インテリアの大敵?部屋のコードを安全で上手に整理する方法!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

インテリアをそろえて部屋を整理しても、配線コードが床に広がっているという状態に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
部屋の隅でぐちゃぐちゃになっているコードや配線類は目に余るものがあります。
配線を上手に整理することは“部屋のほこり対策”にも非常に重要です。
電気製品のコンセントやコード・配線の上手な隠し方のコツについて詳しくご紹介しましょう。

  1. 配線を上手に収納するには?
  2. コード類をまとめるときの注意事項とは?
  3. 部屋のコードを上手に収納するコツ

1.コードや配線を上手に収納するには?

1-1.安全に配慮しよう!

コードや配線を上手に収納してすっきりまとめるためには、安全に配慮するのがポイントです。
コードの取り扱い方法を間違えると、最悪のケースで火災につながってしまう危険性もあります。
部屋のコードや配線を上手に収納するためには、コードの種類や特徴を知り適切に対応することが大切なのです。

1-2.コードの種類とは?

部屋のなかでぐちゃぐちゃとからまるコードには、いくつかの種類があります。
コードや配線類を上手に整理するためには種類と特徴について知ることが大切です。
コードや配線類の種類と特徴についてご紹介しましょう。

電気配線

電化製品に電力を供給するためのコードです。
電気配線は主に、コンセントから直接100V送るコードとACアダプターなどで電力を変換して電気を送るコードの2種類があります。
家庭用の配線のなかでも取り扱いに注意が必要なコード・配線です。
火災の原因にもなるため電気配線は注意して取り扱うようにしましょう。

通信配線

LANケーブルや電話ケーブル(モジュラーケーブル)などの通信のために使用する配線です。
ほかのケーブルや電化製品のノイズの影響を受けて、通信品質が低下する特徴があります。
危険性も低いので、取り扱いに注意する必要はありません。

AVケーブル

部屋のなかでも最も整理に困るのがAVケーブルです。
HDMIやD端子ケーブル、スピーカーケーブルなど種類が多いのがAVケーブルの特徴があります。
通信配線同様に火災などの危険性が低いのが特徴です。

PCケーブル類

USBケーブルやLightningケーブルなど周辺機器の給電・通信・充電に使用するケーブルなどPC周辺にも多くのケーブルがあります。
ケーブルのなかでは短くいものが多いのですが、ほかのケーブルとからまりやすいのが特徴です。

1-3.コードはまとめても大丈夫?

コードをまとめると危険というイメージがあります。
電気配線コードにおいては“まとめると危険”というイメージは正しいといえるでしょう。
電気配線のコードはまとめて使用することで火災の原因になります。
しかし、AVコードや通信ケーブルなどは、まとめることによる危険性が低いため“余ってしまったケーブルをまとめて使用する”のはよくあることです。
コードは種類に応じて適切に対応することで、すっきりと収納できます。
コードの種類をしっかりと把握して適切に対応することがコードや配線を上手にまとめるためのコツといえるでしょう。

12