ミシンは買い替えor修理? 買い時タイミングや処分・買取のポイントまとめ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ミシンは一生ものといわれていますが、中には買い替えが必要な場合もあります。持っているミシンの調子が悪くなったとき、修理するか買い替えるか悩んでいる方も多いでしょう。

そこで今回は、ミシンの買い替えのポイントや、古いミシンを処分するお得な方法などをご説明します。

  1. ミシンの買い替えについて
  2. ミシンのお得な買い時は?
  3. ミシンの処分方法
  4. ミシンを買取に出すには?
  5. ミシンの買い替えについてよくある質問

ミシンの買い替えを検討している方だけでなく、買い時や安くなるタイミングを知りたい方にとっても有用な情報をまとめました。ぜひ最後まで読んでみてください。


1.ミシンの買い替えについて

まずは、ミシンの寿命・買い替えのポイントについてご説明します。

1-1.ミシンに寿命はない?

ジャノメ・JUKI(エクシード)など、上級者~職業用のミシンは、20年以上使用することが可能です。修理や部品交換をすることで、孫の代まで受け継げるものもあります。一般的に家庭で使用するようなフルサイズミシンの場合、8~10年程度使用可能です。しかし、軽量化されたミシンやコンパクトミシンは、やや耐久性が落ちるでしょう。3万円くらいのミシンはすぐに壊れてしまうという声も多くあります。

1-2.ミシンの種類まとめ

ミシンの種類には、以下のようなものがあります。

1-2-1.電動ミシン

フットコントローラーや手元のスイッチによって針の速さを調整できます。針の速さ=縫う強さになるため、厚手のものを縫う場合には早く針をすすめる必要があり、初心者にはやや扱いが難しいかもしれません。最近では、電子ミシンやコンピューターミシンにシェアを取られつつあります。

1-2-2.電子ミシン

こちらも、フットコントローラーや手元のスイッチで速度を調整できるタイプのミシンです。速度にかかわらず縫うパワーを出せて、厚手のものもゆっくり縫えるので、初心者の方でも扱いやすいのが特徴でしょう。

1-2-3.コンピューターミシン

コンピューター基盤を搭載しており、刺繍(ししゅう)や模様を縫うことができます。ボタンやタッチ式になっているので、初心者にも使いやすいミシンです。

1-2-4.職業用ミシン

耐久性が強く、分厚いものも簡単に縫えるミシンです。直線縫いしかできません。価格は15万円以上と、かなり高額になります。

1-2-5.ロックミシン・ボタンホール用ミシン

布の端のほつれをかがり縫いしたり、ボタンホールを縫うためのミシンです。専用性が高いため、プロや本格的に洋裁を行っている方が使うことが多いでしょう。

1-3.ミシンは修理する?買い替える?

購入当時の定価は、修理したほうがいいか買い替えたほうがいいかの判断基準になります。10万円以上のミシンの場合、修理を依頼したほうがよいでしょう。コンパクトミシンなど安価なものは買い替えるのがおすすめです。使用頻度にもよりますが、3万円程度のミシンを買うよりは、10万円程度のミシンを使いつづけたほうが費用対効果は高くなります。しかし、ミシンをあまり使わないという方は安価なミシンでよいでしょう。

高いミシンは修理しながら使い続けることもできるんですね。
はい。ただし、コンピューターミシンなどは、壊れた部品によっては修理不可なこともあります。

2.ミシンのお得な買い時は?

次に、ミシンの買い時やタイミングについてご説明します。

2-1.ミシンは2~4月が買い時

入学前の2~4月は、ミシンが多く入荷され販売されます。仕入れ量が多いほうが店舗はミシンを安く売れますので、この時期はミシンの買い時といえるでしょう。

2-2.年末年始・ボーナス時期もねらい目

次に、家電量販店が売り上げを多く出したい年末年始セールや、6月12月のボーナス商戦もねらい目です。ミシンにかぎらず多くの家電類が値引きされます。

2-3.ミシンは最新機種を買わなくてOK

ミシンは、実は古いもののほうが、機能が優れていることも多くあります。特に希望する機能がないかぎりは、最新機種にこだわらなくてもよいでしょう。服をつくろったり小物を作るくらいでしたら、現行販売されているミシンで十分対応できます。

ミシンは2~4月が買い時なんですね。
はい。新製品が出たときを狙って、型落ち品を買ってもいいでしょう。

3.ミシンの処分方法

次に、古いミシンを処分する方法についてそれぞれご説明します。

3-1.ミシンを自治体の粗大ゴミ回収で捨てる

ミシンは自治体のゴミ回収で500~1,000円程度で捨てることができます。

  1. 自治体のHPか電話で粗大ゴミ申請をする
  2. 粗大ゴミ処理券(シール)を購入する(自治体指定の店舗にて)
  3. 回収日になったら、回収場所までミシンを持って行く

ミシンを自治体のゴミ回収に出す場合、自分で回収場所まで持って行かなければなりません。ミシンは重いもので10kgくらいになります。運搬の手間や体力がない方には難しいでしょう。また、まだ使えて買取に出せるかもしれないミシンを、お金を出して処分するのはややもったいないかもしれません。

3-2.販売店にミシンを引き取ってもらう

ミシンの買い替えの場合、電気店やミシン店の店舗によって、古いものを引き取ってもらえることがあります。新しいミシンや定価の高いミシンの場合は、下取り・買取扱いとなり、新規購入するミシンから値下げしてもらえたり、キャッシュバックしてもらえることもあるでしょう。一方、古いミシンや安いミシンは、手数料や処分費用を支払って回収してもらうことになります。

3-3.不用品回収業者へミシンの処分を依頼する

ミシンを自分で運搬するのが大変な場合や、買い替えでない場合(処分したいだけの場合)には、不用品回収業者の利用が便利です。業者によっては買取査定もしてもらえます。また、ミシン以外にも不用品が多くあるときは、まとめて依頼することで処分費用・時間・手間を省けて大変お得になるでしょう。

ミシンはゴミとして自治体に処分を依頼できるんですね。
はい。また、買い換えの場合は販売店に引き取ってもらってもいいでしょう。

4.ミシンを買取に出すには?

