捨て方に注意! PCパーツの処分方法と買い取ってもらう方法

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

生活必需品となったパソコン。毎年新しいモデルに併せてPCパーツも販売しています。パソコンやPCパーツを買い替えるとき、いらなくなったPCパーツの捨て方を知らないとたまる一方です。
そこで、記事にてPCパーツの処分方法をチェックしておきましょう。

  1. PCパーツは何ごみになるのか
  2. PCパーツの処分方法
  3. PCパーツは買い取ってもらえないのか
  4. PCパーツを処分するときの注意点
  5. まとめ

1.PCパーツは何ごみになるのか

1-1.PCパーツとは

まず、PCパーツにはどのようなものが含まれるのか確認します。

  • CPU…パソコン内にある部品で、計算や情報処理をするパーツです。熱を持つため排熱ファンが一緒に組み込まれています。情報処理だけのためデータや個人情報は残りません。
  • メモリ…パソコン内で作られた情報を一時的に保存する場所です。パソコンの電源を切るとメモリ内のデータは消えます。パソコン内にあるのが特徴です。
  • ハードディスク…パソコン内にて、ずっと情報を保存する場所です。このハードディスクがないとパソコンとして機能しません。ハードディスクを処分する場合は、個人情報が読み取られないように処理する必要があります。
  • マザーボード…マザーボードとは、電子回路基板のことです。いろいろな電子部品を接続することでパソコンを動かす役割をしています。マザーボードの中には個人情報は含まれません。
  • ビデオカード…ビデオカードとは、映像をモニターに表示するためのパーツです。パソコンにビデオカードが含まれているときは、パソコンを処分するとき一緒に破棄します。
  • ドライヴ…ドライヴは、パソコンにてDVDやCDを再生するときに使う機械です。基本的には、パソコンに付属しています、外付けのドライヴは買い取りの対象になります。
  • PCケース…PCケースとは、デスクトップパソコンの外枠のことです。プラスチックやアルミ製が主となっています。PCケースからパーツを除けば、PCリサイクル法の対象にならず一般ごみとして捨てることができます。
  • 電源…電源ユニットは、パソコンが正常に動くように電気をコントロールする場所です。パーツ自体を処分するときは、買い取りも行っています。売値が付かないときは、自治体にごみとして出すことができます。
  • マウス・キーボード…パソコンを操作するための装置です。マウスはパソコンの付属品のため、不燃ごみなどで処分できます。パソコンの付属品であれば、メーカーやパソコン処分業者が一緒に処分してくれます。
  • ソフトウェア…ソフトフェアとは、パソコンを動かすためのデータが入っているものです。ほかにはウイルス対策ソフトや、リカバリーソフトもあります。ソフトウェアは、可燃ごみとして処理して大丈夫です。また、高価なソフトであればパソコンショップにて売ることもできます。
  • プロダクトキー…プロダクトキーとは、パソコンにてソフトフェアを正常に起動するために必要な登録コードです。パソコンにインストールしてあるソフトウェアは、手続きに沿って解除しないと別のパソコンで使えません。解除手続きをした後ならば、プロダクトキーが書いてある紙は処分して大丈夫です。
  • スピーカー…パソコンにつなげて使うスピーカーです。基本的には、パソコンに内蔵してあります。外付けのスピーカーは、業者やメーカーに処分してもらうか自治体のごみとして出すので大丈夫です。

以上のものは、PCパーツです。事前に確認しておきましょう。

1-2.PCパーツは何ごみになる?

PCパーツは、パソコンを分解して各パーツにすれば自治体にごみとして出せます。基本的には、不燃ごみとして処理するのを知っておきましょう。
しかし、PCパーツはパソコン専門店などで買い取ってもらえます。パソコンを処分する前に解体して依頼してみるのもいいでしょう。

1-3.パソコンは勝手に捨てられない?

パソコンを処分するときは、PCリサイクル法という法律に従う必要があります。
PCリサイクル法とは、パソコンに含まれているパーツをリサイクルするために作られた法律です。パソコンを処分するためには「リサイクル費」を支払ってメーカー・家電店などに引き取ってもらう必要があります。
しかし、自分でパーツに分解して処分・売却を行えばリサイクル費を支払う必要はありません。パーツで売るのは非常にメリットがある方法と言えるでしょう。

12