ファックスの上手な捨て方! 小型家電のお得な処分の方法とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

寿命によって買い替えを検討しているという場合に問題になるのが、古いファックスの処分方法です。小さな家電はつい処分を後回しにしてしまいます。買い替えても、古いファックスをまだ処分していないというのもよくあることです。

リサイクルへの取り組みによって家電の処分は非常に難しいものになっています。特に小型家電などは、資源有効利用促進法(小型家電リサイクル法)によって、自治体では回収しない地域もあるのです。処分の難しくなっているファックスや小型家電などの捨て方についてご紹介しましょう。

  1. ファックスを捨てたい、廃棄したい場合には?
  2. ファックスの捨て方、自分で捨てる場合
  3. ファックスの捨て方、販売業者による回収・下取り
  4. ファックスの捨て方、リサイクルする場合
  5. ファックスの捨て方、回収業者に頼む場合
  6. ファックスなど電化製品の処分でよくある質問
  7. まとめ

ものを捨てるためには処分費用を支払うということが当たり前になっています。適切な処分方法の必要なファックスなどの小型家電も上手に処分することで、費用や負担を大幅に削減することができるのです。買い取りや下取りなどを利用して、ファックスを上手に処分してみましょう。


1.ファックスを捨てたい、廃棄したい場合には?

1-1.ファックスの寿命について

ファックスの平均使用年数は10年程度という統計があります。10年以上使用しているファックスは、既に交換時期が来ていると考えてよいでしょう。寿命が近いファックスの症状についてご紹介しましょう。

  • 紙詰まりが頻発する
  • 受話器から雑音がする
  • ファックスの送受信の動作音が大きい
  • 印刷がかすれる

上記のような症状があった場合には、寿命と考えてよいでしょう。

1-2.買い替えと修理はどちらがお得?

買い替えと修理のどちらが良いのかは、修理内容や料金によって結論が異なります。数千円程度で可能な場合には修理、1万円以上かかる場合には買い替えの方がお得です。

ファックスも値下がり傾向にあり、最近では2万円以内で人気商品が購入できます。修理費用のかかるものや5年以上使っている場合には、買い替えを検討するのもよいでしょう。

1-3.ファックスは粗大ゴミ?

最近はゴミの分別方法も複雑になり、処分に困っている方も多くいます。では、ファックスは何ゴミとして処分すれば良いのでしょうか?

平成13年4月に施行した資源有効利用促進法によって、小型家電を処分する際にはリサイクルの取り組みがすすめられています。小型家電は希少な資源を使用しているため再利用化が重要なのです。

小型家電の回収・再資源化に取り組む自治体では、ファックスを粗大ゴミとして捨てることができません。処分方法は地域によって大きく異なるため注意が必要です。