これって寿命?炊飯器が壊れる前の症状と故障原因をご紹介します!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

日本人の食事に欠かすことができないお米。お米を炊く炊飯器は、 私たちにとってなくてはならない家電ですよね。最近の炊飯器は多機能になり、釜や炊きあがりにこだわったものも販売されています。おいしいご飯を求め、思いきって高価な炊飯器を購入する人も増えてきました。そんな中、毎日使う炊飯器が突然故障してしまうと、困ってしまいますよね。炊飯器が故障する前にはどのような症状が出るのでしょうか?なるべく早めに対処するためにも、故障する前の症状と故障原因についてご紹介します。

  1. 炊飯器が故障する原因とは?
  2. 炊飯器の買い替えが必要な症状
  3. 炊飯器の処分方法
  4. まとめ

1.炊飯器が故障する原因とは?

1-1.お手入れ不足

炊飯器にも、ご飯を炊く以外の機能を持った多機能炊飯器が販売され、非常に人気があります。 最近は、炊飯器でスープやケーキを作る人が増えてきました。 その反面、お手入れをきちんを行わないことでの故障も増加しているのです。取り扱い説明書をよく読み、調理方法によって適切なお手入れが必要になります。

1-2.炊飯器の寿命

どんな家電にも、寿命があります。 毎日使っている炊飯器。いつ購入したものか覚えていますか?大切に使っていても、使えなくなるときがくるのです。炊飯器の寿命は、一般的に、5年~6年と言われています。 もちろん、炊飯器の寿命は、使用頻度や環境、ご飯を炊く量などに左右されるでしょう。6年たったから必ず故障するものでもありません。 炊飯器の部品保有期間が6年となっていることから推測された数字です。

1-3.製造から6年以内の炊飯器

製造から6年以内の炊飯器が壊れた場合、部品を取り寄せ修理する方法もあります。しかし、修理している間、お米を炊く術がなくなるでしょう。修理に出している間を不便と感じるなら、思いきって買い替えしませんか?まだ使える炊飯器なら、買い取りしてもらうこともできます。買い取りのお金を買い替え費用に充てることもできるのです。

12