衣替えにおこなう断捨離のコツや衣類を捨てる判断基準について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

季節の変わり目によって「衣替え」をする人は多いでしょう。
衣替えは要らない衣類を処分する大きなチャンスにもなります。
つい増えてしまいがちな衣類だからこそ、着ていない洋服は少しずつ処分していかなければなりません。
そこで、衣替えにおこなう断捨離のコツや要らない衣類の捨て方、迷ったときの判断基準について詳しく説明します。
衣替えで断捨離したい人、たくさんある衣類で困っている人はぜひ参考にしてください。

  1. 衣替えにおこなう断捨離のコツ
  2. 要らない衣類の捨て方
  3. 衣類を捨てる判断基準
  4. まとめ

1.衣替えにおこなう断捨離のコツ

新しいものが増えるたびに収納スペースがなくなってしまいます。
いつの間にか増えてしまうのが「衣類」です。
今ある衣類の中にはすでに着ていない、要らないものもあるでしょう。
そこで、衣替えにおこなう断捨離のコツをご紹介します。

1‐1.持っている衣類が確認できる「衣替え」

日本には昔から「衣替え」の習慣がありました。
基本的に、衣替えは季節が変わる時期にクローゼットやタンスに保管している衣類を入れ替えることです。
春・夏・秋・冬とそれぞれ季節の変わり目に衣替えをしますが、一般的な衣替えは、6月と10月の年2回になります。
年に2回おこなう衣替えは、要らない衣類を処分する大きなチャンスです。
また、クローゼットやタンスに眠っている衣類をすべて取り出してください。持っている衣類をすべて確認できます。
断捨離するためには、持っている衣類を1か所に集めることが大切です。
集めた衣類の中から要らないものは処分していきましょう。

1‐2.着ているものと着ていないものにわける

1か所に衣類を集めたら、「着ているもの」と「着ていないもの」にわけていきましょう。
収納していても中には着ていない衣類があるはずです。
特に、流行(りゅうこう)遅れのデザインやシミ・汚れがついているもの、子供服などは着ていない衣類が多いでしょう。
子供服は子供の成長に合わせて着ることができなくなります。着ていないものは次々と処分しなければなりません。
これから先も新しい洋服が増えるので、収納スペースが必要になるでしょう。
収納スペースに余裕がなければ、部屋がものであふれてしまいます。
衣替えの機会に、着ていない洋服がないかしっかり確認していきましょう。

1‐3.衣類に対してときめくかどうかが大切

「いつか着るから保管しておく」という考えでは一向に断捨離ができません。
衣類の断捨離は、“衣類に対してときめくかどうか”が大切なポイントになります。
たとえば、あなたの前に1つのズボンがあるとしましょう。
目の前にあるズボンにあなたはときめきますか?
自然とときめくのであればあなたにとって必要な衣類になるでしょう。
しかし、まったくときめかない、心が躍らない衣類はあなたにとって必要ありません。ときめかない衣類はこれから先もまったく着ないでしょう。
また、1年以上着ていない衣類も捨てたほうが効率的です。
ただし、大切な人からもらった衣類や思い出のある衣類は無理に捨てる必要はありませんよ。

12