スマホの電池がすぐになくなる!?バッテリーの寿命はどのくらい?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

携帯電話の進化形であるスマートフォン(以下、スマホ)。
今や日常生活に欠かせない人も多いでしょう。
しかし、携帯電話よりも機能が増えた分バッテリーの持ちが悪くなったと感じている方は少なくありません。
では、バッテリーの寿命はどのくらいなのでしょうか?
そこで、今回はスマホのバッテリーの寿命についてご説明します。
ちょっとしたことで、バッテリーの寿命が身近くなることもあるのです。
スマホを長く使いたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. スマホのバッテリーは何年間くらい持つの?
  2. バッテリーは使い方によって寿命が短くなるかも
  3. スマホのバッテリー消耗を少なくする方法とは
  4. おわりに

1.スマホのバッテリーは何年間くらい持つの?

スマホは、バッテリーで動きます。
これは一昔前の携帯電話も同じですね。
しかし、スマホに変えたとたんバッテリーの持ちが悪くなった、と感じる人は多いでしょう。
その理由はふたつあります。
ひとつは、スマホは電話であると同時にパソコンでもあるのです。
ですから、何も使っていないときでもバックアップやデータ送信でバッテリーを消耗しています。
もうひとつは動画やネット、アプリなど私たちがスマホを使う時間が長くなっているためです。
携帯電話を何時間も連続して使う人はほとんどいませんでしたが、スマホなら珍しくありません。
使う時間が長くなればバッテリーも消耗しやすいです。
ちなみに、スマホの本体は4~5年の寿命なのに対してバッテリーの寿命は1~2年といわれています。
スマホは2年間の分割払いで購入している方が多いでしょう。
ですから、無理な使い方をしてなければ、スマホを交換するまでバッテリーは十分に使えるのです。

12