【必見】携帯電話の処分はこうする!古い携帯電話の処分方法を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯電話を買い替えるときには、古い携帯電話の処分に困る人も多いことでしょう。今回は、古い携帯電話の処分方法について詳しく解説します。携帯電話には、自分の個人情報がたくさん入った状態。処分の方法を間違うことは、自分の個人情報が流出してしまう問題があるので注意してください。

  1. 携帯電話の処分について学ぼう
  2. 携帯電話を処分するときの注意点
  3. 携帯電話を処分する場合の業者選び
  4. 携帯電話の処分でよくある質問に回答

携帯電話の処分について詳しくなることは、資源のリサイクルの点でも意味のあることです。しかし、適切に処分するためには正しい知識を学ぶことが必要でしょう。古い携帯電話を適切に処分するためにも、記事をしっかり読んで正しい知識を学んでくださいね。


1.携帯電話の処分について学ぼう

まずは、携帯電話の処分について基本を学ぶことにします。携帯電話の処分方法の種類や、処分するときの注意点などについて解説しましょう。

1-1.携帯電話の処分方法の種類を確認しよう

携帯電話の処分方法は、主に以下となります。

  • 不燃物としてごみ回収に出す
  • メーカーによる引き取りを利用する
  • 販売店による引き取りを利用する
  • リサイクルに出す

いずれの方法にもメリットとデメリットがあるため、最もメリットの大きい処分方法を選んでください。

1-2.不燃物としてごみ回収に出す方法

携帯電話は、主にプラスチックや金属などでできています。ごみ回収に出すときは、不燃ごみとして出しましょう。自治体の不燃ごみ回収日に、自治体の指示に従って出してください。なお、自治体によっては「使用済み小型家電」などとして別途回収をしていることもあります。携帯電話が「使用済み小型家電」の扱いとなるために、不燃ごみとしての扱いをしていない自治体もあるでしょう。詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせてください。

1-3.メーカーによる引き取りを利用する方法

携帯電話のメーカーでは、自社の古い携帯電話の回収サービスを行っています。古い携帯電話が不要になった場合は、メーカーの引き取りサービスを利用しても良いでしょう。特に、新しい携帯電話を買い替えるタイミングでは、メーカーの引き取りサービスを利用すると楽に処分できます。ただし、メーカーに携帯電話の引き取りを依頼する場合は、ほかのメーカーのものは引き取り不可の可能性もあるので注意してくださいね。

1-4.販売店による引き取りを利用する

携帯電話の販売店でも、新規購入者へのサービスのひとつとして古い携帯電話の引き取りサービスを行っています。新しい機種の場合は、引き取りでも有料となることもあるでしょう。有料での引き取りは、実質的な値引きと同様となりますね。携帯電話の販売店による引き取りは、ほとんどの場合で新規購入者へのサービスとなるでしょう。有料での引き取り対象でない場合でも、無料で引き取りとなることが多くなります。

1-5.古い携帯電話をリサイクルに出す

古い携帯電話は、リサイクルに出す方法もあります。たとえば、不用品回収業者に回収をいらいすることで資源の有効活用につながることでしょう。ただし、全部の携帯電話がリサイクル品になるわけではありません。携帯電話にも、引き取ってもらえるものともらえないものがあることを理解しておきましょう。

1-5-1.引き取ってくれる携帯電話の特徴

引き取ってくれる携帯電話の特徴としては、以下のような点を挙げることができます。

  • 国内メーカーのもの
  • 多少の不具合があっても動作するもの
  • 液晶部分などに大きな破損が無いもの
  • 内部データを改造していないもの

国内で流通していた携帯電話の場合は、ほとんどの場合で引き取り対象になります。ただし、海外で購入したものや輸入したものにかんしては、新しい機種であっても引き取りが不可能な場合もあるので業者に確認してください。

1-5-2.引き取ってくれない携帯電話の特徴

残念ながら、全部の携帯電話が引き取り可能というわけではありません。たとえば、明らかに大きな損傷があるものは、引き取り対象とならないこともあります。また、携帯の内部データを改造したものは、引き取り不可になることも多いでしょう。業者によっては、携帯電話の中でもスマートフォンだけが引き取り対象というところもあります。引き取り依頼をする前に、業者の引き取り対象機種をよく確認することを忘れないでください。

