シンプルライフを目指して片付けよう! 考え方や実践方法を覚えよう

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ものがあふれている現代では、ものを抱え込んで捨てることができないまま、収納がぎゅうぎゅうに圧迫されているという光景をよく見かけます。ものに執着する暮らしは、生活環境の悪化だけではなく、精神面にも悪影響を及ぼすため、断捨離などを実行し、シンプルな暮らしを送ることが理想です。シンプルライフにはさまざまなメリットがあります。本記事を参考に、シンプルライフを始める準備をしましょう。

  1. シンプルライフとは?
  2. シンプルライフの魅力・メリット
  3. シンプルライフの方法
  4. シンプルライフでよくある質問

この記事を読むことで、シンプルライフについてよく分かります。部屋を整理整頓し、ものへの執着心を捨てることから始めましょう。シンプルライフを目指している方は必見です。


1. シンプルライフとは?

シンプルライフとはどのようなものを意味するのでしょうか? 最近の傾向などを交えてご紹介します。

1-1.シンプルライフとはどういうものか?

シンプルライフは、最近流行しているミニマリストと同義語のように捉えられています。しかし、実際は、似ているようで異なるものです。ミニマリストは、生き方自体をシンプルにするという意図があり、断捨離の対象が対人関係にまで及ぶのが特徴でしょう。一方、シンプルライフは暮らしを単純にするという意味で、ものを少なくすることでものの価値や存在を見出(いだ)していき、最終的に豊かな気持ちになれることを表す言葉です。

1-2.人気や最近の傾向について

既述したとおり、近年はミニマリストという生き方が注目されています。同じように、断捨離の実行やものの量を抑えた暮らし方も人気を集めているのです。不要なものを抱え込んでいては、負のオーラが漂い、自己管理ができないばかりか、思考まで混乱してしまうことが多いでしょう。断捨離ブームの沸騰とともに、思いきってものを処分し、限られたものを大切にして暮らすシンプルライフに目を向ける方が増えています。

2.シンプルライフの魅力・メリット

シンプルライフを送ることでどのようなメリットが生まれるのか、シンプルライフに向いている人などを覚えておきましょう。

2-1.魅力やメリットについて

シンプルライフは、断捨離を実行することから始まります。必要なものだけに絞り込むことで、ものの価値を改めて感じることができるでしょう。また、狭い家でも、広々と暮らす環境を生み出すことができるため、自分への自信にもつながります。ものに囲まれた根拠のない安心感から解放され、心身ともに自由になれるのもメリットです。家の中を整理整頓することで、収納や生活環境が改善されるとともに、頭の中もすっきりとします。普段、考えがまとまらない・落ち着かない・何がどこにあるのか把握できていないという方にこそ、シンプルライフはおすすめです。

2-2.向いている人・おすすめする人

ものを抱え込んでしまう癖がある人や、捨てることに罪悪感がある人ほど、ものがあふれかえってしまい、何かを探すのに無駄な時間を費やします。捨てるタイミングや捨てるべきものの判断がつかず、どこに置いたのかを忘れてしまうためです。1回断捨離を実行すれば、整理整頓された環境にすることができます。改めて、住みやすさや家の快適性を実感できるでしょう。家事に費やす時間も大幅に短縮できます。今まで無駄な時間を使ってものの管理をしていた方こそ、シンプルライフを目指してみてください。

3.シンプルライフの方法

シンプルライフを始めるためにはどうすべきか、より具体的な方法をご紹介します。

3-1.考え方の基本

シンプルライフの基本は、ものの優先順位を決めることがスタート地点になります。いつか使うだろうというものは、使わない可能性のほうが高いものです。思いきって処分し、必要最小限のものだけに限定して保管するようにしましょう。特に、洋服は気づくと増えてしまい、収納を圧迫する原因です。本なども読み終えたら処分する習慣を持ち、必要な本以外は、むやみに保管するのを避けてください。また、家の中は常にゆとりがある環境を意識し、収納などを目一杯使わないこともポイントです。また、買い置きは余計な出費となるものなので、なるべくしないようにしましょう。

3-2.まずどこから変えていくか?

