衝動買いがやめられない人へ!〜衝動買いのデメリットと抑えるコツ〜

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

やめなければ!…とわかっていても、つい衝動買いをするクセが治らないとお悩みの人は少なくないでしょう。衝動買いはお金がたまりません。モノがあふれて部屋が散らかるだけです。そこで、衝動買いを抑えられる方法をご紹介しましょう。

目次

  1. 衝動買いをする人の特徴
  2. 衝動買いのデメリット
  3. 衝動買いを抑える方法
  4. まとめ

1.騒動買いをする人の特徴

衝動買いは、お金の無駄使いになるし、モノも増える一方です。

けれども、「どうしても衝動買いが止められない」とお悩みの人は少なくありません。

ひとくちに衝動買いといっても、結果的にいい衝動買いとなる場合と、ただのお金の無駄使いとなり後悔だけが残る場合があります。

自分の趣味や仕事で必要なモノを衝動的にフンパツして購入した場合、有効に利用できれば後悔はないでしょう。

けれども、必要ではないモノをセールストークに乗せられたり、みえをはったりして衝動買いしてしまうと必ず後悔します。

後悔するとわかっていても、思わず衝動買いをしてしまう人には共通する特徴があるのです。

1-1.日常でストレスを抱えている

仕事・生活環境・人間関係・将来の不安などで強いストレスを感じている人は、衝動買いをする傾向にあります。

日常のストレスを買い物で発散しているので、衝動買いがやめられないのです。

1-2.社交家でみえをはる

社交的で人付き合いがよい人は、いろいろな場所に顔を出すので人目を気にします。

「同じ洋服ばかり着ていると思われたくない」「いつもオシャレな人と思われたい」というみえが働き、ついお金がなくても新作の洋服やシューズに手を出してしまうのです。

1-3.気持ちが落ちると「小物」を買う

悲しいこと、いやなことがあって気分が落ち込んだときに、かわいい雑貨やコスメなどちょっとした「小物」を衝動的に買ってしまう人がいます。

また、スイーツやパンなどを食べきれないほど買い込むと気分がすっきりする人もいるようです。

高価ではないけれども必要でもないモノを買う行為が、精神安定剤のような役割をしてくれるのでやめられないのでしょう。

1-4.セールや値引き、限定品に弱い

必要でもないのに、セールや値引き品となると「買わなければ損をする」とあせってしまう人は、特に欲しいわけではないのに衝動買いに走ってしまいがちです。

また、「限定品」といわれると途端に欲しくなる人も、衝動買いの誘惑に負けてしまいます。

1-5.自己評価が低い

自分はダメな人間なのかも…と、すぐ思ってしまう人は自己評価が低い人です。

そして、自己評価の低い人は衝動買いに走る傾向にあります。

自己評価の低い人は、他人と比較することで満足感(もしくは劣等感)を得る、人の評価に流されやすいなどの傾向にあるようです。

そのために、誰が見ても「高価なモノ」とわかるブランド品を衝動買いします。

たくさん所有することで自尊心が満足するのです。

12