プリンターの廃棄方法について知りたい! 安心して処分するための基礎知識

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

いらなくなったプリンターを処分したいとき、どうすればよいのでしょうか。プリンターの処分には、誰もが困ってしまいますよね。プリンターは何ゴミになるのか、気になっている人も多いでしょう。

そこで、プリンターの廃棄方法やそれぞれのメリット・デメリット、処分する際にチェックすること、注意するポイントについて説明します。いらなくなったプリンターの廃棄で困っている人は、ぜひチェックしてください。

  1. プリンターの廃棄方法
  2. それぞれのメリット・デメリット
  3. 処分する際にチェックすること・注意点
  4. まとめ

1.プリンターの廃棄方法

プリンターの廃棄方法について説明します。正しく処分するためにも、ぜひ知っておいてほしい知識です。プリンターは何ゴミになるのか、一緒にチェックしましょう。

1-1.家電リサイクル法対象?それとも対象外?

パソコンや冷蔵庫、洗濯機などの家電製品は、「家電リサイクル法」の対象になっています。家電リサイクル法は、ゴミを増やさないための法律です。資源化できる家電製品は、積極的にリサイクルへ回さなければなりません。家電製品をつくっているメーカーが回収した後、正しい方法で再資源化するのです。

リサイクルマークがついているパソコンは、家電リサイクル法の対象物になります。「パソコンが対象内ならプリンターも…?」と思う人は多いですが、プリンターは対象外です。家電リサイクル法にもとづいて処分する必要はありません。

1-2.自治体の「粗大ゴミ」として処分する

家電リサイクル対象外になっているプリンターは、「粗大ゴミ」として処分できます。自治体のルールによってゴミの種類は異なりますが、ほとんどのプリンターが「粗大ゴミ」になるでしょう。「不燃ゴミ」に分類している地域もあるので注意してくださいね。

自分の地域は、何ゴミに指定しているのか必ず確認しておきましょう。自治体の粗大ゴミ・不燃ゴミとして処分する場合、指定場所まで運ぶ必要があります。指定場所に持っていかなければ回収してもらえません。あらかじめ、指定回収場所がどこになるのかも、確認しておいてくださいね。

1-3.不用品業者・リサイクルショップを利用する

まだ、使えるプリンターはリサイクルショップに売る方法が選択できます。壊れていない、使えないケースをのぞいて、稼動できるプリンターはほとんどのお店で買い取ってくれるでしょう。リサイクルショップで売った方がお金も得られるので一石二鳥です。

けれども、買い取ってもらえなかった場合はどうすればよいのでしょうか。買い取り不可の場合は、不用品回収業者に依頼してください。不用品回収業者では、どのようなプリンターでも回収しに自宅までやってきてくれます。

費用はかかってしまいますが、効率的な廃棄方法になるでしょう。また、新しいプリンターを購入する予定のある人は、販売店に古いプリンターを回収してもらう方法もあります。購入する前に、販売店へ確認をとっておきましょう。販売店の中には、回収できないところもあるので注意してくださいね。

2.それぞれのメリット・デメリット

2-1.指定の回収場所に運ばなければならない

自治体のゴミとして処分する、不用品回収業者に依頼する方法どちらとも、お金が必要になります。どちらかと言えば、自治体で処分した方が安いです。しかし、自治体の「粗大ゴミ・不燃ゴミ」としてすれる場合もデメリットがあります。

デメリットは、「指定の回収場所に運ばなければならないこと」です。プリンターを回収してくれる場所まで運ぶ必要があります。1人で運べるプリンターなら良いですが、か弱い女性や高齢者はなかなか運び出せないでしょう。

無理に運ぼうとすれば、大けがにつながる危険性もあります。運び出す場合は、知人や家族の助けを借りてください。どうしても回収場所まで運べない場合は、自治体に問い合わせてみましょう。自治体によっては、自宅まで回収しにきてくれる可能性もあります。

2-2.悪徳業者に要注意

リサイクルショップに売る場合は、お金がかかりません。逆に、買い取り価格のお金が手に入るでしょう。不用品回収業者は、すぐに自宅まで回収しにきてくれるメリットがあります。すぐに処分したい場合、引っ越しで急ぐ場合は、不用品回収業者がおすすめです。

しかし、業者の中には不正を働くところもあります。回収した後、空き地や林の中に不法投棄をするのです。実際に、不用品回収業者に依頼して、不法投棄の現場を見た人もたくさんいます。業者に回収を依頼する場合は、選び方に注意しておかなければなりません。本当に信用できる業者かどうか、見極める力が必要になるでしょう。

このように、廃棄方法にはそれぞれメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットをきちんと把握したうえで、自分に合った廃棄方法を選んでくださいね。

3.処分する際にチェックすること・注意点

3-1.プリンター内のデータをすべて消去する

プリンターを処分する前に、必ずチェックしてほしいことがあります。「プリンター内のデータをすべて消去すること」です。特に、ハードディスク内蔵のプリンターは注意してください。そのまま処分してしまうと、プリンター内のデータを抜き取られてしまいます。情報漏えいにつながる恐れもあるので注意が必要です。

ハードディスク内のデータをすべて削除しましょう。削除方法は、プリンターの取り扱い説明書に記載しています。プリンターの取り扱い説明書を必ず確認してくださいね。今まで印刷した情報が流れないように、データ削除はとても大切なことですよ。

3-2.プリンター内に入っているものはすべて取り出す

プリンターには、用紙やインク・USBメモリー・SDカードなど、さまざまなものと組み合わせて使用します。確認せずに処分してしまうと、大切なデータを失ってしまうでしょう。処分する前には、必ず忘れ物がないかどうか確認してくださいね。

そして、インクや用紙もすべて取り出しておきましょう。インクや用紙は、粗大ゴミにはなりません。自治体で処分する場合、別々に分類する必要があります。

多くの場合、プリンターは、「粗大ゴミ・不燃ゴミ」、用紙は「燃えるゴミ」、インクは「不燃ゴミ」になるでしょう。ただし、自治体によってルールが異なるため、自治体のルールを必ず確認してくださいね。

インクは、家電量販店やパソコンの販売店に置いてある回収ボックスにいれることもできます。インクケースを回収ボックスにいれるのも1つの方法ですよ。このように、プリンターを処分する前は、必ず中身をチェックしてくださいね。

4.まとめ

プリンターの廃棄方法やそれぞれのメリット・デメリット、処分する際にチェックすること・注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。自分の状況に合った方法でプリンターを処分してくださいね。それぞれのメリット・デメリットを把握したうえで処分すれば、スムーズにすすめるでしょう。安心して処分するためにも、基礎知識を身につけることが大切ですよ。

  • プリンターは家電リサイクル法対象外
  • 自治体の「粗大ゴミ」「不燃ゴミ」として捨てる
  • 不用品回収業者やリサイクルショップを利用する
  • 自治体で捨てる場合は、指定回収場所に運ばなければならない
  • 悪徳業者には注意する
  • プリンター内のデータをすべて消去する
  • プリンター内に入っているものはすべて取り出す

以上は、ぜひ押さえておきたいポイントになります。不用品回収業者の中には、買い取りをしているところもあるでしょう。自分にとって安心できる業者を選んでくださいね。