寿命!? ガスコンロの買い替え前に知っておくべき処分方法・故障のサイン

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

日々の調理で欠かすことのできないガスコンロですが、寿命や故障によって使えなくなると困ってしまいますよね。また、古いタイプのガスコンロを使っている方は、新しいものに買い替えて安全面や機能面を向上したいと思うこともあるでしょう。そこで今回は、ガスコンロの寿命や故障のサイン・古いガスコンロの処分方法などをご紹介します。

  1. ガスコンロの寿命について
  2. ガスコンロの寿命や故障の前兆・サインについて
  3. 古いガスコンロの処分方法
  4. よくある質問
  5. まとめ

ガスコンロの寿命について知りたい方・ガスコンロの買い替えを検討している方にぴったりの内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。


1.ガスコンロの寿命について

1-1.ガスコンロとは

ガスコンロとは、ガスを使用する調理器具のことをいいます。家庭の台所にある複数のガスコンロが並んでいる台が「ガステーブル」です。台とコンロが一体化している組み込み型のものは「ビルトイン(コンロ)」と呼ばれています。また、ガスボンベなどを使用するカセット式のコンロは「カセットコンロ」です。

1-2.ガスコンロの寿命とは

一般的なガスコンロ・ビルトインコンロの寿命は10年~15年とされています。ビルトインコンロは組み込み型となっているため、故障したガスコンロ一つだけを交換することはできません。一つのガスコンロが故障したら、全体を点検してもらう必要があるでしょう。カセットコンロは、使用頻度が大きく異なるので、一概に寿命が何年とはいえませんが、メーカーは10年を目安に買い替えることを推奨しています。ただし、年数にかかわらず、サビついたカセットボンベは使用しないでください。破損やガス漏れなどのおそれがあります。

1-3.寿命に差が出る要因とは

ガスコンロは、使用状況によって寿命が前後します。料理中についてしまった焦げ付きや吹きこぼれを放置しておくと、ガスが出る穴がつまって故障の原因になってしまうのです。調理の後にはガス台をさっと掃除するようにすると、ガスコンロを長く使うことができるでしょう。また、ゴトクや焼き網、その他のパーツなどは、メーカーによって別売りしていることもあります。2,3年おきくらいに買い替えると、ガスコンロ全体の寿命を延ばせるでしょう。

12