1-5-3.買い取りをしてくれる携帯電話の特徴

携帯電話でも、最新機種に近いものや未使用品に近い状態のものは、買い取りの対象になることがあります。特に、人気のスマートフォン機種は買い取り対象になることが多いでしょう。携帯電話の買い取りを希望する場合は、買い取り条件を複数の業者で比べてみるのも良い方法ですよ。

2.携帯電話を処分するときの注意点

携帯電話を処分するときの注意点について、確認をしておきましょう。携帯電話を処分するときは、特に個人情報の扱いに注意してください。

2-1.携帯電話を処分する前にしておくべきこと

携帯電話を処分するときには、以下の点に気を付けてください。

  • 充電器などの付属品もできるだけ同時に処分すること
  • 買い取りに出す場合は汚れなどのクリーニングを行うこと
  • 写真や知人の連絡先など大切なデータはSDカードなどにバックアップを取ること
  • バックアップを取った後で携帯電話内部のデータを初期化すること
  • 付属品の記録装置のデータをバックアップすることや初期化も忘れないこと

なお、携帯電話を処分するときには、付属品も同時に処分した方が楽でおすすめです。たとえば、充電器などが付属している場合は、同時に処分してしまいましょう。また、内部データや外部記憶装置内のデータをバックアップしたり消去したりすることも、忘れないでください。

2-2.携帯電話に入っているデータについて

携帯電話に入っているデータには、皆さんのプライベートな内容がたくさんあります。データを消去しないことは、個人情報流出のリスクが高いと言えるでしょう。

2-2-1.携帯電話のデータ消去する必要性

携帯電話には、皆さんの氏名・住所・連絡先などの情報が入っているだけではありません。たとえば、皆さんの家族・親類・友人・恋人・取引先などの連絡先も入っています。また、プライベートな画像やSNSでのやり取りの記録など想像以上に個人情報が満載であることを知っておきましょう。データ消去を忘れてしまうことは、皆さんの個人情報や大切な人の情報まで流出するリスクが高まるのです。携帯電話を処分するときは、必ずデータ消去を行ってください。

2-2-2.携帯電話のデータを消去する方法

携帯電話のデータを消去する方法は、主に以下のようなものがあります。

  • 内部データの初期化作業を行う
  • 物理的に携帯電話を破壊する

いずれかの方法で、携帯電話のデータが消去できたことを確認してから処分してくださいね。なお、内部データの初期化作業だけではデータ復旧が可能な場合もあります。確実にデータを消去したい場合は、物理的に携帯電話を破壊する方法となるでしょう。

3.携帯電話を処分する場合の業者選び

携帯電話を処分するとき、良い業者を選ぶことができるかどうかが重要です。ここでは、携帯電話を処分する場合の業者選びについてお話をしましょう。

3-1.業者選びのポイントを詳しく解説!

携帯電話を処分するときは、信頼できる業者を選ぶことが大切です。以下に、業者選びのポイントを解説したので参考にしてくださいね。

  • 携帯電話の処分で定評のあること
  • 携帯電話の処分にかんする知識が豊富なこと
  • 自分に都合の良い回収方法があること
  • データ消去サービスを行っていること
  • 担当者の対応が親切で丁寧であること

携帯電話の回収で特に内部データの扱いについて親切にアドバイスをしてくれる業者は、信頼できる業者と言えるでしょう。なお、評判の良い業者を紹介しておきますので参考にご覧ください。

パソコン処分本舗:https://www.pcshobun-honpo.com/

3-2.携帯電話の引き取りや買い取りの手数料は?

携帯電話の引き取りや買い取りのときに、手数料が必要なことはほとんどありません。多くの場合で、無料で引き取りもしくは有料での買い取りとなるでしょう。ただし、中には、事務手数料として数百円程度の手数料を取る業者もあります。手数料がかかっても引き取りや買い取りを依頼するべきか、きちんと考えた方が良いでしょう。

3-3.携帯電話のデータ消去はどうする?

