押入れの収納方法でおすすめしたい5つのアイディア

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

押入れのスペースを上手に活用するのは難しいものです。しかし、ちょっとした工夫で、いまの倍以上のものを収納できます。収納スペースが広がれば、部屋の片付けも楽になるでしょう。収納用の家具を減らすこともできます。それでは、押入れの収納スペースを賢く使う方法として、5つのアイディアをご紹介しましょう。

  1. 奥のスペースを上手に使おう
  2. 布製ケースを活用しよう
  3. 棚を作ろう
  4. 箱を利用しよう
  5. 入れるものを見なおそう

1.奥のスペースを上手に使おう

1-1.奥のスペースを無駄にしない

押入れの奥の部分は、出し入れがしにくい場所です。ですから、使用しないものを置く、またはガラ空きになることが多いでしょう。しかし、奥のスペースを活用すれば、収納量は劇的に増えます。

1-2.2重構造のタンスを使う

奥のスペースを利用するために、押入れ用の家具を利用するのもおすすめです。たとえば、引き出しが2重構造の押入れ用タンスがあります。手前の引き出しを引き出すと、その奥に引き出しがさらにあるのです。冬物と夏物を手前と奥に入れておくなら、衣替えの季節にも便利でしょう。

1-3.キャスター付きの箱を使う

キャスター付きのプラスチックケースも便利です。手前に引き出せるように配置してください。キャスター付きプラスチックケースの上部分には、ものはのせてはいけません。ケースの上部分は棚で仕切りましょう。そうすれば、ケースを引き出すときに、ものを動かす必要がなく、出し入れが便利です。