断捨離とは?~必見!断捨離の効果・実践方法・コツ6つのポイント〜

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

断捨離のやり方・効果的な方法が知りたい、コツがわからない、断捨離効果がでない…など、お悩みではないですか。部屋の片付けがヘタ、片付けてもすぐモノであふれてしまうという人はたくさんいます。部屋がいつも汚いのは掃除方法が悪いと思っている人もいるようですが実は問題はほかにあるのです。部屋を掃除する前に、まず不用品を処分してモノの数を減らすことが大切になります。そこで、この記事では「断捨離」の意味・効果・方法・コツなどをご紹介しましょう。そして、「断捨離できない・捨てられない」心理についてもご説明します。これから断捨離を実践してみたい…と思っている人にとって参考になる情報を集めてみました。

  1. 断捨離の基礎知識
  2. 片付けられない症候群とは?
  3. 断捨離の実践方法
  4. 断捨離を実践後は…
  5. 不用品回収について
  6. 片付けの役立ち情報

この記事を読むことで、どうすれば部屋をきれいにできるかがわかります。また、スムーズに断捨離を行えるだけではなく、きれいになった状態を維持することもできるでしょう。


1.断捨離の基礎知識

1-1.断捨離とは

2010年ごろから、テレビ番組・雑誌・インターネットなどで注目を集めるようになった「断捨離(だんしゃり)」は、今ではすっかりポピュラーな言葉となっています。

断捨離という言葉は、読んで字のごとく断つ・捨てる・離れるの意味です。けれども、断捨離とはもともとはヨガの思想に基づいた言葉となります。

  • 「断行」…入ってくるいらないモノを「断つ」。
  • 「捨行」…すでにあるいらないモノを「捨てる」。
  • 「離行」…モノへの執着から「離れる」。

として、不用なモノを買わず・家の中にあるいらないモノを捨て・モノへの執着から解放され・すっきりと片付いた快適な生活を送ろう…という考え方なのです。

1-2.断捨離の意味

日本では、昔からモノを粗末に扱わず、古いからといって簡単に捨てずに大切にとっておくことが「美徳」とされてきました。しかしながら、大切にする気持ちが執着へと変わりモノが捨てられなくなることで家や部屋の中がモノに埋まってしまう人もいます。

モノが過剰にあると、当然整理整頓はしにくくなり掃除も行き届きません。そのために、いつも部屋は汚く不衛生な状態で快適に暮らすことができないだけではなく精神的に病んでしまう人も少なくないのです。

断捨離の意味は、単純に部屋を片付けるために行うのではなく、自分にとって本当に大切なモノは何かを見つめ選択眼を養うことにもあります。また、無駄なモノがない家や部屋は掃除がしやすいので、常に片付いた状態を保つのも楽になるでしょう。

1-3.断捨離の効果(恋愛・結婚・人間関係)

無駄なモノは買わず、必要のないモノは執着せずに捨てる…という発想の断捨離は、家や部屋の中をすっきりとして快適に暮らす効果があります。けれども、断捨離は住環境の無駄だけではなく、人間関係の無駄も改めて見つめ直す効果もあるのです。

なんとなく手に入れたモノをそのまま引き出しやクローゼットにためこんでしまう人は、人間関係も「なんとなく広げてしまいがち」になります。お茶や買い物、飲み会など、本当に行きたいわけではないのに付き合いだからと参加することが多いでしょう。モノだけではなく恋愛や結婚、人間関係も断捨離の考え方をあてはめてみましょう。

1-3-1.断捨離の効果・恋愛

実は、断捨離の効果は恋愛にもおよびます。今、付き合っている彼氏や彼女に数多くの不平不満を抱いているのに、なんとなく別れられない…という人は多いものです。けれども、独りはさみしいからと別れを迷っているうちに大切な時間はどんどん過ぎてしまいます。

思いきって相手との関係を断捨離することで、前に進めたり不平不満が原因のストレスから解放されたりするでしょう。逆に1度離れてお互いの付き合いを断つことにより、相手の大切さを再発見することもできます。

そして、もし別れて気分がすっきりとしたら思い出になるような写真やプレゼント、メールのやりとりなどはすべて処分して未練を残さないようにしましょう。不毛な恋愛の断捨離は新しい出会いも引き寄せる効果があるのです。

1-3-2.断捨離の効果・結婚

断捨離の効果は結婚にもある…というと驚く人もいるでしょう。けれども、もともと断捨離は、「執着を捨て本当に自分にとって必要なモノを見極める目を持つ」ことでもあります。早く結婚したいがために、あせって婚活ばかりしていると出会う異性の数は増えても、誰もが自分にふさわしくないように感じてしまうものです。

数多く婚活パーティーに顔を出したり、合コンに参加したりすればそれだけ無駄なお金も出て行くでしょう。結婚というものに執着せず、無駄な出会いや付き合いの断捨離をして自分のために生きている人のほうが精神的な余裕が感じます。また、自然体で生きている人のほうが異性もひかれるものです。本当に自分が一生ともに生活をできる人と出会う確率も高くなるでしょう。

1-3-3.断捨離の効果・人間関係

友人や同僚に誘われるとどうしても断れない…という人がいます。仕事が終わった後、毎日食事や飲み会、カラオケに付き合い疲れがたまっているという人も多いでしょう。

そんな人は、断捨離を人間関係にも取り入れましょう。行きたくない付き合いはお断りして、家でのんびり過ごしたりゆっくりバスタイムを楽しんだりと自分のために時間を使うのです。無駄な出費も抑えられますし、ストレスも軽減されます。

八方美人でいなければ継続できない友人関係を引きずっていても、何のメリットもありません。また、人と広く浅く付き合うのをやめて、数は少なくても本当に自分と気が合う友人を見付けるほうが有意義な人生を過ごせるでしょう。

1-3-4.断捨離の本〜断捨離の提唱者・やましたひでこ〜

断捨離の効果や意味、方法を世の中に広めたのは、クラターコンサルタントのやましたひでこさんです。東京都出身のやましたひでこさんは、早稲田大学在学中に入門したヨガ道場でヨガの考え方である「断行・捨行・離行」を学びます。その考え方をもとに、自分の生き方と片付けに反映し「断捨離」を形にしたのです。

やましたひでこさんは、2001年からクラターコンサルタントとして活躍を始めました。クラターコンサルタントとは、ガラクタ・モノ・心を整えるという意味でつけた造語で登録商標にもなっています。やましたひでこさんは、クラターコンサルタントとして全国でセミナーなどを開催し、数多くの断捨離に関しての本も発売、多くの人にその名称と考え方が広まることとなりました。

やましたひでこさんの著書には…

  • 「モノを捨てればうまくいく 断捨離のすすめ」
  • 「新・片づけ術『断捨離』」
  • 「ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術」

ほか、さまざまな視点から書かれた断捨離の本があります。単なる片付け方ではなく、根本的に自分の生き方を変える断捨離をしてみたい…という人は1度読んでみてはいかがでしょう。