家具の運び方のコツを知りたい。何に注意すればうまくいくの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
家具

春は引っ越しの季節。
ひとり暮らしの方などは、「節約のためにできるだけ、できることは自分でしよう」と思う人も多いでしょう。
そこで、今回は家具の運び方のコツをご紹介します。
家具は意外と動かす機会が多いものです。
引っ越し以外にも、部屋の模様替えや不要になった家具をゴミ捨て場まで持っていくときなどは、動かす必要があるでしょう。
しかし、小型の家具でも運び方によっては家を傷つけてしまいます。
ですから、この記事を読んで運び方のコツをつかんでください。

  1. 素人がやってしまいがちな失敗とは?
  2. 家具を動かす前にやっておきたいこと
  3. 実際に家具を運ぶ手順とは?
  4. 重い家具を運ぶ際の体の使い方
  5. おわりに

1.素人がやってしまいがちな失敗とは?

まず始めに、家具を動かす際、素人がやってしまいそうな失敗をご紹介しましょう。
「重い家具でも大人数で動かせば大丈夫」と安易に考えてはいけません。

1-1.壁紙や床を傷つけてしまう

家具は、見た目よりも重いものが多いのです。
特に、無垢材(むくざい)を使った高級家具ほど、小さくても重量があります。
このような重い家具を一度持ち上げて勢いよくおろすと、確実に床が傷つくでしょう。
フローリングだけでなく畳もえぐれることがあります。
クッションフロアの場合は、破れるかもしれません。
また、家具の大きさを正確に把握していないと、壁をこすってしまいます。
固いもので壁紙をこすると、破れたりはがれたりしてしまうでしょう。
また、ぶつけどころが悪いと、家具も壊れたり傷ついたりします。

1-2.家具がドアを通れない

家具の大きさによっては、ドアを通れないこともあります。
今は組み立て家具も多いので、家に搬入したときは分解されていて問題なかったのにというケースもあるでしょう。
無理に通そうとして押しこむと、ドアや家具が傷ついたり壊れたりします。

1-3.階段で立ち往生した

階段は、家具を搬出するときの一番の難関です。
大型家具の場合は、手をすべらせただけで大変なことになるでしょう。
また、踊り場があったり怪談が狭かったりする場合は家具が動かせずに立ち往生してしまうことがあります。
こうなると、素人ではどうしようもなくなるケースもあるでしょう。

1-4.腰をいためてしまった

重い荷物を運ぶときは、体の使い方を工夫しないと腰をいためます。
しかし、若い方ほど「自分は大丈夫」と思いがちです。
その結果、腰をいためて家具の搬出どころではなくなることもあるでしょう。
ぎっくり腰になるとしばらく動けなくなることも珍しくないのです。
仕事や学業に支障が出るかもしれません。

12