クローゼットの片付けにはコツがある!上手に収納してスッキリしよう

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
クローゼット

クローゼットを片付けるコツをご紹介しましょう。
「部屋はきれいでもクローゼットの中はぐちゃぐちゃ…」という家は多いと思います。
普段人に見える場所ではないため、つい整理を怠ってしまいがちですよね。
しかし、使い勝手をよくするためだけでなく、運気を上げるためにも、クローゼットの片付けは必要なこと。
布団や服などの荷物をどのように収納したらよいのか、そのコツをご紹介します。

  • クローゼットを片付けるコツを知りたい
  • 奥行きのないクローゼットの片付け方法とは?
  • ものを処分するときは「ときめくか」「ときめかないか」で決めるべきなのか?

そんな悩みを解決して、使い勝手のよいクローゼットを手に入れましょう。


1.クローゼットが散らかる原因

まずは、クローゼットの中が散らかりやすい原因を考えてみましょう。

1-1.ものが多すぎる

クローゼットの中が散らかりやすい最大の原因は、部屋が散らかりやすいものと同じです。
つまり、「ものが多すぎる」という問題を解決するしかありません。
部屋を散らかさないようにするために、何でもクローゼットに入れてしまう人は多いでしょう。
クローゼットに入れてしまえば、部屋はきれいになります。
しかし、クローゼットにはどんどんものがたまり、散らかっていくのです。
ものが多すぎるときれいに整理するのは難しくなります。
何がどこにあるのか分からず、使いたいときに取り出すこともできなくなるでしょう。

1-2.収納しやすい仕組みになっていない

もう1つの理由は、収納しやすい仕組みになっていないことにあります。
クローゼットは仕切りが少ないため、工夫してものを収納しやすくする必要があるのです。
しかし、収納のコツが分かっていなければ、収納しやすい仕組みを作ることはできません。
収納しにくいために、ものを使った後も適当にしまってしまうのです。
そのことを続けていると、クローゼットはさらに収納しにくくなっていきます。
「ものを取り出すのに手間がかかる」「しまうのに時間がかかる」というクローゼットでは、いちいちきれいに収納することはできないでしょう。

1-3.気にならない

クローゼットの中が散らかりやすい理由には「気になりにくい」というものもあります。
扉を閉めてしまえば中身は見えないため、散らかっていても普段は気にならないのです。
もちろん、クローゼットを開け閉めしたときは気になるでしょう。
使い勝手の悪さを感じることも多いと思います。
しかし、普段の生活にはあまり支障がないのです。
そのため、なかなか「片付けよう」という気持ちになれないのでしょう。

12