【必読】パソコンの廃棄や処分の悩みを解決!安全・無料な方法は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンの廃棄や処分で悩んでいる人は、とても多いですよね。実際、パソコンを処分するにも、どのような方法があるのか、また方法ごとのメリットやデメリットについても詳しく知ることはとても有意義でしょう。そこで、今回はパソコンの処理に悩んでいる方や無料で捨てたいと考えている方にとって役立つ内容をまとめました。

  1. パソコンの処分の現状を知ろう!
  2. パソコンのさまざまな捨て方を紹介!メリットやデメリットも!
  3. パソコンのデータ消去問題を真剣に考えよう!
  4. パソコンのデータ移行の必要性について学ぼう!
  5. 無料回収の業者を選ぶポイントは?

この記事は、パソコンの廃棄や処分についてのあらゆる知識や方法を学ぶことができますよ。


1.パソコンの処分の現状を知ろう!

まずは、ほかの皆さんがどのようにパソコンの処分をしているのか、現状を確認することから始めましょう。実は、パソコンの処分にはPCリサイクル法という法律が関係しているのです。

1-1.パソコンは粗大ごみ?それとも不燃物?

パソコンは粗大ごみになるのか、それとも不燃物扱いになるのか分からない人も多いでしょう。結論から言うと、残念ながらパソコンは粗大ごみとしても不燃物としても出すことはできません。パソコンを廃棄するときには、PCリサイクル法という法律に沿ってきちんと手続きを踏む必要があります。パソコンを勝手な自己判断でごみの日に出すことは、止めましょう。

1-2.リサイクルの目的と現状はどうなっている?

では、パソコンをリサイクルする目的と現状を確認しましょう。パソコンは、貴重な金属を多く使っています。貴重な金属という意味で、レアメタルという言葉を耳にしたことがある人も多いでしょう。

1-3.PCリサイクル法について学ぼう!

パソコンを通常のごみとして廃棄できない理由は、PCリサイクル法があるからです。では、PCリサイクル法の主な点について学びましょう。PCリサイクル法は、2003年10月に施行(しこう)になった家庭向けに販売したパソコンやディスプレイの回収とリサイクルにかんする法律です。パソコンメーカーに回収を義務付けた目的は、レアメタルなどの貴重な資源を有効活用するため。現在販売中のパソコンは、メーカーが将来回収をするときの費用を含んだ価格になっています。つまり、メーカーに回収依頼をするときには基本的に回収費用は不要であることを覚えておきましょう。なお、PCリサイクル法では、ワープロ専用機やプリンター・スキャナーなどの周辺機器は対象外になることも知っておいてくださいね。

1-4.パソコンの種類によって処理の仕方が異なる       

パソコンの種類によって、処理の仕方が異なることを覚えておきましょう。具体的には、次のように区分します。

1-4-1.ブラウン管一体型パソコン

ブラウン管一体型パソコンの場合は、古いタイプのパソコンとなります。ブラウン管一体型パソコンについては、パソコンリユースショップでも回収不可能とするところもあるので処分をする前に確認をしてください。ただし、パソコンメーカーに回収を依頼することは可能ですので覚えておきましょう。

1-4-2.液晶一体型パソコン

液晶一体型パソコンは、ほとんどの処分方法が選択できます。メーカーへ回収依頼をすることもできるでしょう。また、リサイクルショップやパソコンショップ・パソコンリユースショップでの処分も可能です。ただし、液晶割れなどの不良がある場合は処分ができないところもありますので注意しましょう。

1-4-3.デスクトップ型パソコン

デスクトップパソコンは、パソコン本体とモニターが別々になっているパソコン。デスクトップパソコンも、多くがほとんどの処分方法を選択できるでしょう。ただし、モニターがブラウン管の場合は、モニターだけ処分不可とするところもあります。モニターがブラウン管のデスクトップパソコンを処分する場合は、必ず処分可能かどうかを問い合わせることを忘れないでください。

1-4-4.ノートパソコン

ノートパソコンは、基本的に自分の都合の良い処分方法を選ぶことが可能です。たとえば、ハードディスクを抜いた状態でも回収を依頼することができるなど、選択肢が多いことが特徴と言えるでしょう。ただし、液晶が割れているノートパソコンについてはパソコンメーカーに回収を依頼することが原則となります。また、パソコンリユース業者の中でも、液晶割れを起こしたノートパソコンは回収不可の場合がありますので注意してください。