シンプルライフを始めるには、まず生活の見直しをしましょう。ものを捨てることを最優先すると同時に、部屋の中にいろいろなものを置かない工夫も必要です。収納をむやみに増やさず、既存の収納スペースをうまく活用してください。収納はのルールやしまう容量を決めておくこともポイントです。

3-3.実践方法

何から手をつければいいか迷ったら、以下の方法を実践してみましょう。

3-3-1.断捨離

ものを捨てることにためらいを感じる方も多いでしょう。しかし、使わないものを持ち続けるほど、無駄なことはありません。収納にゆとりがなくなるばかりか、自己管理をすることが難しくなるからです。日常生活で必要なものだけに絞り、収納内の容量が8割程度で抑えることができるように心がけましょう。洋服はルーティーンを決めて着回し、1年以上着ていないものは処分してください。冷蔵庫の中も同様です。古い食品やいらない調味料などは、抱え込んでいても空間を圧迫するため、衛生面から考えても処分したほうがいいでしょう。

3-3-2.掃除

ものを処分しても、ものの定位置が決まっていないと、いつまでも片付けが進みません。また、ものが散らかっている環境では、掃除も思うように進まないでしょう。掃除しやすい環境作りは、整理整頓から始まります。掃除機かけも重要ですが、こまめに片付けを行い、出したら戻す習慣を持つようにしてください。ものを出しっぱなしにしないだけでも、快適な住環境を実現できるものです。きれいな部屋になることで、汚したくない・ものを置きたくないという心理が働くようになったら、シンプルライフの考え方が根付いていると考えていいでしょう。

3-3-3.生活

生活リズムや暮らし方に一貫性を持つだけで、生活の無駄を省くことができます。特に生活リズムは重要で、毎日同じスタイルで暮らせば、余計な買い物や衝動買いなどを防ぐことができるでしょう。生活環境をシンプルにすることも、シンプルライフでは基本となります。家具やファブリック類の色味を統一するなど、ごちゃごちゃした環境を改善するだけでも、スタイリッシュな部屋が実現するでしょう。シンプルな印象になれば、少し散らかっているだけでも目につきます。すぐに片付けようという意識が働くので、インテリアの見直しも取り入れてみてください。

3-3-4.節約

シンプルな暮らし方をするということは、生活の無駄を一切なくすということです。セールのときにまとめ買いしてしまう癖がある人は、買い置きするのをやめましょう。買い置きする癖をやめれば、浪費を防ぐきっかけになり、家計の節約につながります。書類や家計簿などのペーパーレス化も重要です。ペーパーレスは、収納をスリムにし、紙代を大幅に節約する方法となります。すぐに実践できるので、節約につなげてみましょう。

3-4.欲しいものがあったら考える時間を持つこと

衝動買いの癖がある方は、欲しいと思ったときに買うのを我慢し、考える時間を持つようにしましょう。本当に必要なものか、自分にとってどのくらい価値のある品なのかを熟慮してから購入することがポイントになります。衝動買いしようと思った品の多くは、日常生活の中でなくてもいいものばかりです。衝動買いを繰り返しては、無駄な出費もかさんでしまいます。買う前に落ち着いて考える時間を設けるようにしましょう。

4.シンプルライフでよくある質問

シンプルライフを目指している方は、質問集を参考にして始めてみてください。

Q.断捨離は1回実行するだけでいいのか?
A.シンプルライフを続けるためには、定期的にものの見直しをすることが大切です。シンプルライフを送っていても、知らぬ間にものは増えます。数か月おきにものを処分するようにしたら、シンプルな暮らしを維持し続けることができるでしょう。

Q.本や新聞の定期購入は続けるべきか?
A.毎日読む習慣がない場合は、新聞の契約を解除したほうがいいでしょう。本も同じです。定期購入を続けていると、本来読む必要のないときでも自動的に送られてきてしまいます。必要なときだけ購入し、読んだら処分するようにしましょう。

Q.シンプルライフを始めたら、貯蓄も殖えるものか?
A.シンプルライフは、ものに使う出費を抑えることができるため、貯蓄を殖やすことにつながります。今まで浪費していた方は、シンプルライフをきっかけに、将来への貯蓄を始めましょう。

Q.見える場所にものは置かないほうがいいのか?
A.すっきりした収納を目指すなら、目隠し収納を取り入れたほうがいいでしょう。しかし、頻繁に使うものは、出し入れが面倒に感じる場合もあります。よく使うものだけを取り出しやすい位置にし、ほかのものは目隠し収納する方法がおすすめです。

Q.シンプルライフを送るための秘訣(ひけつ)は?
A.シンプルライフを送る秘訣(ひけつ)は、ものの定数を決めることです。新しくものを購入したら、古いものを処分するようにし、ものを増やさない努力を続けましょう。

まとめ

いかがでしたか? シンプルライフとは、ものに縛られることなく、最小限のものに価値を見出(いだ)し、無駄を省いた生き方をすることです。断捨離を行い、ものを思いきって処分することから始めましょう。ものの定数やしまう場所を決め、増やさない努力が必要です。シンプルライフを始めたら、思考が複雑になることがなくなり、自己管理能力も飛躍的にアップします。シンプルライフを目指し、家の中を整理しましょう。

1. シンプルライフとは?

