法人のPCの廃棄はお任せ! パソコンをお得に処分するコツを伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

法人では、業務用に多数のPC(パソコン)を使用しています。PCがあることで、さまざまな業務もスムーズに進めることができるのです。複雑な処理も簡単な操作で正確に行えるようになったのは、大きなメリットと言えるでしょう。PCには寿命があるため、定期的に処分して新しいものを導入する必要があります。そこで、今回は、法人PCの処分についてお得な方法を含め、詳しく解説しましょう。

  1. 法人のPC(パソコン)廃棄について
  2. 法人のPC廃棄方法
  3. 法人のPC廃棄:データ消去について
  4. 法人のPC廃棄:業者に依頼する場合
  5. 法人のPC廃棄に関するよくある質問

この記事を読むことで、法人のPC処分に関する正しい知識が身につき、適切でお得な方法で処分することができるようになります。まずは、じっくり読んでみてください。


1.法人のPC(パソコン)廃棄について

最初に、法人のPC(パソコン)廃棄について詳しく解説します。パソコン3R増進協会についても理解しておきましょう。

1-1.法人のPC(パソコン)について

法人のPC(パソコン)は、事業活動に使われているものとなります。廃棄する場合は、産業廃棄物扱いです。従って、自治体の回収を利用することはできず、産業廃棄物収集運搬許可を得た専門業者などに依頼して処分することになります。また、PCは「PCリサイクル法」の対象であるため、適切にリサイクルすることを前提に処分を進めましょう。違反すると5年以下の懲役もしくは 1,000万円以下の罰金または両方が科せられることがあるので注意してください。

1-2.パソコン3R推進協会について

パソコン3R推進協会とは、PCとPC用のモニターの3R(リユース・リデュース・リサイクル)を推し進めている団体です。PCは、PCリサイクル法(資源の有効な利用の促進に関する法律)によってメーカーが責任を持って回収・資源リサイクルに回す義務があります。一般家庭・法人で使用したPCはすべて、回収の対象です。現在、国内でPCおよびPC用モニターを生産・販売を行っている50社が会員になっています。

2.法人のPC廃棄方法

法人のPC廃棄方法について、詳しく解説します。適切な処分方法を選ぶために参考にしてください。

2-1.どんな廃棄方法があるか

法人のPCの廃棄方法について、主なものを詳しく解説します。それぞれの料金やメリット・デメリットも理解してください。

2-1-1.メーカーに回収依頼をする

不要になったPCは、メーカーに回収してもらうことができます。PCリサイクルマークがあるものは無料・ないものは有料となり、1台につき数千円の回収費用が必要です。

  • メリット:メーカーに依頼するので確実で安心・PCリサイクルマークがあるものは無料
  • デメリット:回収手続きが面倒・処分完了までに2週間程度かかる・PCリサイクルマークがないものは有料

2-1-2.リサイクルショップに売却する

法人のPCでも、機能などに問題がなく再利用できるものは、リサイクルショップに売却することもできます。中古品としての需要があるとの査定が出た場合、買い取ってもらえるのです。なお、査定を受けるためには、業者の店頭に持ち込む必要があります。

  • メリット:買い取りできる場合はお金が手に入る・中古品としてリサイクルできる
  • デメリット:必ずしも買い取りできるわけではない・買い取りできない場合は処分だけを依頼することもできない・業者の店頭に持ち込むのが面倒

2-1-3.不用品回収業者に依頼する

法人のPCを廃棄するときは、不用品回収業者を利用すると便利です。不要品回収業者では、法人から回収したPCを、中古品として再販または資源リサイクルに回します。回収料金は、有料の場合で1台につき数千円程度です。無料回収している業者もあるので、上手に利用してください。

  • メリット:回収の手間がかからない・無料回収業者を選ぶとコストを節約できる
  • デメリット:基本的には回収費用がかかる・悪徳業者が混ざっている

2-2.廃棄方法に関する注意点

法人のPC廃棄は、費用と手間ができるだけかからない方法で、かつ、情報流出がないものを選ぶべきです。自分たちだけで廃棄しようとしても、手間がかかりすぎるようでは本業に支障が出ることでしょう。通常業務に負担をかけず、楽でお得な方法を探すことが大切です。

