故障!? 加湿器を廃棄する前に知っておきたいお得で賢い処分方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちを冬の乾燥から守り、生活環境を快適にしてくれるのが加湿器です。しかし、加湿器が壊れてしまったり、引っ越しなどで不要になった際に困るのが、その処分方法でしょう。大きくて重い加湿器はどのように処分したらいいのか? 加湿器は何ゴミ? など、疑問に思っている方も少なくありません。そこで今回は、加湿器の処分方法について、それぞれメリット・デメリットや、ポイントなどをまとめました。

  1. 加湿器を捨てる・処分するには?
  2. 小型家電リサイクル法と加湿器
  3. 加湿器を自治体回収で処分する
  4. 加湿器を下取りに出す
  5. 加湿器をリセールに出す
  6. 加湿器の処分を回収業者に頼む
  7. 加湿器の処分についてよくある質問
  8. まとめ

加湿器を処分したい方や、処分する方法について知りたい方はぜひ最後まで読んでみてください。よりお得で楽な加湿器の処分方法についてよく分かるはずです。


1.加湿器を捨てる・処分するには?

1-1.加湿器について

冬の乾燥は、肌や鼻・喉に不快感を与えたり、呼吸器に悪影響を及ぼしたりします。湿度が低すぎると、風邪やインフルエンザの菌が活動しやすくなってしまうのです。加湿器を使うことで、部屋の湿度を上げることができます。暖房による乾燥を防ぐため、エアコンとセットで加湿器を使う方もいらっしゃるでしょう。

1-2.加湿器の種類

1-2-1.スチーム式(加熱式)加湿器

加湿器と言えばこのタイプを想像する方が多いでしょう。熱で水を温めて蒸発させることで湿度を上げます。やかんのお湯をわかすようなイメージです。最近ではペットボトルに差して使う小型の加湿器にも人気があります。

1-2-2.超音波式加湿器

水を超音波で微粒子状にして、室内に散布するタイプの加湿器です。インテリア性の高いものや、小型のものが多くなっています。水を熱さずに散布するため、日ごろの手入れなど、衛生面での注意が特に必要です。

1-2-3.気化式加湿器

ヒーターレスとも言われるタイプの加湿器です。水分を含んだフィルターを、ファンによって気化させることで室内の湿度を上げます。部屋に濡(ぬ)れタオルを干しておくようなイメージです。比較的静かで、夜間の使用でも音が気にならない一方、水分の気化によって室温が下がってしまうこともあります。

1-3.加湿器の寿命について

加湿器の寿命は約5年です。フィルターやタンク・ファンなどのお手入れをしっかりしていれば、寿命が来るまでしっかり使えることが多いでしょう。当然、使用回数や使用状況によっても寿命は前後します。加湿器に異常が出た際は、保証期限内なら修理に出し、期限が切れていれば買い換えた方がお得になりやすいでしょう。

1-4.加湿器は何ゴミ?

加湿器は、環境省により、小型家電リサイクル法の対象品目として指定されています。小型家電の収集方法や処分方法は、自治体に委ねられているため、ゴミとして処分する場合は、お住まいの自治体のルールに従う必要があるでしょう。加湿器は、粗大ゴミとして扱われているところがほとんどです。地域やサイズによっては不燃ゴミで処分できることもあります。自治体のHPや電話などで、加湿器が何ゴミに指定されているか確認すると、より確実でしょう。