生活に悪影響&デメリットだらけ! 汚部屋を掃除して手に入る4つのメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

仕事やプライベートで部屋を空ける時間が多い人は、ものを置くだけの場所となり「汚部屋」となっている人が増えています。しかし、汚部屋で暮らすのはデメリットしかありません。そこで、部屋を掃除してメリットだらけの部屋へチェンジしましょう!

  1. 汚部屋に暮らす悪影響
  2. きれいな部屋で生活するメリット
  3. 汚部屋の片付け方
  4. まとめ

1.汚部屋に暮らす悪影響

汚部屋で暮らすのは精神的・肉体的にデメリットだらけ。では、具体的にどのようなデメリットがあるのかチェックしておきましょう。

1-1.ものを無くす

ものやごみだらけの汚部屋では、日常的に使っているものがどこにあるのかわからなくなります。本が机に山積みになっていたり床にものが散乱したりしていれば「汚部屋」です。
部屋が汚いと鍵や財布を無くします。朝の出掛ける前に探し回って遅刻することも考えられるでしょう。また、通帳や公共機関からの重要な書類を無くす確率が上がります。

1-2.経済的にもマイナス

汚部屋の状態だと生活品がだぶってしまうことが多くなるのです。化粧品だけでなくペンや薬、電池など備品の数を把握できないので無駄に買ってしまいます。ほかには、洗剤や飲料なども無駄に買って部屋が汚れていくので注意しましょう。
また、衣類や装飾品、バッグなどを把握していないと同じようなものを買ってしまいます。部屋の中に同じ色や形のシャツが3~5着ある人は要注意です。

1-3.部屋にいても落ち着かない

部屋の中がものだらけでは、精神的に落ち着くことができません。
「ものだらけ」という状態は、床にものが散乱している状態を指します。部屋の中にテーブルやイス、棚があるのは普通の状態です。しかし、ごみや本が散乱している部屋は精神的にも安定しません。
部屋の中にものがなさ過ぎる状態も寂しいもの。しかし、ごみやものがクローゼットからあふれたり足の踏み場もない状態だったりすれば注意しましょう。

1-4.人を呼べなくなる

自分の部屋が「汚部屋」だと人を呼びづらくなります。人との交流が減ると孤独を感じるようになってどんどん落ち込んでいくものです。人との交流を断ってしまうと引きこもりがちになる人もいます。
また、汚部屋だと「今から部屋に行ってもいい」と言われて返答に困るもの。何度も友人からの誘いを断るのは、精神的にもストレスになります。

1-5.体調管理もおろそかになる

汚部屋になると「このままじゃダメだ」という状態から「このままでもいいか」という怠けた自分を許してしまうのです。部屋の汚い状態を許してしまうと体のケアも怠ります。
部屋が汚いときは、顔や腹周りを見てみましょう。今までなかった吹き出物やたるみが出てきているかと思います。腹周りもたるんで締まりが無くなっているでしょう。部屋をきれいにすることをサボり出すとあらゆる場所に対してだらしなくなります。

1-6.家財にもダメージを与える

部屋が汚いと自分だけでなく部屋にとってもデメリットです。
部屋を掃除するのは、きれいな状態を保つだけでなく家のメンテナンスにもなっています。汚れをそのままにしていると腐食やカビの原因になるのです。傷んだ場所をそのままにしておけば家の寿命が確実に縮みます。また、賃貸であれば敷金にも響いてくるのです。
部屋の傷みだけでなく害虫発生の原因にもなります。ゴキブリだけでなくムカデやネズミも寄ってくるとアウト。ごみとは生活できてもネズミとは生活できないでしょう。

12