3.法人のPC廃棄:データ消去について

法人のPC廃棄では、データ消去が重要です。必要性や消去方法・データ消去証明書など詳しく解説します。

3-1.データ消去の必要性

法人で業務用に使っていたPCには、企業の機密データが多く記録されています。廃棄するときには、必ずデータ消去を行うことを忘れないようにしましょう。データを残したまま廃棄処分した場合、悪意の第三者が不正にデータを取り出す可能性があります。社内秘の情報だけでなく、顧客データが流出することは信頼を失うことになるので注意しましょう。

3-2.データ消去の方法

PCのデータを消去するには、自分で消去する方法と業者に依頼する方法の2つがあります。それぞれ、具体的な方法を含め、解説しましょう。

3-2-1.自分で消去する

フリーソフトなどを使って、自分でPCのデータを消去することができます。PCに詳しく、消去作業が負担にならない場合に考えてみましょう。なお、HDD(ハードディスクドライブ)を取り出して物理的に破壊する方法でも、データの取り出しが不可になります。ただし、中古品として買い取りを依頼する場合はやめておいたほうがいいでしょう。取り出す際にケガをする危険もあるため、おすすめしません。

3-2-2.業者に依頼する

PCのデータ消去は、業者に依頼すると楽で確実です。業者では、専門機器を使用して確実にデータ消去を進めてくれます。台数が多いときや、自分で消去できない・時間がないなどのときにも便利です。ただし、信頼できる業者を選んで依頼しましょう。費用は、業者によって有料だったり無料だったりするため、事前に確認してから依頼してください。

3-3.データ消去証明書とは

業者にPCのデータ消去を依頼した場合、消去日付・方法・HDDの型番・シリアルナンバーなどを詳しく記載した「データ消去証明書」を発行してもらうと安心です。通常、1通発行ごとに1,000~2,000円程度の費用がかかります。なお、当パソコン処分本舗では、法人PCの「データ消去証明書」の発行を無料で発行していますのでぜひご利用ください。PC廃棄にかかわる経費を節約できてお得です。

3-4.データ消去に関する注意点

データ消去をする前に、重要なデータは必ずバックアップを取っておきましょう。1回消してしまうとデータの復活は難しくなります。バックアップ先には、外部記憶装置やオンラインストレージなど、容量に余裕のあるところを選びましょう。なお、普段からこまめにバックアップを取っておくとより安心です。

4.法人のPC廃棄:業者に依頼する場合

法人のPC廃棄は、専門業者に依頼すると確実で楽です。業者選びのコツや回収方法など、具体的に解説します。

4-1.法人のPC廃棄を依頼するための業者選び

法人のPC廃棄は、特に業者選びに気をつける必要があります。情報流出を避けるためにも、以下のポイントに従って信頼できる業者を選んでください。

  • 法人のPC廃棄で豊富な実績がある
  • 回収したPCは積極的に再販・資源リサイクルを行っている
  • 作業見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • 指定の日時・場所で回収してもらえる
  • 問い合わせに対する回答が的確で親切
  • 利用者からの評判が厚い
  • 高品質なデータ消去サービスを行っている
  • 古物商許可などを得て正式に業務を行っている

なお、当パソコン処分本舗でも、法人のPC廃棄・処分をお受けしています。機密書類溶解処理2箱まで無料・大量回収なら即日対応も可能など、便利でお得ですからぜひご利用ください。

4-2.業者に依頼した場合の回収方法

法人PCの廃棄を業者に依頼した場合は、台数が多いため、出張回収を利用することになるでしょう。出張回収とは、依頼者が指定した日時・場所において業者が直接回収する方法です。出張回収には、さまざまなメリットがあります。計画的に廃棄作業を進めることができるだけでなく、自分たちで運ぶ手間がかからないのでとても楽です。

