汚い家ともおさらば! ゴミ屋敷を掃除する方法とは

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

自分の家が汚れている。衣服が脱ぎ散らかしている上、床が見えないのは問題です。足の踏み場もない家は、一般的にゴミ屋敷と言います。
ゴミ屋敷になれば掃除も簡単には終わりません。そこで、ゴミ屋敷の掃除方法を知っておきましょう。
この記事では、ゴミ屋敷の掃除方法を中心にまとめました。

目次

  1. ゴミ屋敷になる原因
  2. ゴミ屋敷を掃除する方法
  3. ゴミを減らすポイント
  4. 不用品回収サービスを頼ってみるメリット
  5. まとめ

1.ゴミ屋敷になる原因

ゴミを捨てられない人は、心理的に問題があると言われています。そのため、気持ちの整理が必要です。そこで、ゴミ屋敷となってしまう心理について知っておきましょう。

1-1.「もったいない」が心を支配する

ものを捨てられない人の心は、「もったいない」という気持ちでいっぱいです。ものを捨てることに抵抗感があるため、部屋中がものでいっぱいになります。
特に、物事を先送りにする傾向がある人は注意しましょう。

  • 後で使うはず。
  • 今は使わないだけ。
  • まだ使える。

ゴミ屋敷となっている人は、理由を付けてものを捨てようとしません。その結果、役に立たないようなものや価値が無くなったもので溢(あふ)れてしまいます。

1-2.捨てる決心ができない

ゴミ屋敷になる人は、捨てる決心ができない人とも言えるのです。特に、思い出の品があったりするとどんどん溜(た)まります。
ものを捨てられない人は、ストレスが溜(た)まっている可能性もあるのです。私生活や仕事がしんどいともので埋める人もいる傾向があるので注意が必要となります。
自室の状態を見ると同時に生活を見直しましょう。生活の中にある問題を取り除くことが、ゴミ屋敷の解決となるのです。

1-3.ゴミのある状態が普通になっている

仕事などで部屋に帰る時間が無くなると自室に興味が無くなります。その結果、部屋が散らかっていくと思いましょう。
部屋が衣類などで散らかるだけならいいです。どんどんエスカレートしてゴミなどが散乱し始めるとアウトと思いましょう。床にものが散乱している状態は、部屋をゴミ箱にしか思っていない状態です。

12