片付け下手の人へ!捨てる判断基準を知ればきれいな部屋に大変身

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

部屋を片付けたいという気持ちはあるものの、「なかなかやる気がでない」「ものが捨てられない」とお悩みの人は少なくありません。上手に片付けるためには計画的に行う必要があります。そのためには、コツやポイントを知っておくことが大切なのです。片付けは、気分やノリで無計画に初めても途中で挫折してしまいます。そこで、「片付け」や「捨てる」の判断基準や、片付けで出る不用品の処分方法などをご紹介しましょう。

  1. 部屋の片付けについて
  2. 片付け、捨てる判断について
  3. 知っておきたい!不用品の処分方法
  4. 失敗しない回収業者選び
  5. 片付けについて〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、部屋の片付けに関するお悩みが解消できるでしょう。ぜひ、お役立てください。


1.部屋の片付けについて

部屋をきれいにするには、片付けのコツを知って計画的に行うことが大切です。まずは、基礎知識を学びましょう。実際に片付けるときに役立ちます。

1-1.そもそも「片付け」とは?

そもそも、「片付け」とはどのような意味なのでしょうか。片付けるという言葉の意味は、部屋の中に散らかっているものを収納場所に戻したりまとめて整えたりすることを指します。また、「じゃまなものを取り除く」という意味もあるので部屋の中の不用品やガラクタなどを捨てる行為もふくまれるでしょう。つまり、来客があったときに、散乱しているものを押し入れに突っ込んだり隣の部屋に避難させたりするだけでは「片付ける」とはいわないのです。きれいに片付けるためには、まずは「本当の片付け」とはどういう方法で行うのかを知ることが大切になります。

1-2.片付けのメリットを知ろう!

部屋を片付ける……と聞くと、「面倒くさい」「時間がない」といいわけをしたくなる人は多いでしょう。けれども、片付けにはたくさんのメリットがあるのです。

  • 家や部屋の中がきれいになるので気分がいい
  • 家で過ごすのが楽しくなる
  • ものが減るので「空間」が目立ちすっきりする
  • 友人や恋人などいつでも人を呼ぶことができる
  • 掃除が楽になるので、常にきれいな状態を保つことができる
  • ガラクタやゴミがなくなるので害虫・カビ・ホコリ・悪臭などを防止できる
  • 探しものが楽になる
  • きれいに片付くと、ものが増えるのがいやになるので衝動買いが減る

片付けることは、見た目の問題だけではなく精神的にもいい影響を与えてくれるのです。

1-3.これが重要!片付けの方法とコツ

「片付けが苦手」「上手に片付けられない」という人は、どのような方法で行っているのでしょうか。片付け下手の人に共通しているのは、「計画は立てずに気になるところから片付け始める」ということです。

  • 洋服があふれているクローゼットから整理を始めたものの、いつの間にかファッションショーを始めてしまった
  • チェストの整理をしているうちにアルバムを見付けて見入ってしまった

など、途中で片付けをやめてしまったという人は少なくないのです。「気分」で始めたものは、気分であっさり止めてしまいます。片付けを成功するためには、計画を立てて以下のことを行いましょう。

1-3-1.まずは「捨てる」!

まず、片付ける前に「捨てる」行為をしましょう。捨てるのは、ゴミや読み終わった新聞・雑誌、不用なチラシなどを処分するだけではありません。チェストやクローゼットなど収納場所に眠ったまま、スペースを取っているだけの不用品を思いきって捨てることもふくまれます。まずは、ものの全体量を減らして「片付け作業の手間を減らす」ことから始めましょう。

1-3-2.整理整頓をする

整理整頓の「整理」とは、ものを減らす・捨てることを指します。そして、「整頓」とは「散らばっているものをしかるべき場所に戻すこと」を指すのです。片付けが下手な人は、「整理」をせずに「整頓」からいきなり始めるのでうまくいかず途中で挫折します。前項でもご説明したように、まずは、余計なものを減らすことが大切です。収納場所に入っているものを全部外に出して並べてみましょう。それから「仕分けする→減らす→しまう」の順番で片付けてください。

1-3-3.片付け計画表を作ろう

片付けが上手にできない・自信がないという人は、計画表を作るのもおすすめです。家や部屋の中を見直して、整理整頓する場所の順番と日程を決めた簡単な表を作り、目立つところに貼ってください。目標を設定するとやる気も出るものです。