部屋選びで忘れてはいけない3つのポイント

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

引っ越しの部屋選びは難しいものです。家賃に気をとられがちですが、ほかの要素もしっかり考慮しましょう。交通アクセスや環境など考えるべき点がたくさんあります。引っ越しにかける時間も減らしたいものです。そこで、上手な部屋選びのために、忘れてはいけない3つのポイントをまとめました。

  1. 家賃を決める前に考えよう
  2. 部屋の環境を考えよう
  3. 収納スペースを考えよう

1.家賃を決める前に考えよう

1-1.家賃の相場を確認しよう

家賃の相場を不動産賃貸会社や賃貸情報の雑誌で確認しましょう。実際に部屋の契約をするのは、直接大家さんとの契約でも仲介業者でも構いません。いずれにしても、あらかじめ相場を確認するなら、高すぎる物件を選ばずに済みます。同時に、安すぎる賃貸物件にも注意できるでしょう。相場より安すぎる物件は、「訳あり」の可能性があります。

1-2.家賃以外の費用を確認しよう

大型マンションなら、家賃以外に共有費や管理費がかかります。毎月どのぐらいの支払いになるか確認しましょう。駐車場が必要なら、駐車場の賃料も忘れずに確認してください。駐車場が高すぎるなら、近隣の月極(ぎ)め駐車場も利用できます。または、自家用車を手放して、カーシェアリングを使う方法もあるでしょう。そのほかの費用として、備え付けの暖房機器を使用したときの光熱費や、通勤や通学にかかる交通費も計算してください。月ごとにかかるすべての費用をまとめて計算しましょう。家賃が安くても、そのほかの費用が高いなら、お得な物件にはなりません。家賃が高くても、駅に近い場所や暖房用の燃料が安いほうがお得なケースもあるのです。

1-3.家賃は交渉も可能

家賃は交渉できます。家賃交渉のためにも、事前に家賃の相場を確認してください。家賃を交渉する時期は、7月から9月がおすすめです。7月から9月は引っ越しが少ない傾向があります。大家さんは、その時期に空き部屋を抱えたくないはずです。家賃を多少安くしてでも、だれかに入居してほしいと思うでしょう。家賃の交渉には、大家さんと接点が深い、地元に密着した仲介業者へ依頼するのがおすすめです。

12