寿命!? ガスコンロの買い替え前に知っておくべき処分方法・故障のサイン

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

日々の調理で欠かすことのできないガスコンロですが、寿命や故障によって使えなくなると困ってしまいますよね。また、古いタイプのガスコンロを使っている方は、新しいものに買い替えて安全面や機能面を向上したいと思うこともあるでしょう。そこで今回は、ガスコンロの寿命や故障のサイン・古いガスコンロの処分方法などをご紹介します。

  1. ガスコンロの寿命について
  2. ガスコンロの寿命や故障の前兆・サインについて
  3. 古いガスコンロの処分方法
  4. よくある質問
  5. まとめ

ガスコンロの寿命について知りたい方・ガスコンロの買い替えを検討している方にぴったりの内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。


1.ガスコンロの寿命について

1-1.ガスコンロとは

ガスコンロとは、ガスを使用する調理器具のことをいいます。家庭の台所にある複数のガスコンロが並んでいる台が「ガステーブル」です。台とコンロが一体化している組み込み型のものは「ビルトイン(コンロ)」と呼ばれています。また、ガスボンベなどを使用するカセット式のコンロは「カセットコンロ」です。

1-2.ガスコンロの寿命とは

一般的なガスコンロ・ビルトインコンロの寿命は10年~15年とされています。ビルトインコンロは組み込み型となっているため、故障したガスコンロ一つだけを交換することはできません。一つのガスコンロが故障したら、全体を点検してもらう必要があるでしょう。カセットコンロは、使用頻度が大きく異なるので、一概に寿命が何年とはいえませんが、メーカーは10年を目安に買い替えることを推奨しています。ただし、年数にかかわらず、サビついたカセットボンベは使用しないでください。破損やガス漏れなどのおそれがあります。

1-3.寿命に差が出る要因とは

ガスコンロは、使用状況によって寿命が前後します。料理中についてしまった焦げ付きや吹きこぼれを放置しておくと、ガスが出る穴がつまって故障の原因になってしまうのです。調理の後にはガス台をさっと掃除するようにすると、ガスコンロを長く使うことができるでしょう。また、ゴトクや焼き網、その他のパーツなどは、メーカーによって別売りしていることもあります。2,3年おきくらいに買い替えると、ガスコンロ全体の寿命を延ばせるでしょう。

2.ガスコンロの寿命や故障の前兆・サインについて

2-1.寿命が近づいたサインとは?

寿命が近づいたガスコンロには、以下のような特徴があります。

  • 着火しにくい
  • 火がすぐに消える
  • 火力調整ができない
  • 異臭がする←すぐに点検が必要

2-2.古いコンロのリスク

古いコンロを使い続けていると、酸素の供給不足による不完全燃焼となり、一酸化中毒などの危険性があるのです。また、2008年以前のガスコンロは、安全装置(調理油過熱防止装置・立ち消え安全装置・消し忘れ消火機能)がついていないことがあります。安全面を考慮すると、買い替えたほうがいいでしょう。

2-3.買い替えの目安

上記でご紹介したような古いコンロや、購入後10年近くたっているコンロは、買い替えをおすすめします。購入して1~5年程度の新しいものは、専門の業者に点検や修理を依頼したほうがお得でしょう。

2-4.注意点

ガスコンロの電池切れにより着火しないこともあります。ガスコンロの電池は、ガスパネルの全面に設置されているので、チェックしてみましょう。電池の寿命が来る前に、ランプが点滅して教えてくれるタイプのものもあります。電池の交換目安は半年~1年です。

3.古いガスコンロの処分方法

ガスコンロを処分するための方法や、メリット・デメリットなどをご説明します。

3-1.自治体による処分

ガスコンロは粗大ゴミとして自治体回収に出せます。処分費用は300円~1,000円程度です。

  • 粗大ゴミ申請をおこなう(電話・HPなど)
  • 粗大ゴミ処理券・シールを購入する
  • 回収日に、指定の回収場所までガスコンロを持って行く

自治体によっては、小さい(30cm以下など)ガスコンロなら不燃ゴミで出していいところもあれば、大きさにかかわらず一律粗大ゴミとなるところもあります。お住まいの地域の分別をチェックしておきましょう。

3-2.販売店での引き取り

ガスコンロの販売店では、新規購入時に古いガスコンロの下取りや引き取りをおこなっているところがあります。新しいガスコンロを店舗で購入する際は、引き取りの有無を確認しておきましょう。ガスコンロを無料で処分できるチャンスがあるかもしれません。

3-3.リサイクルショップ

一部のリサイクルショップでは、ガスコンロの買い取りをおこなっているところがあります。製造から5年以内くらいの新しいもの・まだ使用できるものは買い取りのチャンスがあるのです。ただし、故障したガスコンロや古いもの・汚れがひどいものなどは、買い取りが難しいでしょう。

3-4.不用品回収業者

不用品回収業者は、ガスコンロの故障や使用年数を不問で回収してくれます。回収料金が発生するため、粗大ゴミ回収より高くつくことがあるので注意しましょう。他にもまとめて不用品を処分したい場合や、ガスコンロやガステーブルを自分で回収所やリサイクルショップまで持って行くのが面倒な場合には業者を利用するとよいでしょう。

4.よくある質問

Q.とにかく安くガスコンロやガステーブルを処分したいのですが
A.パソコン処分本舗では、パソコン・液晶モニター・ゲーム機など、指定の品目と同こんしていただくことで、ガステーブルを始めさまざまな家電類を無料回収することが可能です(※)。無料のお問い合わせフォームよりご相談ください。

  • ※3辺計160cm以下の段ボール箱
  • ※送料無料は佐川急便・ゆうパックのみ

Q.無料の廃品回収車は利用して大丈夫?
A.違法営業をしている悪質な業者の可能性があります。怪しいと思った業者は、資格(古物商許可など)や営業所など、身元の確認をおこないましょう。

Q.ビルトインコンロに買い替えるメリットは?
A.掃除のしやすさ・機能性・見た目のオシャレさなどさまざまなメリットがあります。掃除をしやすい設計のため、コンロの寿命を長くキープすることもできるでしょう。また、各種安全装置がついていれば、不測の事態が起きても安心です。

Q.職場・店舗のガスコンロはどのように処分したらよいでしょうか?
A.企業や飲食店などから出るゴミや不用品は、産業廃棄物として取り扱われます。自治体などの一般的なゴミ捨てができません。企業や飲食店などを対象とした、産業廃棄物を取り扱える回収業者に依頼しましょう。

5.まとめ

ガスコンロの寿命や処分方法などについてご紹介しました。古いガスコンロを使い続ける危険性や、各処分方法のメリット・デメリットなどがお分かりいただけたかと思います。ガスコンロを交換しようと思ったら、今回ご紹介した内容を思い出してみてください。よりお得に楽に処分することができるでしょう。