アナタはどっち派? テレビを壁掛けにするメリットとデメリット!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

近年、テレビが軽量化・薄型化するのに伴い、壁掛けを行う家庭が増えてきています。しかし、壁掛けをするとなると壁に穴を開けることとなりますし、実際に行うだけのメリットがあるのかと悩む方も多いことでしょう。

そこで、今回はテレビを壁掛けするメリット・デメリットについて中心にご紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

  1. テレビを壁掛けにするメリットとは?
  2. テレビを壁掛けにするデメリットとは?
  3. 不要なテレビの処分方法とは?

1.テレビを壁掛けにするメリットとは?

1-1.テレビ台の分だけ省スペース

真っ先に挙げられるメリットといえば、やはり『省スペース』ということでしょう。

最近のテレビは薄型になっているものの、画面の大きさ自体は大きくなる一方です。そうなると、自然とテレビ台も大きなものが必要となってくるため、スペースを食ってしまいます。そこでテレビを壁掛けにすれば、テレビ台の分だけスペースを失わずに済むのです。

テレビ台であいたスペースには、本棚やラックなどを設置することが考えられるでしょう。

1-2.地震のときに安全性が高い

テレビは企業の努力によって日々薄くなっていっていますが、薄くなることは良いことばかりではありません。重心が不安定になるため、簡単に倒れてしまいますし、ブラウン管などの正方形に比べれば強度も劣ります。

もしも大きめの地震が来た場合、テレビ台の上に置いているだけでは転倒してしまうでしょう。転倒すればケガのリスクが高まりますし、何よりテレビが壊れてしまう可能性が高まります。テレビは安い買い物ではありませんし、できればこのようなリスクは背負いたくないものですよね。

そこで、壁掛けにすれば、テレビは壁に固定されているのでよほどの大地震が来ない限り落下の心配はありません。また、耐震グッズと併用すれば、より強度は増します。

1-3.お部屋をオシャレにしてくれる

部屋をシックやエレガントな感じにしようとすると、従来のテレビ台に置く方法はやぼったい感じが出てしまい、オシャレにしづらいという難点があります。しかし、壁掛けにすればテレビが壁と一体化するので、テレビの持つ生活臭が薄れ、インテリアの一部としての機能を果たしてくれるでしょう。

部屋をオシャレにしたいなら、絶対に壁掛けがおすすめですよ!

1-4.場所に応じて高さを調整できる

通常のテレビ台に置くとなると、高さはある程度決まってしまいます。あまり高い位置に置くことはできません。本棚などを利用して無理やり高い位置に設置しようとすると、今度は角度の関係で見づらくなってしまいます。

しかし、壁掛けならば、用途や場所に応じて好きな高さに設置することが可能です。また、テレビに俯角(ふかく)を付けることも簡単なので、下から見上げても見づらくなることはありません。

たとえば、キッチンに取り付ける小型のテレビなどは、壁掛けが最も良い選択といえます。

1-5.子供やペットの対策になる

子供がまだ小さな家庭では、テレビは大きな懸念事項でしょう。

小さな子供は手に届くものなら何でもオモチャにしてしまいます。テレビをモノでたたいたり、テレビにもたれかかったりなどは日常茶飯事。せっかくの高価なテレビが、壊れてしまうかも知れません。いえ、壊れるだけならまだしも、何かの拍子で転倒すれば、大きなケガにつながる可能性があります。

ペットも同じです。猫は高いところが好きですから、細くて足場がない液晶テレビの上にも上ることがあるはず。犬の場合は、テレビに反応して飛びかかったりすることもあるでしょう。そうすれば、テレビが転倒し壊れるリスクが出てきてしまいますよね。

しかし、壁掛けにして子供やペットが届かないようにすれば、これらのリスクを最小限に抑えることが可能です。

12