不要な冷蔵庫は買取に出して賢く処分! 相場を知っておくのがポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になった冷蔵庫の処分にお困りではありませんか? 以前は自治体が回収する粗大ゴミに出していた冷蔵庫も、現在は家電リサイクル法によってできなくなったことをご存じでしょうか? お金をかけて面倒な思いをするよりも、買取に出して得することをおすすめします。

「冷蔵庫はリサイクルショップで買取してもらえるの?」「買取価格の相場はどれくらい?」「業務用冷蔵庫は買取に出せるの?」

そんな人たちのために、冷蔵庫の買取に関する情報をまとめてみたいと思います。

  1. 冷蔵庫を買取ってもらう方法
  2. どのような種類の冷蔵庫が売れるのか
  3. 買取価格について
  4. 買取ってもらえないもの
  5. 高く売るためのポイント
  6. まとめ

1.冷蔵庫を買取ってもらう方法

まだ使える状態の冷蔵庫を捨ててしまうのはもったいないですよね。買取ってもらえるなら一番良いでしょう。冷蔵庫を買取ってもらうためにはどのような方法があるのかご紹介します。

1-1.リサイクルショップに売る

近所にリサイクルショップがあれば、買取ってもらえないか確認してみましょう。最近は出張買取をしているショップも増えてきているので、大型の冷蔵庫でも自宅まで取りにきてもらえます。ただし、リサイクルショップでは再び商品として売れるものしか買取していませんので、状態が悪ければ買取不可になることも。「確実に処分したい」という人にはおすすめできません。

1-2.ネットオークションで売る

ネットオークションに出品して売る、という方法もあります。ネットオークションのメリットは、なんと言っても「利用者数の多さ」でしょう。中古の冷蔵庫は需要がありますので、出品すれば買い手が見つかる可能性は高いはずです。さらに、自分の希望価格で売れるという点もネットオークションの魅力でしょう。

しかし、買い手が見つかるまで冷蔵庫を手元に置いておかなければなりませんし、希望価格で売れなければ価格を下げる必要性も出てきます。また、取り引き相手とのトラブルが発生する可能性もありますので、慣れていない人は別の方法を選んだ方がいいでしょう。

1-3.買取業者に依頼する

家庭から生じた不要品の買取をしている民間業者に依頼する方法もおすすめです。出張買取や宅配買取サービスのある業者なら、手軽に冷蔵庫を買取に出せるでしょう。ただし、中には許可を持たずに違法で営業したり、顧客から料金をだまし取ったりするような悪徳業者もあります。
慎重に業者選びをしてください。

2.どのような種類の冷蔵庫が売れるのか

せっかく手配しても買取ってもらえなければ時間と手間の無駄になってしまいます。売れやすい冷蔵庫の特徴を知っておきましょう。

2-1.小型冷蔵庫

進学や就職、単身赴任で一人暮らしを始める人に、中古の小型冷蔵庫は非常に人気があります。一人暮らしだとそれほど機能のよい冷蔵庫は必要ないでしょう。それよりも「できるだけ購入資金を抑えたい」という人がほとんどです。冷蔵庫は生活にどうしても必要なものなので、購入しないわけにはいきません。「中古でもいいから安く買いたい」という人が多いため、ワンドアタイプの小型冷蔵庫は需要が高いのです。

2-2.業務用冷蔵庫

業務用冷蔵庫は新品で購入しようとすると非常に高価なものです。飲食店を始める場合は冷蔵庫が必要不可欠ですが、お店が軌道に乗るまではできるだけ出費を抑えておきたいはず。初期費用を抑えるために、中古の業務用冷蔵庫を購入しようとする人は非常に多いようです。そのため、業務用冷蔵庫は高く買取ってもらえる可能性が高いでしょう。

3.買取価格について

気になるのは冷蔵庫の買取価格についてでしょう。相場については一概には言えません。なぜなら、年式やメーカーによって数千円から数万円の差が出るためです。もちろん新しければ新しいほど高値がつきます。

さらに、国内有名メーカーの冷蔵庫は人気が高く、中古でも2~3万円で買取ってもらえる場合もあるでしょう。業務用冷蔵庫は家庭用冷蔵庫より高価なので、メーカーによっては5万円前後で買取をしている業者もあります。

4.買取ってもらえないもの

次に、買取ってもらえない冷蔵庫はどのようなものなのかをご紹介します。自分が売ろうとしている冷蔵庫が当てはまるようなら、売るのは諦めて処分しなければならないでしょう。

4-1.製造から10年以上経過しているもの

冷蔵庫のみならず、たいていの家電は製造から10年以上経過すると買取不可になる場合がほとんどです。10年以上たつと修理したくてもメーカー側が部品を扱わなくなるため、買取っても再び商品として売れる可能性が低くなることが関係しているのでしょう。

製造から5年以上経過すると買取価格は下がり、10年以上経過すると買取ってもらえなくなるケースがほとんどです。売ろうとしている冷蔵庫が製造から何年たっているのか、ひとたび確認してみてください。

4-2.壊れているもの

故障していて冷蔵庫として機能しないものは、当然買取ってもらえません。修理してから買取に出せば大丈夫ですが、修理代の方が高くなる場合もあるでしょう。結局「お金を払って処分した方が安く済んだ」ということも。ただし、中には部品だけを買取してくれる業者もありますので、探してみるとよいでしょう。

4-3.傷や汚れがひどいもの

傷や汚れが目立つ冷蔵庫は買取不可になる場合が多いようです。冷蔵庫は食品を入れるものなので、中古でもできるだけきれいなものを選ぼうとするのは当たり前のこと。売れる可能性のない汚れた冷蔵庫を買取ってくれるお店や業者は、なかなかないでしょう。

5.高く売るためのポイント

最後に、冷蔵庫を高く売るためのポイントをいくつかご紹介しましょう。知っていれば数千円~数万円、買取価格に差が出る可能性もありますよ。

5-1.きれいな状態にしておく

見た目がきれいで清潔な冷蔵庫は、高く買取ってもらえます。外側を拭くだけでなく、中もきれいに掃除しておきましょう。また、臭いが残っていると不衛生なイメージがついてしまうため、隅々まできれいにして臭いも消しておいてください。

5-2.付属品をそろえておく

取り扱い説明書や保証書などの付属品がそろっていると、高価買取に断然有利です。できるだけ新品の状態に近づけることが大切なので、すべてそろえておきましょう。

5-3.なるべく早く売る

冷蔵庫は時間がたてばたつほど、高く売れにくくなってきます。なるべく早く売ることが高く買取ってもらう上でのポイントになりますので、処分を検討し始めたらすぐに行動するようにしましょう。先延ばしにしていると買取価格はどんどん下がっていきますよ。

6.まとめ

冷蔵庫の買取についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 冷蔵庫を買取ってもらう方法
  • どのような種類の冷蔵庫が売れるのか
  • 買取価格について
  • 買取ってもらえないもの
  • 高く売るためのポイント

「不要な冷蔵庫を買取ってもらいたい」「どこに依頼したらいいのか分からない」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。