次に、ミシンを買取してもらう方法などについてご説明します。

4-1.定価の高いミシンは中古でも買い取ってもらえる

前述のとおり、価格が高いミシンは耐久性が高く長く使えます。ミシンを使う方もそのことを知っているため、中古ミシンにも需要があるのです。

4-2.コンパクトミシンや定価3万円前後のミシンの高価売却は難しい

一方、定価が安いミシンは、すぐに壊れやすいことも知られているため、中古品の需要は低いといえるでしょう。そのため、中古需要も低く、買取に出すことは難しくなります。製造年から1年程度の新しく美品のものなら、売れる可能性があるでしょう。

4-3.買い取ってもらいやすいミシンの特徴まとめ

  • 定価が高いもの
  • 職業用ミシン・工業用ミシン(…定価が高いため)
  • JUKI・ジャノメなど有名メーカーのもの
  • 新品に近いもの・美品

4-4.リサイクルショップにミシンを売るには?

リサイクルショップにミシンを売る際は、持ち込み買取や出張買取などを選べます。出張買取は、点数や品目によって受け付けてもらえないこともあるので、事前に確認しておきましょう。持ち込み買取の場合、営業時間内ならすぐに買取査定をしてもらえますが、重いミシンを店舗まで運ぶ必要があります。また、もし買取不可となってしまった場合は再度持ち帰るか、無料で引き取ってもらうことになるでしょう(引き取り不可の店舗もあり)。

4-5.ネットでミシンを出品するには?

ヤフオクやメルカリなどで中古ミシンを出品する際は、過去の販売履歴を検索し、売れたミシンと売れ残っているミシンの価格の差をチェックしましょう。前述のとおり、定価の安いミシンはかなり値段を下げないと売れにくくなります。また、購入希望者とのやりとりや、こん包・配送の手間もかかるので、慣れていない方にはやや困難な方法かもしれません。

元値が高いミシンは売却が可能なんですね。
はい。また、コンピューターミシンは新しいものほど値段がつきやすいでしょう。

5.ミシンの買い替えについてよくある質問

Q.安くミシンを処分するには?
A.パソコン処分本舗では、ミシンの無料回収を依頼することができます。家庭用ミシンなら、宅配回収がおすすめです。店舗から自宅が近い方や、運搬が困難でない方には、店舗まで直接ミシンをお持ちいただく「持ち込み回収」もおすすめできます。

Q.ミシンの無料の宅配回収とはなんですか?
A.パソコン処分本舗では、3辺計160cm(30kg以内)の段ボール箱にミシンをこん包し、送料ご負担でお送りいただけます。
→〒243-0201 神奈川県厚木市上荻野5460-1
さらに、テレビ・パソコン・液晶モニターなど、弊社指定の家電を同こんすれば、送料も無料(着払い)でお送りいただくことも可能です。つまり、こん包する家電の種類によっては、複数の不用品を完全無料で処分することができます。ミシン以外にも同こんいただける家電が多数ありますので、回収可能品目や詳細はこちらもご参照ください→パソコン処分本舗の宅配回収

Q.無料回収は怪しそう……
A.確かに、地域を巡回しているような無料廃品回収車は不法営業していることが多く、なるべく利用しないほうがよいでしょう。また、営業許可証・古物商許可などを受けていない業者もさけてください。連絡先が携帯電話だけだったり、営業所の所在地がマンションの一室だったりする業者も要注意ですので、一旦ネットなどでバックグラウンドを確認したほうが安全です。
パソコン処分本舗では、無料で回収した家電をリサイクル・修理したりして再販売することで利益を得ています。弊社にもメリットのある回収方法ですので、安心してご利用ください。

Q.ミシンを修理に出すか買い替えるか悩んでいます。
A.前述のとおり、定価が10万円くらいのミシンなら修理して使ったほうがよいでしょう。また、ミシンの修理は修理師の腕によるところが大きいので「直せません」と言われたミシンでも別の店舗なら直せることがあります。ただし、メーカーに交換部品がないと言われてしまった場合は、どの店舗へ相談しても同じですので買い替えを検討したほうがよいでしょう。

Q.ミシンを長く使うには?
A.ミシンの注油・お手入れと保管場所が重要です。初めて使う場合は、窯に注油をしましょう。毎回使用する前に1滴たらしてください。使用後はホコリや余分な糸を拭き取り、下窯にたまった糸は定期的に掃除しましょう。また、湿度の高すぎる場所や、直射日光・高温になる場所に保管するのもさけてください。使わないときは専用のカバーをして保管します。こまめに使うのもミシンを長持ちさせるコツです。

まとめ

ミシンの買い替えや処分方法などについてご説明しました。高いミシンは修理することで長く使うことができますが、安いミシンやコンパクトミシンは買い替えが必要なこともあります。ご自身の使用頻度やミシンの使い方を考慮して、ミシンを買い替えるか検討するとよいでしょう。また、古いミシンの処分についても、楽でお得な方法を選べるように、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。