会社の大掃除をスムーズに終わらせる! 上手な段取り・方法教えます!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大掃除は、普段はできない場所の整理整頓をするだけではなく、新年を気持ちよく迎えるためにも欠くことができません。しかしながら、家庭の大掃除でも大変なのに、会社は人数やものが多いのでさらに手間がかかります。難易度は、オフィスの規模や社員の人数にもよりますが、段取りを組んで進めることが必要です。そこで、会社の大掃除をどうしようかとお悩みの人に向け、スムーズな掃除方法・チェックリスト・不用品の上手な処分方法などをご紹介しましょう。

  1. 会社の大掃除について
  2. 会社の大掃除の方法について
  3. 会社の大掃除チェックリスト
  4. 大掃除で出た、不用品の処分方法
  5. 会社の大掃除〜よくある質問〜

この記事を読んでいただくことで、会社の大掃除を成功させるポイントやコツがおわかりいただけます。ぜひ、お役立てくださいね。


1.会社の大掃除について

職種やオフィスの規模によっても異なりますが、会社の大掃除は大変です。段取りよく進めるためにも、最初に「大掃除の基本」を学んでおきましょう。

1-1.大掃除の必要性

一般的に大掃除は年に1度、12月の後半に行います。お正月休みに入る前に、家・社内を掃除して整理整頓、不用品を処分してすっきりとした気分で新年を迎えるのが目的です。しかしながら、大掃除の目的は、実はそれだけではありません。会社の大掃除を行うことによって以下の効果が期待できるのです。

  • 会社のじゅう器や備品などの異常に気がつくので早めに修理・修繕ができる
  • 会社のじゅう器や備品などに愛着を感じ大切に扱うようになる
  • 社員同士のチームワークや連帯感が高まる
  • 仕事へのモチベーションやモラルが高まる

年に1度の大掃除で「自分たちの働く環境を見直す」ことは、会社の業績向上にもつながるのです。

1-2.大掃除の大変な点

前項でご説明したように、会社の大掃除は社内がきれいになるだけではなく「間接的な効果も得られる」というメリットがあります。けれども、家庭の大掃除とは異なり大変な点もたくさんあるのです。段取りを組むときには、以下の点を念頭に置きましょう。

  • 仕事と同時進行しなければならない
  • 部署によっては仕事をしている人もいるため、全員が掃除に参加できない
  • じゅう器や備品が多いので手間がかかる
  • 大掃除中にも電話や来客があり、はかどらない
  • 大掃除をする場所や担当などを決めてスケジュール表を作らないと進まない
  • たくさんの不用品が出るのでゴミの仕分けや処分が大変

1-3.大掃除する場所

大掃除をする場所は、会社の業種や規模によって異なるでしょう。一般的には以下の場所があります。

  • 会社周辺(外の通路や駐車場など)
  • 玄関や裏口
  • 階段・エレベーター・エスカレーター
  • 受付
  • 応接室や会議室
  • キッチンや給湯室
  • トイレや洗面所
  • オフィス
  • 倉庫
  • ロッカールームや更衣室

それぞれの場所の床を掃くだけではなく、棚やロッカーなど「収納スペース」に入っている不用品も処分してから内部のふき掃除もしましょう。また、普段は掃除をしない、窓ガラス・照明・エアコン・壁の額・換気扇など「高い位置」にあるものもきれいにする必要があります。