液晶テレビの正しい処分方法は? 無料で処分するコツや注意点など

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「液晶テレビはどのように処分すればいいのか」「お得に処分する方法はないのか?」など、液晶テレビの処分で悩んでいる方は多いでしょう。大型サイズになるほど処分に時間と手間がかかるのが難点です。また、液晶テレビは家電リサイクル法の対象品目となっています。自治体回収では処分できないので注意しなければなりません。

本記事では、液晶テレビの処分方法と注意点などについて解説します。

  1. 液晶テレビは粗大ゴミで処分できない?
  2. 液晶テレビの処分方法を紹介
  3. 液晶テレビを無料で処分するコツ
  4. 液晶テレビの処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、液晶テレビをお得に処分するコツが分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。


1.液晶テレビは粗大ゴミで処分できない?

液晶テレビの処分方法は家電リサイクル法が大きく関係しています。粗大ゴミとして自治体回収による処分ができないのか、詳しく解説しましょう。

1-1.テレビは家電リサイクル法の対象品目

最初にチェックしておきたいことが、テレビは家電リサイクル法の対象品目であることです。家電リサイクル法は、部品や材料をリサイクルしゴミの減量と資源の有効活用をすすめるために制定されました。そのため、家電リサイクル法の対象品目になっているものは、自治体回収として処分できません。家電リサイクル法の対象品目はテレビのほか、エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(乾燥機)の4品目となります。なお、家電リサイクル法の対象品目を処分する際は、リサイクル料金+収集・運搬料金を消費者が支払わなければなりません。

1-2.自治体回収で処分すると罰則の対象に

テレビは自治体回収として処分できないことが法律で決められています。ゴミ捨て場に持ち運び捨ててしまうと不法投棄とみなされ、罰則の対象になるので注意してください。自治体によっては、30万円以上の罰金または5年の懲役が下されることもあります。ゴミ捨て場に捨てることはできませんが、事前に自治体に問い合わせて指定引取場所へ直接持ち込むという形で処分することは可能です。自分で持ち運ぶことができれば、運搬料金はかかりません。ただし、指定引取場所はあまり多くないので、お住まいの地域によっては手間と時間がかかるでしょう。

1-3.料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式

家電リサイクル法に基づいて処分する方法には、料金販売店回収方式と料金郵便局振込方式の2つの方法があります。料金販売店回収方式は、家電類を販売している店舗にリサイクル料金を払い、テレビをリサイクル回収してもらう方法です。一方、料金郵便局振込方式は郵便局でリサイクル料金を支払い、集荷してもらう方法となります。それぞれ方法が異なるため、しっかりと確認し自分の状況に合った方法を選択してください。

1-4.リサイクル料金は2,625~3,150円

家電リサイクル法の対象品目は、それぞれリサイクル料金が決まっています。テレビの場合は、サイズで異なりますが、2,625~3,150円程度です。具体的な費用は製造メーカーによっても異なるため、家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページで料金を確認してください。また、店舗や自治体に運搬してもらう際は運搬料金が約3,000円かかるので注意しましょう。

2.液晶テレビの処分方法を紹介

それでは、液晶テレビの主な処分方法をいくつか紹介します。

2-1.リサイクルショップや買取店に売る

処分したいテレビがまだ使える状態なら、リサイクルショップまたは買取店に買い取ってもらう方法があります。ただし、正常動作することが買取の前提になるので注意してください。また、正常動作する場合でも購入してから5年以上経過している古いものは買い取ってもらえない可能性があります。特に、テレビは次々と新しいモデルが登場しているため、新製品が登場するたびに旧製品の需要が低くなるのです。どちらかと言うと買取店よりもリサイクルショップのほうが買い取ってもらいやすいのですが、買取額は低くなるでしょう。

2-2.新しいテレビに買い替える場合は販売店に回収してもらう

新しい液晶テレビに買い替える場合は、販売店に回収してもらう方法があります。家電量販店では、家電リサイクル法の対象品目を買い替える際に、古いものを引き取る義務があるのです。新しいテレビが運ばれると同時に、古い液晶テレビを回収してくれるのでわざわざ自分たちで運搬する必要はありません。ただし、リサイクル料金+収集・運搬料金がかかる可能性があるため、事前に総額を確認しておく必要があります。運搬料金は販売店によって異なりますが、だいたい3,000~4,000円になるでしょう。

2-3.以前に購入したお店に回収してもらう

新しいテレビを購入する予定がない方は、以前に購入した店舗に回収を依頼する方法もあります。販売店は排出者に持ち込みや配送の要請ができないことになっているため、自宅まで引き取りに来てくれるのが大きなメリットです。引き取りの際にリサイクル料金を支払えば、家電リサイクル券の控えを発行してくれます。ただし、買い替えのときと同じく、収集・運搬料金が発生するのがデメリットです。引き取りのみの場合は買い替えよりも割高になるので、事前に料金をチェックしておきましょう。