シンプルライフとはどのようなものを意味するのでしょうか? 最近の傾向などを交えてご紹介します。

1-1.シンプルライフとはどういうものか?

シンプルライフは、最近流行しているミニマリストと同義語のように捉えられています。しかし、実際は、似ているようで異なるものです。ミニマリストは、生き方自体をシンプルにするという意図があり、断捨離の対象が対人関係にまで及ぶのが特徴でしょう。一方、シンプルライフは暮らしを単純にするという意味で、ものを少なくすることでものの価値や存在を見出(いだ)していき、最終的に豊かな気持ちになれることを表す言葉です。

1-2.人気や最近の傾向について

既述したとおり、近年はミニマリストという生き方が注目されています。同じように、断捨離の実行やものの量を抑えた暮らし方も人気を集めているのです。不要なものを抱え込んでいては、負のオーラが漂い、自己管理ができないばかりか、思考まで混乱してしまうことが多いでしょう。断捨離ブームの沸騰とともに、思いきってものを処分し、限られたものを大切にして暮らすシンプルライフに目を向ける方が増えています。

2.シンプルライフの魅力・メリット

シンプルライフを送ることでどのようなメリットが生まれるのか、シンプルライフに向いている人などを覚えておきましょう。

2-1.魅力やメリットについて

シンプルライフは、断捨離を実行することから始まります。必要なものだけに絞り込むことで、ものの価値を改めて感じることができるでしょう。また、狭い家でも、広々と暮らす環境を生み出すことができるため、自分への自信にもつながります。ものに囲まれた根拠のない安心感から解放され、心身ともに自由になれるのもメリットです。家の中を整理整頓することで、収納や生活環境が改善されるとともに、頭の中もすっきりとします。普段、考えがまとまらない・落ち着かない・何がどこにあるのか把握できていないという方にこそ、シンプルライフはおすすめです。

2-2.向いている人・おすすめする人

ものを抱え込んでしまう癖がある人や、捨てることに罪悪感がある人ほど、ものがあふれかえってしまい、何かを探すのに無駄な時間を費やします。捨てるタイミングや捨てるべきものの判断がつかず、どこに置いたのかを忘れてしまうためです。1回断捨離を実行すれば、整理整頓された環境にすることができます。改めて、住みやすさや家の快適性を実感できるでしょう。家事に費やす時間も大幅に短縮できます。今まで無駄な時間を使ってものの管理をしていた方こそ、シンプルライフを目指してみてください。

3.シンプルライフの方法

シンプルライフを始めるためにはどうすべきか、より具体的な方法をご紹介します。

3-1.考え方の基本

シンプルライフの基本は、ものの優先順位を決めることがスタート地点になります。いつか使うだろうというものは、使わない可能性のほうが高いものです。思いきって処分し、必要最小限のものだけに限定して保管するようにしましょう。特に、洋服は気づくと増えてしまい、収納を圧迫する原因です。本なども読み終えたら処分する習慣を持ち、必要な本以外は、むやみに保管するのを避けてください。また、家の中は常にゆとりがある環境を意識し、収納などを目一杯使わないこともポイントです。また、買い置きは余計な出費となるものなので、なるべくしないようにしましょう。

3-2.まずどこから変えていくか?

シンプルライフを始めるには、まず生活の見直しをしましょう。ものを捨てることを最優先すると同時に、部屋の中にいろいろなものを置かない工夫も必要です。収納をむやみに増やさず、既存の収納スペースをうまく活用してください。収納はのルールやしまう容量を決めておくこともポイントです。

3-3.実践方法

何から手をつければいいか迷ったら、以下の方法を実践してみましょう。

3-3-1.断捨離

ものを捨てることにためらいを感じる方も多いでしょう。しかし、使わないものを持ち続けるほど、無駄なことはありません。収納にゆとりがなくなるばかりか、自己管理をすることが難しくなるからです。日常生活で必要なものだけに絞り、収納内の容量が8割程度で抑えることができるように心がけましょう。洋服はルーティーンを決めて着回し、1年以上着ていないものは処分してください。冷蔵庫の中も同様です。古い食品やいらない調味料などは、抱え込んでいても空間を圧迫するため、衛生面から考えても処分したほうがいいでしょう。

