【決定版】エアコンの処分法ガイド~DIYの取り外し方法も掲載!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大型家電の処分方法に困ったことはありませんか?ふだん、あまり意識する機会がありませんが、現在、一部の家電製品は粗大ごみとして処分することができなくなっています。

粗大ごみとして捨てられなくなった家電製品とは、冷蔵庫・洗濯機・テレビ、そしてエアコンです。以上4種類の家電は特定4品目と呼ばれており、家電リサイクル法に従った処分が求められています。

  1. エアコンが粗大ごみとして捨てられないのはなぜ?
  2. 家電リサイクル料金はどれくらいかかるの?
  3. 買い換えと同時に古いエアコンを処分する場合はどうする?
  4. エアコンを自分でリサイクルする方法はないの?
  5. 不用品回収業者に回収してもらう方法!
  6. エアコンの取り外し作業を自分でやる方法は?
  7. エアコン処分に関するQ&A

とはいえ、正しい知識があればエアコンの処分は難しくありません。こちらでは、エアコンを安く確実に処分するための基礎知識をお届けしています。


1.エアコンが粗大ごみとして捨てられないのはなぜ?

大型の廃棄物だからといって、すべてが粗大ごみ扱いになるわけではありません。1998年、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)の法制化により、特定4品目に該当する家電製品を粗大ごみとして捨てることができなくなりました。廃棄物自体を減らすことに加え、再利用可能な資源を再利用することが目的となっています。

家電リサイクル法の適用を受ける特定4品目は冷蔵庫・洗濯機(乾燥機を含める)・テレビ、そしてエアコンです。つまり、現行の法律ではエアコンを粗大ごみとして回収することは許されていません。たとえ、粗大ごみシールを貼っても、回収してはもらえないのです。

以上の経緯により、現在はエアコンを粗大ごみとして捨てることはできません。原則、家電リサイクル法に従って処分することが求められています。

自治体の粗大ごみ回収に出せなくなった家電製品ですが、いったい、どこに頼んで回収してもらえば良いのでしょうか?実のところ、特定4品目の家電製品は、販売店が回収することになっています。回収依頼する販売店は、処分する家電を購入した店舗でも構いませんし、新しく買い換える際に利用する店舗でも構いません。

家電リサイクル法では、“メーカーが自社製品をリサイクルする”と決まっていますが、処分する家電を回収するのは販売店の役割です。販売店が回収した家電をメーカーに運搬し、最終的にメーカーがリサイクルを行います。

とりあえず、特定4品目の家電製品を処分する際は販売店に回収依頼を出す…という部分を覚えておいてください。