衣替えにおこなう断捨離のコツや衣類を捨てる判断基準について

このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の変わり目によって「衣替え」をする人は多いでしょう。
衣替えは要らない衣類を処分する大きなチャンスにもなります。
つい増えてしまいがちな衣類だからこそ、着ていない洋服は少しずつ処分していかなければなりません。
そこで、衣替えにおこなう断捨離のコツや要らない衣類の捨て方、迷ったときの判断基準について詳しく説明します。
衣替えで断捨離したい人、たくさんある衣類で困っている人はぜひ参考にしてください。

  1. 衣替えにおこなう断捨離のコツ
  2. 要らない衣類の捨て方
  3. 衣類を捨てる判断基準
  4. まとめ

1.衣替えにおこなう断捨離のコツ

新しいものが増えるたびに収納スペースがなくなってしまいます。
いつの間にか増えてしまうのが「衣類」です。
今ある衣類の中にはすでに着ていない、要らないものもあるでしょう。
そこで、衣替えにおこなう断捨離のコツをご紹介します。

1‐1.持っている衣類が確認できる「衣替え」

日本には昔から「衣替え」の習慣がありました。
基本的に、衣替えは季節が変わる時期にクローゼットやタンスに保管している衣類を入れ替えることです。
春・夏・秋・冬とそれぞれ季節の変わり目に衣替えをしますが、一般的な衣替えは、6月と10月の年2回になります。
年に2回おこなう衣替えは、要らない衣類を処分する大きなチャンスです。
また、クローゼットやタンスに眠っている衣類をすべて取り出してください。持っている衣類をすべて確認できます。
断捨離するためには、持っている衣類を1か所に集めることが大切です。
集めた衣類の中から要らないものは処分していきましょう。

1‐2.着ているものと着ていないものにわける

1か所に衣類を集めたら、「着ているもの」と「着ていないもの」にわけていきましょう。
収納していても中には着ていない衣類があるはずです。
特に、流行(りゅうこう)遅れのデザインやシミ・汚れがついているもの、子供服などは着ていない衣類が多いでしょう。
子供服は子供の成長に合わせて着ることができなくなります。着ていないものは次々と処分しなければなりません。
これから先も新しい洋服が増えるので、収納スペースが必要になるでしょう。
収納スペースに余裕がなければ、部屋がものであふれてしまいます。
衣替えの機会に、着ていない洋服がないかしっかり確認していきましょう。

1‐3.衣類に対してときめくかどうかが大切

「いつか着るから保管しておく」という考えでは一向に断捨離ができません。
衣類の断捨離は、“衣類に対してときめくかどうか”が大切なポイントになります。
たとえば、あなたの前に1つのズボンがあるとしましょう。
目の前にあるズボンにあなたはときめきますか?
自然とときめくのであればあなたにとって必要な衣類になるでしょう。
しかし、まったくときめかない、心が躍らない衣類はあなたにとって必要ありません。ときめかない衣類はこれから先もまったく着ないでしょう。
また、1年以上着ていない衣類も捨てたほうが効率的です。
ただし、大切な人からもらった衣類や思い出のある衣類は無理に捨てる必要はありませんよ。

2.要らない衣類の捨て方

2‐1.まだ着ることができる衣類は買い取りに出す

自分にとって要らない衣類の中にはまだ着ることができる衣類があるでしょう。
汚れていない、糸がほつれていない衣類はリサイクルショップ・買い取り業者などで買い取ってもらえます。
まだ使えるものを処分するのはもったいありません。
着ることができる衣類は買い取りに出してください。
買い取ってもらったほうがお金を得ることもできるので一石二鳥です。
また、欲しがっている人に再利用してもらえるのなら気持ちよく処分できるでしょう。子供服などはまわりに欲しがっている人がいる可能性も高いです。
まわりに欲しがっている人がいないか、子供服を処分したいという旨を伝えておきましょう。
なかなか買い取ってもらえない場合は、ネットオークションを利用するのも1つの方法です。

2‐2.不用品回収業者に依頼する

汚れていたり、穴があいていたりする衣類は買い取ってもらえません。
衣替えで大量に出てきた衣類を処分したいときは、不用品回収業者に依頼してください。
不用品回収業者は買い取ってもらえなかった衣類も回収してくれます。
さらに、連絡すればすぐ自宅まで引き取りにきてくれるでしょう。
すぐに処分したいときには効率的な方法です。
わざわざお店に持って行く必要もないので手間・時間もかかりません。
また、不用品回収業者の中には宅配で受けつけているところもあります。
宅配なら自分のペースで衣類の断捨離ができるでしょう。家事や育児、仕事で忙しくしている人にとってはありがたい方法です。
宅配の場合は申し込みをするだけで専用の宅配キットが自宅に届きます。簡単に回収してもらえるでしょう。
自分の都合に合った方法で要らない衣類を捨ててください。

3.衣類を捨てる判断基準

3‐1.似ている衣類は捨てる

衣類の捨て方はとてもシンプルです。
つい迷ってしまいがちですが、衣類の中には似ているデザイン・色の衣類もあるでしょう。
たとえば、黒や灰色の衣類が多い、同じようなカーディガンを何枚も持っているなど収納スペースの無駄づかいになってしまいます。
よって、似ている衣類は処分してください。
衣替えをきっかけに、自分の趣味や好みが把握できるのも楽しみの1つです。
似たような衣類の中から1枚お気に入りだけ保管して後はすべて処分しましょう。これから先も似たような衣類をそろえる可能性があります。
衣替えをするたびに処分したほうが断捨離と同時に、衣類選びも慎重になるでしょう。また、1枚購入したら古い衣類を1枚捨ててください。
捨て方を見直していけば、部屋もスッキリしますよ。

3‐2.着ることのできない衣類は捨てる

ダイエットしたり、太ったり、子どもの成長などサイズに合っていない衣類が出てくるはずです。
衣替えをするときに着ることのできない衣類はすべて捨ててください。
「痩せるつもりだから」と保管しておいても、いつの間にか衣類の存在を忘れてしまうものです。
“いつか使う”という考えは断捨離に必要ありません。
“今使うかどうか”、“今着ることができるかどうか”が大切な判断基準になります。
しっかり自分で断捨離を意識していかなければ、一向に処分できないでしょう。
強い意志を持つことが大切になります。
特に、サイズがすぐに合わなくなる子供服はこまめに処分してください。
子供服は期間が限られているので整理整頓しなければなりません。
判断基準を持っていても迷った際は、「一時保管ボックス」を用意すると良いでしょう。ある程度整理したうえで考えると処分しやすくなります。

4.まとめ

衣替えにおこなう断捨離のコツや要らない衣類の捨て方、衣類を捨てる判断基準について説明しました。いかがでしたでしょうか。
年に2回ほどおこなう衣替えは断捨離する大きな機会です。
つい多くなってしまう衣類だからこそ、定期的な断捨離が必要になります。
衣類を断捨離するときは自分がときめくかどうか、着ることができるサイズかどうかなどの判断基準に注目していきましょう。
要らない衣類を次々と処分していかなければ、新しい衣類を収納するスペースがありません。
部屋をスッキリ整理するためにも、上手に断捨離をすすめてくださいね。
そして、要らない衣類は買い取りに出す、不用品回収業者に依頼するなど効率的な方法で処分しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由