スキャナーの廃棄方法は? 故障していても無料回収できる処分のコツ

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンをお持ちの方は、プリンターやスキャナーといった周辺機器もそろえていますよね。パソコンと同じ電子機器であるスキャナーは、いずれ寿命を迎える日がやってくるでしょう。画質が悪い、異音がする、読み込み速度が遅くなったなど、寿命を迎えるサインは、買い替えや処分を検討するきっかけになります。
とはいえ、スキャナーを安易にゴミとするわけにはいきません。「燃えないゴミではだめ?」「スキャナーにはもう価値はない?」といった処分にまつわる疑問、とてもよくわかります。どの自治体でも、電子機器の取り扱いには慎重な姿勢を見せているため、面倒でも分別ルールは厳守するべきです。
小型家電リサイクル法も相まって、電子機器の捨て方が難しくなりましたよね。理解できず、手元に置いたままという例も、決して珍しくありません。
今回は、捨て方に悩むスキャナーの処分方法やリセールなどに触れていきます。今まで捨てられずにいたスキャナーの整理をしたい方も、ぜひ参考にしてみてください。

  1. スキャナーを捨てたい・廃棄したい
  2. 小型家電リサイクル法とスキャナーの関係
  3. スキャナーを自分で捨てるには? 
  4. スキャナーの処分で家電量販店の下取りを利用する場合
  5. 中古スキャナーとして売る場合
  6. スキャナーの処分を回収業者に頼む場合
  7. スキャナーの処分でよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、スキャナーの正しい捨て方を理解でき、気になる小型家電リサイクル法との関連も学ぶことができるでしょう。スキャナーをお得に手放す方法もご紹介します。処分を楽に行いたい方も必見です。


1.スキャナーを捨てたい・廃棄したい

スキャナーは、プリンターと一体型が多いですよね。ですので、家庭でも愛用されており、いざというときに大変重宝します。しかしながら、電子機器には寿命があり、いつかは動かなくなる日が来るのです。

1-1.スキャナーの寿命について

使用頻度により、スキャナーの耐用年数には違いがあります。というのも、読み取り部分の磨耗は、頻繁に使うほど激しいからです。毎日使う場合、5年が目安で寿命を迎えるでしょう。または、30,000ページ分とする説もあります。しかし、毎日スキャンする枚数が多い場合、5年を待たずに消耗する場合もあるのです。

1-2.スキャナーに多い故障は? 

人気メーカーには、エプソン・キャノン・ブラザーがあります。どれも共通しているのは、一定期間経過したころに出る故障です。寿命が近い合図でもあり、頻繁に故障が起こるようなら買い替えを考えるべきでしょう。多く見ることができる故障をご紹介します。

  • 接続エラーが頻発する
  • 画像が読み込めない・読み込みに時間がかかる
  • 動かない
  • 異音がする
  • 画像のかすれや筋が入る

あくまでも一例です。上記のようなエラーやトラブルが起きた場合、初期化で解決する場合もあります。しかし、復旧しないようなら、故障ととらえておくといいでしょう。

1-3.故障したスキャナーは修理か? 廃棄か? 

保証期間を1年としているメーカーがほとんどです。従って、保証期間を満了して以降の故障については、修理を自費で行う必要があります。一般的に、電子機器などの部品がメーカーに保有されているのは、5年が目安です。5年以上経(た)った場合、修理部品がなくなります。直しようにも部品がないということになり、廃棄を余儀なくされるでしょう。スキャナーを捨てるきっかけになる1つの目安が、部品保有期間きれによるものです。
購入して浅い場合なら、部品もまだあります。修理費用が本体価格を超えないようなら、修理するべきです。購入時の価格と比較してどうかを考え、修理か廃棄かの基準を決めておくといいでしょう。

1-4.スキャナーは何ゴミ? 

スキャナーの分別や自治体での取り扱いがわからず、何年も放置しているという方は、意外と多いです。放置している背景には、小型家電リサイクル法の施行が関連しています。「パソコンのような手続きをして廃棄が求められるのでは?」と感じ、捨てたいけれどきっかけがつかめないでいるのです。
結論から申し上げるなら、スキャナーは自治体の粗大ゴミに出すことができます。従って、粗大ゴミの手順どおりに申し込み、自分で廃棄することが可能です。ただし、自治体のゴミにかんする定義は個別に変わります。事前にお住まいの地域へ確認をしてください。