3-3-2.掃除

ものを処分しても、ものの定位置が決まっていないと、いつまでも片付けが進みません。また、ものが散らかっている環境では、掃除も思うように進まないでしょう。掃除しやすい環境作りは、整理整頓から始まります。掃除機かけも重要ですが、こまめに片付けを行い、出したら戻す習慣を持つようにしてください。ものを出しっぱなしにしないだけでも、快適な住環境を実現できるものです。きれいな部屋になることで、汚したくない・ものを置きたくないという心理が働くようになったら、シンプルライフの考え方が根付いていると考えていいでしょう。

3-3-3.生活

生活リズムや暮らし方に一貫性を持つだけで、生活の無駄を省くことができます。特に生活リズムは重要で、毎日同じスタイルで暮らせば、余計な買い物や衝動買いなどを防ぐことができるでしょう。生活環境をシンプルにすることも、シンプルライフでは基本となります。家具やファブリック類の色味を統一するなど、ごちゃごちゃした環境を改善するだけでも、スタイリッシュな部屋が実現するでしょう。シンプルな印象になれば、少し散らかっているだけでも目につきます。すぐに片付けようという意識が働くので、インテリアの見直しも取り入れてみてください。

3-3-4.節約

シンプルな暮らし方をするということは、生活の無駄を一切なくすということです。セールのときにまとめ買いしてしまう癖がある人は、買い置きするのをやめましょう。買い置きする癖をやめれば、浪費を防ぐきっかけになり、家計の節約につながります。書類や家計簿などのペーパーレス化も重要です。ペーパーレスは、収納をスリムにし、紙代を大幅に節約する方法となります。すぐに実践できるので、節約につなげてみましょう。

3-4.欲しいものがあったら考える時間を持つこと

衝動買いの癖がある方は、欲しいと思ったときに買うのを我慢し、考える時間を持つようにしましょう。本当に必要なものか、自分にとってどのくらい価値のある品なのかを熟慮してから購入することがポイントになります。衝動買いしようと思った品の多くは、日常生活の中でなくてもいいものばかりです。衝動買いを繰り返しては、無駄な出費もかさんでしまいます。買う前に落ち着いて考える時間を設けるようにしましょう。

4.シンプルライフでよくある質問

シンプルライフを目指している方は、質問集を参考にして始めてみてください。

Q.断捨離は1回実行するだけでいいのか?
A.シンプルライフを続けるためには、定期的にものの見直しをすることが大切です。シンプルライフを送っていても、知らぬ間にものは増えます。数か月おきにものを処分するようにしたら、シンプルな暮らしを維持し続けることができるでしょう。

Q.本や新聞の定期購入は続けるべきか?
A.毎日読む習慣がない場合は、新聞の契約を解除したほうがいいでしょう。本も同じです。定期購入を続けていると、本来読む必要のないときでも自動的に送られてきてしまいます。必要なときだけ購入し、読んだら処分するようにしましょう。

Q.シンプルライフを始めたら、貯蓄も殖えるものか?
A.シンプルライフは、ものに使う出費を抑えることができるため、貯蓄を殖やすことにつながります。今まで浪費していた方は、シンプルライフをきっかけに、将来への貯蓄を始めましょう。

Q.見える場所にものは置かないほうがいいのか?
A.すっきりした収納を目指すなら、目隠し収納を取り入れたほうがいいでしょう。しかし、頻繁に使うものは、出し入れが面倒に感じる場合もあります。よく使うものだけを取り出しやすい位置にし、ほかのものは目隠し収納する方法がおすすめです。

Q.シンプルライフを送るための秘訣(ひけつ)は?
A.シンプルライフを送る秘訣(ひけつ)は、ものの定数を決めることです。新しくものを購入したら、古いものを処分するようにし、ものを増やさない努力を続けましょう。

まとめ

いかがでしたか? シンプルライフとは、ものに縛られることなく、最小限のものに価値を見出(いだ)し、無駄を省いた生き方をすることです。断捨離を行い、ものを思いきって処分することから始めましょう。ものの定数やしまう場所を決め、増やさない努力が必要です。シンプルライフを始めたら、思考が複雑になることがなくなり、自己管理能力も飛躍的にアップします。シンプルライフを目指し、家の中を整理しましょう。