室外機がうるさい原因とは?対処法と騒音対策について詳しくご紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エアコンの室外機がうるさいとイライラがつのります。
日常生活に支障をきたしかねません。最悪なケース、近隣トラブルにまで進展する恐れもあります。
トラブルを回避するためにも、できるだけ早めに解決しなければなりません。
そこで、室外機がうるさい原因や対処法、寿命が近づくと起こる故障内容、修理か買い替えの判断基準など詳しく説明していきます。
うるさい室外機で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 室外機がうるさい原因
  2. 室外機がうるさいときの対処法
  3. 寿命が近づくと起こる故障内容
  4. まとめ

1.室外機がうるさい原因

暖房やクーラーをつけるたびに室外機がうるさいと使えなくなってしまいます。
一体、なぜ室外機がうるさくなるのでしょうか。
室外機の騒音を解決するためにも「原因」を知ることが大切です。

1-1.フィンにゴミやホコリがたまっている

室外機のフィンにゴミやホコリがたまることで音がうるさくなるケースがあります。フィンは室外機の裏についている部分です。
空気を吸いこみ、熱と同時に裏側に排出する熱交換器になります。
空気にはさまざまなゴミ・ホコリがただよっているものです。
目に見えない細かいゴミ・ホコリがフィンにつまる可能性があります。
ゴミやホコリがたまるほど空気抵抗が大きくなるでしょう。
結果、室外機から異音が出る、故障するなど不具合が起き始めます。
長年掃除をしていない室外機やゴミ・ホコリがついている場合はすぐに掃除してください。掃除機やブラシを使ってキレイにしていきましょう。

1-2.室外機の部品が劣化している

外部に設置している室外機は室内機よりも壊れやすい傾向があります。
なぜなら、常に雨風やゴミ・ホコリがただよっている空気の中に置いてあるからです。主な原因はゴミやホコリになりますが、長年使用している室外機は部品の劣化が原因だと言えるでしょう。
室外機は永遠と使い続けることはできません。寿命が近づいてくれば不具合や不調も起き始めます。
特に、室外機のコンプレッサーや送風用モーターは劣化しやすいです。
摩擦による部品の消耗は、メーカーに問い合わせてください。
メーカーによっては部品交換をしてくれます。
ただし、購入時期からだいぶ経過している場合は部品がそろわない可能性もあるでしょう。
交換に必要な部品がない場合は買い替えが必要です。

1-3.壁とカバーの接触、室外機自体の振動

室外機の騒音は、壁とカバーの接触が原因になっている可能性もあります。
ほとんどの室外機にはカバーがついているものです。
設置場所が悪いと新品の室外機でも壁とカバーが接触することで騒音が発生します。
また、長年の使用によって壁のほうに近づくケースもあるでしょう。
壁とカバーが接触していないかどうか確認してみてください。
さらに、室外機自体の振動が原因になっている可能性もあります。
室外機は冷房運転よりも暖房運転のほうが騒音は大きくなるものです。
温度差が激しくなるほど、大きな能力が必要になります。
よって、冬は夏よりも音が大きくなるでしょう。
そして、最近出ている室外機は省エネ対策をほどこしているタイプが多いです。
普通の室外機よりも省エネ傾向のある室外機のほうが音が大きいケースもあります。

12