掃除機の吸引力が低下する原因とは?吸引力を復活させる方法!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

高機能化する掃除機ですが“吸引力が低下する”というのは、掃除機には必ずおこってしまう現象です。なんとなく購入時よりも吸引力が低下してしまったというのは、気のせいではありません。吸引力が弱くなってしまう原因は、掃除機内部や紙パック・フィルターなどさまざまです。掃除機の機能や種類によって吸引力の低下の原因は大きく異なります。掃除機の吸引力が低下する原因と、吸引力の復活方法についてご紹介しましょう。

  1. 掃除機の吸引力低下の原因とは?
  2. 掃除機の吸引力を復活するには?
  3. 掃除機の寿命と買い替えの目安は?
  4. 壊れた掃除機はどうやって捨てる?

1.掃除機の吸引力低下の原因とは?

掃除機の吸引力が弱くなる原因は非常にさまざまです。原因によって解決方法が異なります。掃除機の吸引力が弱くなる原因について、ご紹介しましょう。

1-1.紙パックにゴミがたまる

紙パック式の掃除機の吸引力低下は、ゴミパックとフィルター詰まりが主な原因です。紙パックの交換とフィルターが原因の場合、紙パックの交換とフィルターのクリーニングで吸引力が回復します。紙パックの交換が面倒な場合には、新しい掃除機の買い替えるのも一つの方法といえるでしょう。

1-2.フィルターの目詰まり

サイクロン式など紙パックレスの掃除機であっても、フィルター目詰まりによって吸引力が低下します。サイクロン式の吸引力低下の原因のほとんどは、フィルターの目詰まりによるものです。紙パックレスの掃除機の吸引力が落ちた場合には、フィルターをクリーニングしましょう。

1-3.モーターブラシの劣化

搭載しているモーターが“ブラシ付きDCモーター”の場合にはブラシの劣化によって吸引力が低下します。ブラシの劣化による吸引力の低下は掃除機の寿命なので、買い替えを検討しましょう。

1-4.バッテリーの劣化

コードレス掃除機の場合には、フィルターの目詰まりやモーターの劣化に加えて“バッテリーの劣化”が吸引力低下の原因になります。

1-4-1.バッテリー寿命は2年が目安

コードレス掃除機はバッテリーの寿命によって吸引力が大きく低下します。バッテリーの寿命は使用方法によっても大きく異なるのですが、一般家庭で通常の使用範囲で2年が目安です。交換用のバッテリーは掃除機メーカーのサポートサービスで購入できます。コードレス掃除機の吸引力が低下した場合には、バッテリーの寿命を疑いましょう。

1-4-2.バッテリー劣化の症状とは?

コードレス掃除機のバッテリー劣化の症状は“使用時間が短くなる”“充電時間が短くなる”“パワーが落ちる”などの症状があります。バッテリーの劣化は発熱などの可能性もあるので注意しましょう。バッテリーは消耗品なので、適切な時期に交換することが大切です。

12