携帯電話を処分するときに、データ消去をどうするかという問題があります。たとえば、完全に動作するものは、自分で初期化をすることでデータ消去も可能でしょう。しかし、何らかの原因で故障して使いものにならない場合は、内部にデータが残ったままのこともあるはずです。携帯電話のデータにかんしては、携帯電話を物理的に破壊することでデータも読み込み不可能な状態になるでしょう。しかし、物理的に壊れている携帯電話は引き取り不可だったり買い取り対象外になったりすることもあります。携帯電話のデータ消去については、業者と相談してどの方法が確実か考えてから決めましょう。

3-4.古い携帯電話の回収方法を学ぼう

古い携帯電話を業者で回収する場合は、主に以下の3つの方法があります。自分に都合の良い方法で、依頼しましょう。

  • 自分で業者の店舗に持ち込む
  • 郵送や宅配便などで送付する
  • 業者に自宅回収に来てもらう

ただし、業者に自宅回収に来てもらうためには、携帯電話のほかにも回収依頼をしたものがあるなどの条件が付くことが多いでしょう。

3-5.古い携帯電話の処分を業者に依頼するときの注意点

古い携帯電話の処分を業者に依頼するときには、業者の信頼度を無視してはいけません。悪質な業者の中には、回収した携帯電話本体よりも個人情報収集を目的にしているところもあります。悪質な業者に大切な個人情報を渡さないためにも、信頼できる業者かどうかのチェックをしっかり行いましょう。たとえば、以前利用したことのある人の評価を調べてみることもひとつの方法です。また、データ消去の方法の説明が明確だったり証明書の発行を行ったりしていることも目安となるので覚えておきましょう。

4.携帯電話の処分でよくある質問に回答

ほかの皆さんがどんな疑問を持っているか確認することは、携帯電話の処分にかんする理解を深めるためにも有効ですよ。

4-1.古い携帯電話を子どものおもちゃにしていますが問題ありますか?

古い携帯電話は、すでに電話機としての機能は使用できなくなっています。通話機能が使用できないため、誰かに間違えて電話をしてしまう可能性は無いでしょう。ただし、最近の機種ではインターネットを利用できるものも多いです。今は、インターネット回線を経由してほかの人と音声会話ができる時代であることを思い出してください。お子さんにおもちゃとして与えるときは、うっかり通信ができないよう個人情報を削除することと、インターネットへの接続制限を設定しておくと安心でしょう。

4-2.携帯電話を下取りサービスに出す場合、データ消去証明書はもらえる?

携帯電話をメーカーや販売店の下取りサービスに出す場合、データ消去も同時に依頼した場合は多くのところでデータ消去証明書の発行もしてもらうことができます。ただし、中には、証明書発行サービスを取り扱っていないこともあるので注意しましょう。また、データ消去証明書の発行にかんしては、数百円程度の手数料が必要となることも多いので覚えておいてください。

4-3.古い携帯電話はなぜ買い取りや引き取りの対象になるのですか?

携帯電話は、精密機械のひとつです。携帯電話には、貴重な金属がたくさん使ってあるためリサイクルする価値があることを知っておきましょう。古い携帯電話でも買い取りや引き取りの対象になる理由は、電話機としてのリサイクルのためではありません。内部で使用している金属をリサイクルするために、買い取りや引き取りの対象としているのです。

4-4.20年ぐらい前の古い携帯電話も処分できますか?

20年前の携帯電話は、現在のものと比べて機能が少ないことでしょう。そのまま携帯電話として新たに使用することは、実質的に不可能なケースが多いです。しかし、携帯電話の本体には貴重な金属類を使用しているため、業者にとってはお宝となることも多いでしょう。中には、マニア向けとして買い取り対象となる機種がある可能性もあります。まずは、古い携帯電話だからと言ってあきらめずに業者に相談しましょう。なお、どんなに古い携帯電話でも引き取り不可となることは無いので安心してください。

4-5.部品を紛失してしまった携帯電話の処分も依頼できますか?

たとえば、本体機能に直接かかわりの無い部品の場合は、買い取りの対象になる可能性もあります。しかし、本体パーツの欠損や本体の機能に支障が出るパーツの紛失は、買い取り対象外になることが多いでしょう。そのような状態でも、無償で引き取ってもらえることはあります。詳しくは、業者に確認してみてくださいね。

まとめ

さて、古い携帯電話の処分についてさまざまな処分方法やデータ消去の重要性などについて学んできましたがいかがでしたか。携帯電話を持つことは、今や当たり前になった時代です。しかし、古い携帯電話を適切に処分できている人は多くないのも事実でしょう。今回学んだ知識は、今後、また携帯電話を処分するときにも役に立ちます。安全・確実に古い携帯電話を処分して、スッキリしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由