プリンターの廃棄方法について知りたい! 安心して処分するための基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いらなくなったプリンターを処分したいとき、どうすればよいのでしょうか。プリンターの処分には、誰もが困ってしまいますよね。プリンターは何ゴミになるのか、気になっている人も多いでしょう。

そこで、プリンターの廃棄方法やそれぞれのメリット・デメリット、処分する際にチェックすること、注意するポイントについて説明します。いらなくなったプリンターの廃棄で困っている人は、ぜひチェックしてください。

  1. プリンターの廃棄方法
  2. それぞれのメリット・デメリット
  3. 処分する際にチェックすること・注意点
  4. まとめ

1.プリンターの廃棄方法

プリンターの廃棄方法について説明します。正しく処分するためにも、ぜひ知っておいてほしい知識です。プリンターは何ゴミになるのか、一緒にチェックしましょう。

1-1.家電リサイクル法対象?それとも対象外?

パソコンや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品は、「家電リサイクル法」の対象になっています。家電リサイクル法は、ゴミを増やさないための法律です。資源化できる家電製品は、積極的にリサイクルへ回さなければなりません。家電製品をつくっているメーカーが回収した後、正しい方法で再資源化するのです。

リサイクルマークがついているパソコンは、家電リサイクル法の対象物になります。「パソコンが対象内ならプリンターも…?」と思う人は多いですが、プリンターは対象外です。家電リサイクル法にもとづいて処分する必要はありません。

1-2.自治体の「粗大ゴミ」として処分する

家電リサイクル対象外になっているプリンターは、「粗大ゴミ」として処分できます。自治体のルールによってゴミの種類は異なりますが、ほとんどのプリンターが「粗大ゴミ」になるでしょう。「不燃ゴミ」に分類している地域もあるので注意してくださいね。

自分の地域は、何ゴミに指定しているのか必ず確認しておきましょう。自治体の粗大ゴミ・不燃ゴミとして処分する場合、指定場所まで運ぶ必要があります。指定場所に持っていかなければ回収してもらえません。あらかじめ、指定回収場所がどこになるのかも、確認しておいてくださいね。

1-3.不用品業者・リサイクルショップを利用する

まだ、使えるプリンターはリサイクルショップに売る方法が選択できます。壊れていない、使えないケースをのぞいて、稼動できるプリンターはほとんどのお店で買い取ってくれるでしょう。リサイクルショップで売った方がお金も得られるので一石二鳥です。

けれども、買い取ってもらえなかった場合はどうすればよいのでしょうか。買い取り不可の場合は、不用品回収業者に依頼してください。不用品回収業者では、どのようなプリンターでも回収しに自宅までやってきてくれます。

費用はかかってしまいますが、効率的な廃棄方法になるでしょう。また、新しいプリンターを購入する予定のある人は、販売店に古いプリンターを回収してもらう方法もあります。購入する前に、販売店へ確認をとっておきましょう。販売店の中には、回収できないところもあるので注意してくださいね。

12