必要になったなら、そのときは買い替えのサインになるわけです。

3.パソコンの処分方法

3-1.無料で処分する方法もよく選ぼう

パソコンは無料で処分することも可能です。しかし、「無料ならどこに頼んでも同じ」ということにはなりません。最も注意しなければならない点のひとつは、データの消去です。ハードディスクに残っているデータをきちんと消去しなければ、思わぬ個人情報の流出にもなりかねません。データをゴミ箱に入れて消去しても、データの復元は可能です。また、個人情報の流出がこわいので、ハードディスクを取り外して処分してもらおうしたときに廃棄処分料を請求されることもあります。ですから、無料であり、同時に信頼のおける業者に処分を依頼することは大切であるといえるでしょう。

3-2.PCリサイクルを利用する注意点

平成15年10月以降に販売されたパソコンであれば、PCリサイクルマークがついているはずです。PCリサイクルマークがついているパソコンは、メーカーが無償で引き取ってくれることになっています。一方、このPCリサイクルマークがついていないパソコンなら、メーカーは有償であれば引き取ってくれるというわけです。しかし、PCリサイクルマークがついているパソコンでも、データの消去をどうするのかという問題が残ります。ほとんどのメーカーでは、「データの消去は自分の責任で行うように」という前提をもって無償で引き取ることになっているからです。ですから、メーカーに引き取ってもらう場合にも、しっかりと自分でデータの消去をできなければいけないことになります。

3-3.賢く無料でパソコンを処分するなら

最もよい処分の方法は、しっかりとデータの消去を含めてすべてを責任をもって行ってくれる業者にお願いすることです。実際、パソコンの処分を依頼するためにどこかにパソコンを持って行くのも手間がかかります。しかし、信頼できる業者であれば、無料宅配でパソコンを送付するだけで、データの消去を含め責任を持って行ってくれるところもあるのです。そのような信頼のおける業者はデータの消去の証明書を発行することもしっかり行っています。

まとめ

パソコンは消耗品です。使う頻度(ひんど)が高いなら、3年から4年ごとにパソコンを買い替える予定でいるとよいでしょう。いろいろ直してそのまま使うよりも、買った方が安いこともよくあります。パソコンが遅くなってきたらまず、

  • 常駐プログラムを減らす
  • ハードウェアの問題を確認する
  • ウイルスチェックをする

などのポイントを確認してください。

それでも、

  • CPUが古い
  • メモリーの増設ができない
  • オペレーションシステムが古い

などの条件にあてはまるなら、そのときがパソコンの買い替えどきです。データの消去をしっかりと行ってくれる信頼できる業者に古いパソコンの処分をお願いしましょう。新しいパソコンライフで気分も一新できるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由