4-3.無料回収の場合

法人のPCを無料回収している業者がいます。無料回収を利用できれば経費が削減できるので法人としても、助かることでしょう。業者は、無料で回収しても状態のいいものは再販・故障などで使えないものでも資源リサイクルに回すことで利益を得ることができます。無料回収は、業者と依頼者の両方にメリットがあるのです。ただし、無料回収している業者でも、回収したPCを不法廃棄する・回収費用以外の名目で料金を取ろうとするなどの悪徳業者もいるので注意してください。

4-4.回収費用について

法人のPCを廃棄する場合は、回収費用が最も気になるところでしょう。特に、数十~数百台の大量のPCを処分するときは、大きな差になるものです。予算を抑えたいとき・予算が限られているときは、できるだけ低料金で回収してくれるところを優先しましょう。無料回収しているところの中で、信頼できる業者に依頼するのがベストです。

4-5.業者に回収を依頼する方法

業者にPCの廃棄を依頼する場合は、最初に見積もりを依頼しましょう。業者では、依頼に従って作業見積もりを出します。親切な業者なら、問い合わせ方法を複数用意しているものです。電話・FAX・問い合わせフォームなどの中から、都合のいい方法で連絡しましょう。見積もりは、通常2営業日程度で送られてきます。内容をチェックし、日時・費用・回収方法などに問題がなければ正式に契約してください。

4-6.業者選びの注意点

法人の業務用PCの処分は、信頼度第一で業者を選ぶことが大切です。悪徳業者の手に渡ると、不正に転売したり不法廃棄したりなど、多くのトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。自分でデータ消去をした状態であっても、油断はできません。廃棄を急ぐときほど悪徳業者の甘い言葉に惑うので気をつけましょう。

5.法人のPC廃棄に関するよくある質問

最後に、法人のPC廃棄に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、処分に関する不安を解消しておきましょう。

5-1.業者が回収したPCからデータ流出した場合は補償や責任を問えますか?

データ流出の原因が、業者の手に渡った後で、かつ、業者の落ち度によるものに限り、補償や責任を問うことができます。しかし、情報の流出先を断定することが前提です。補償や責任を問う場合は、客観的な証拠が必要となります。単なる憶測で業者の責任にしてはいけません。

5-2.法人のPCならどんなものでも回収してもらえるのでしょうか?

たとえば、盗難の疑いのあるものは、法人のPCでも回収を拒否される場合があります。また、業者によってはCRTモニターやCRTモニター一体型PCの回収をしていないこともあるので気をつけましょう。どんなPCが回収できないかについては、業者に確認しておくことが大切です。

5-3.故障したPCのデータ消去も依頼できますか?

故障したPCであっても、物理的にHDDを破壊する方法でデータ消去をすることができます。故障したものでも万が一のために、きちんとデータ消去をしておきましょう。なお、データ消去が確実に行われたことを確認するために、データ消去証明書を発行してもらうと安心です。

5-4.法人のPCは付属品なども同時に処分依頼できますか?

同時に処分依頼をすれば、付属品なども廃棄してもらえます。法人のPCにも、インストールCD・ケーブル類・使用説明書などさまざまな付属品があるものです。1回に廃棄できれば、楽ですからぜひ依頼しましょう。なお、買い取りを希望しなければ付属品に欠品があっても構いません。

5-5.業者が回収したPCを返却してもらうことは可能ですか?

基本的には、返却はできないものと考えてください。業者では、法人からPCを回収した後、ただちに再販・資源リサイクルに回す場合があります。すでに作業に入っている場合は、物理的に不可能です。しかし、タイミングや契約内容によってはPCの返却が可能な場合もあるので業者に問い合わせてみましょう。なお、返却に伴う車両手配代などは、依頼者負担となるので覚えておいてください。

まとめ

今回は、法人の業務用PCの処分について詳しく解説しました。法人では数年に1回のタイミングで大量にPCを廃棄することになるはずです。PCの廃棄は、内部データの消去を忘れずに行ってください。情報流出を避けるためには、確実にデータ消去をしてから廃棄しましょう。なお、信頼できる業者にデータ消去を依頼することもできます。確実に消去したことを示すために「データ消去証明書」を発行してもらうと安心です。なお、法人では不要となったPCは、適切に処分することで資源リサイクルに役立ちます。業者が回収したPCをきちんと処分していることを確認してから依頼しましょう。