【必見】携帯電話の処分はこうする!古い携帯電話の処分方法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

携帯電話を買い替えるときには、古い携帯電話の処分に困る人も多いことでしょう。今回は、古い携帯電話の処分方法について詳しく解説します。携帯電話には、自分の個人情報がたくさん入った状態。処分の方法を間違うことは、自分の個人情報が流出してしまう問題があるので注意してください。

  1. 携帯電話の処分について学ぼう
  2. 携帯電話を処分するときの注意点
  3. 携帯電話を処分する場合の業者選び
  4. 携帯電話の処分でよくある質問に回答

携帯電話の処分について詳しくなることは、資源のリサイクルの点でも意味のあることです。しかし、適切に処分するためには正しい知識を学ぶことが必要でしょう。古い携帯電話を適切に処分するためにも、記事をしっかり読んで正しい知識を学んでくださいね。


1.携帯電話の処分について学ぼう

まずは、携帯電話の処分について基本を学ぶことにします。携帯電話の処分方法の種類や、処分するときの注意点などについて解説しましょう。

1-1.携帯電話の処分方法の種類を確認しよう

携帯電話の処分方法は、主に以下となります。

  • 不燃物としてごみ回収に出す
  • メーカーによる引き取りを利用する
  • 販売店による引き取りを利用する
  • リサイクルに出す

いずれの方法にもメリットとデメリットがあるため、最もメリットの大きい処分方法を選んでください。

1-2.不燃物としてごみ回収に出す方法

携帯電話は、主にプラスチックや金属などでできています。ごみ回収に出すときは、不燃ごみとして出しましょう。自治体の不燃ごみ回収日に、自治体の指示に従って出してください。なお、自治体によっては「使用済み小型家電」などとして別途回収をしていることもあります。携帯電話が「使用済み小型家電」の扱いとなるために、不燃ごみとしての扱いをしていない自治体もあるでしょう。詳しくは、お住まいの自治体に問い合わせてください。

1-3.メーカーによる引き取りを利用する方法

携帯電話のメーカーでは、自社の古い携帯電話の回収サービスを行っています。古い携帯電話が不要になった場合は、メーカーの引き取りサービスを利用しても良いでしょう。特に、新しい携帯電話を買い替えるタイミングでは、メーカーの引き取りサービスを利用すると楽に処分できます。ただし、メーカーに携帯電話の引き取りを依頼する場合は、ほかのメーカーのものは引き取り不可の可能性もあるので注意してくださいね。

1-4.販売店による引き取りを利用する

携帯電話の販売店でも、新規購入者へのサービスのひとつとして古い携帯電話の引き取りサービスを行っています。新しい機種の場合は、引き取りでも有料となることもあるでしょう。有料での引き取りは、実質的な値引きと同様となりますね。携帯電話の販売店による引き取りは、ほとんどの場合で新規購入者へのサービスとなるでしょう。有料での引き取り対象でない場合でも、無料で引き取りとなることが多くなります。

1-5.古い携帯電話をリサイクルに出す

古い携帯電話は、リサイクルに出す方法もあります。たとえば、不用品回収業者に回収をいらいすることで資源の有効活用につながることでしょう。ただし、全部の携帯電話がリサイクル品になるわけではありません。携帯電話にも、引き取ってもらえるものともらえないものがあることを理解しておきましょう。

1-5-1.引き取ってくれる携帯電話の特徴

引き取ってくれる携帯電話の特徴としては、以下のような点を挙げることができます。

  • 国内メーカーのもの
  • 多少の不具合があっても動作するもの
  • 液晶部分などに大きな破損が無いもの
  • 内部データを改造していないもの

国内で流通していた携帯電話の場合は、ほとんどの場合で引き取り対象になります。ただし、海外で購入したものや輸入したものにかんしては、新しい機種であっても引き取りが不可能な場合もあるので業者に確認してください。

1-5-2.引き取ってくれない携帯電話の特徴

残念ながら、全部の携帯電話が引き取り可能というわけではありません。たとえば、明らかに大きな損傷があるものは、引き取り対象とならないこともあります。また、携帯の内部データを改造したものは、引き取り不可になることも多いでしょう。業者によっては、携帯電話の中でもスマートフォンだけが引き取り対象というところもあります。引き取り依頼をする前に、業者の引き取り対象機種をよく確認することを忘れないでください。

1-5-3.買い取りをしてくれる携帯電話の特徴

携帯電話でも、最新機種に近いものや未使用品に近い状態のものは、買い取りの対象になることがあります。特に、人気のスマートフォン機種は買い取り対象になることが多いでしょう。携帯電話の買い取りを希望する場合は、買い取り条件を複数の業者で比べてみるのも良い方法ですよ。

12