スプレー缶の安全な捨て方と捨てるときの注意事項

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

毎日のゴミの中には、捨て方がわからず困るものがあります。そのひとつは、スプレー缶でしょう。分別をしっかりするとともに、安全でマナーを守った捨て方をしたいものです。特に中身がまだ残っているスプレーや未使用のスプレーには注意が必要でしょう。それでは、スプレー缶の捨て方と処理の注意点をご説明します。

  1. スプレー缶の捨て方
  2. ガスの抜き方と注意点
  3. 捨て方に困るものの処分方法

1.スプレー缶の捨て方

1-1.中身の確認が大切

スプレー缶は中身を使い切って処分しましょう。どのようなときも、処分前に中身を出しきるのが大前提です。なぜ、中身を出す必要があるのでしょう。理由は、処分のときに爆発の危険があるからです。ゴミ回収車両が収集する際に、圧力がかかり爆発がおきます。回収作業員がけがをする危険もあるのです。そのため、スプレー缶はしっかりした分類と適切な処理をしなければなりません。

1-2.穴を開けて処分する

多くの場合、スプレー缶の中身を出しきったあと、スプレー缶に穴を開けるのが基本です。中身を出しきらずに穴を開けると爆発の危険があるため注意してください。穴を開けるのに必要な道具は、大きめの釘(くぎ)とハンマー、またスプレーを固定する道具です。スプレーが動かないように固定し、スプレーの底に釘(くぎ)を当て、ハンマーで釘(くぎ)をさします。ひとつ穴が開けば十分です。すでに中身を出しきっているため、穴を開けるときの破裂音や中身の漏れはありません。自治体によってはスプレー缶の処分方法に特別の指針があります。底に穴を開けないで処分する方法を推奨している自治体もあるため、事前に確認しましょう。

1-3.きちんと分類して処分する

中身を取り出し、穴を開けたスプレー缶は、通常は「燃えないゴミ」として分類します。処理済みのスプレーは危険もないため、自治体のルールにそって処分するだけで完了です。とはいえ、自治体でスプレー缶を別にして、特別な回収日を設定している場合もあります。マンションなどのルールで、スプレー缶の回収を独自に行うケースもあるようです。それぞれのルールを確認して処分しましょう。

12