電子レンジ処分方法まとめ!安く楽に捨てる?高く売る?損しない捨て方

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になった電子レンジを処分したい、と思っても正しい捨て方がわからなかったり、リサイクル法にとまどったり、という方は少なくありません。

古い電子レンジを使い続けると、電気代がかさんだり、食品がダメになったり、最悪の場合、ケガの元になってしまうこともあります。

この記事では、電子レンジの捨て方に悩んでいる方のために、粗大ゴミ・買い取り・回収業者など、さまざまな処分方法についてまとめました。

  1. 電子レンジの捨て方・廃棄・処分方法について
  2. 電子レンジのリサイクル処分にかかる料金
  3. 電子レンジの処分方法~下取り・引き取り編
  4. 電子レンジの処分方法~自治体回収編
  5. 電子レンジの処分方法~リサイクル・買い取り編
  6. 電子レンジの処分方法~回収業者編
  7. 電子レンジの処分について よくある質問
  8. まとめ

電子レンジを「さっさと処分したい」「少しでも安く捨てたい」「お金に変えたい」と思った方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

あなたのニーズにあった電子レンジの捨て方が見つかるはずです。


1.電子レンジの捨て方・廃棄・処分方法について

1-1.電子レンジは小型家電リサイクル法の対象品目

電子レンジは小型家電リサイクル法の対象家電となっています。

家電リサイクル法の対象家電は、リサイクル料金を支払い、回収センターや販売メーカーなどに引き取ってもらわなければなりません。

一方で、小型家電リサイクル法の家電は自治体・販売店などが用意しているリサイクルボックスに入れたり、粗大ゴミとして処分したりすることができます。ただし、販売店のリサイクルボックスには大きさの制限があり、電子レンジはほぼ投入不可です。

自治体が無料回収してくれるところもありますが、そうでない場合は粗大ゴミ・回収業者・下取り・買い取りなどの手段で処分する必要があります。

1-2.小型家電リサイクル法とは?

1-2-1.概要

平成25年より施行された法律で、家電内の有用な資源が廃棄されてしまうことを防ぐため、家電を回収しリサイクルに回す、という旨の法律です。

【小型家電リサイクル法 対象品目】

  • 電子レンジ
  • トースター
  • オーブン
  • 炊飯器
  • ミシン
  • パソコン
  • プリンター
  • 携帯電話
  • デジタルカメラ
  • デジタルオーディオプレーヤー
  • 他多数。

※テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4つは、家電リサイクル法の対象品目となり、リサイクル料金を支払って処分する必要があります。

1-2-2.目的

家電の再資源化を図ることで、資源不足の解消・ゴミ処理場の窮迫を防ぐことを目的としています。

1-2-3.必要性

日本国内での小型家電の年間廃棄量はおよそ65万トンと言われています。そのうち資源価値のある金属は金額にしておよそ850億円分です。

これらの資源をいたずらに廃棄しないためにも、小型家電リサイクル法にのっとって、家電を処分する必要があります。

1-3.電子レンジのリサイクルについて

壊れてしまった電子レンジでも、部品を取り換えることでリサイクルできる場合があります。また、完全に壊れてしまって廃棄するしかない電子レンジでも、金属・ガラス・銅線・変圧器などの再利用可能な資源が詰まっているため、解体・分解し必要な資源を抜き取ってリサイクルする方法もあるのです。