2-4.市区町村のサービスを利用する

粗大ゴミとして自治体回収による処分はできませんが、市区町村によっては独自のサービスを行っているところがあります。たとえば、首都圏周辺では東京23区の家電リサイクル受付センターや横浜の横浜家電リサイクル推進センターなどが利用可能です。家電リサイクル受付センターに直接持ち運ぶことができれば収集・運搬費用はかかりません。どうしても自分で運搬できない場合は、自治体のサービスで職員が運搬を行ってくれます。お住まいの地域でサービスを受けつけているか確認してみてください。

2-5.ネットオークションやフリマアプリを利用する

自分で液晶テレビを売る方法として、ネットオークションやフリマアプリを利用する方法があります。自分で売るメリットは、買い手が見つかれば自分の理想金額で売ることができる点です。ただし、新品・未使用品に限る、数年以上経過している古いものは買い手が見つからないなどのデメリットがあります。また、買い手が見つかったとしても自分でこん包し送らなければならないので時間と手間がかかるのもデメリットの1と言えるでしょう。

3.液晶テレビを無料で処分するコツ

では、液晶テレビを無料で処分するコツとは何があるのでしょうか。

3-1.欲しがっている人に譲る

周囲に液晶テレビを欲しがっている人がいないかチェックし、人に譲る方法も選択肢の1つです。譲り先が見つかれば、処分費用がかからないので無料で手放すことができるでしょう。まだ使えるのにもったいないと思っている方はなかなか捨てられませんが、再利用してもらうことができれば楽な気持ちで手放すことができます。ただし、自分で運搬するか、譲渡相手に引き取りに来てもらわなければなりません。周囲に欲しがっている人がいない場合は、地域コミュニティーアプリを活用する方法もあります。

3-2.無料回収業者に依頼する

壊れている液晶テレビは売ることもできませんし、譲り先も見つかりません。壊れている液晶テレビを無料で処分したい方は、無料回収業者を利用するといいでしょう。たとえば、パソコンや不用品の無料回収を行っているパソコン処分本舗では、液晶テレビの無料回収を受けつけています。無料対象商品が1点でも含まれていれば、有料対象商品を処分しても無料です。無料対象商品には、デスクトップパソコン・ノートパソコン・液晶モニター・液晶テレビなどがあります。詳細については、ホームページを確認してください。

3-3.リユースショップに買取・引取してもらう

液晶テレビを無料で処分する方法として、リユースショップに買取・引取してもらう方法があります。基本的に、買取の条件は正常動作することですが、リユースショップの中には壊れているものでも買い取ってもらえるところがあるのです。液晶テレビには鋼・鉄などのレアメタルが含まれているため、部品ごとに仕分けし売る店舗では無料買取または回収を行っているかもしれません。ただし、すべてのリユースショップが対応というわけではないため、事前に確認する必要があります。

3-4.悪徳業者とのトラブルに要注意!

無料回収業者など無料で処分できる業者を利用する方法がありますが、中には不正を働く悪徳業者が存在しているので注意が必要です。「回収後に追加料金を請求された」「高額な収集・運搬費用をしつこく求められる」「不法投棄されていた」などのトラブルが相次いでいます。トラブルを未然に防ぐためには、悪徳業者と優良業者を見極めることが大切です。業者を選ぶ際は、以下のポイントにチェックするといいでしょう。

  • 不用品の回収・買取を行っているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料または低費用で回収してくれるか
  • 回収方法が自由に選択できるか
  • 産業廃棄物収集運搬許可や古物商許可を取得しているか
  • 無料見積もりや無料相談を受けつけているか
  • 口コミや評判がいいか

4.液晶テレビの処分に関してよくある質問

液晶テレビの処分に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.どんな液晶テレビが売れるのか?
A.発売年月が新しいものほど中古市場における需要が高いので高価買取が期待できるでしょう。また、最新モデルには最新の技術が導入されているため、通常よりも高い金額で買い取ってもらいやすいのです。特に、パナソニック・東芝・ソニーなどの国内メーカーは高値で取り引きされるでしょう。事前に、テレビの型番やメーカーをチェックしておくとスムーズな買取が可能です。

Q.高価買取のポイントは?
A.査定に出す前に、できるだけキレイに掃除することです。新品に近い状態ほど高く売れる可能性があるため、ホコリや汚れを取り除きましょう。また、取扱説明書や箱などの付属品をできるだけそろえて査定に出すことも高価買取のポイントです。付属品がそろっていると買い手が見つかりやすくなるため、すすんで買取を行う業者が多いでしょう。

Q.処分費用を抑えるコツは?
A.液晶テレビ以外に処分したいものがあれば、まとめて処分・買取をすすめることです。不用品をまとめて処分することで費用が安くなる可能性があります。また、不用品の中には買い取ってもらえるものもあるでしょう。買い取ってもらうことができれば、その分のお金を処分費用にまわすことができます。

Q.依頼しないほうがいい無料回収業者は?
A.街中をトラックでまわっている無料回収業者には依頼しないようにしてください。トラックでまわっている無料業者は、実店舗を持っていないところがほとんどです。回収後に追加料金を請求したり、後でトラブルになっても連絡が取れなかったりする恐れがあります。また、見積書など書面で提示してくれない業者にも注意してください。きちんと書面で契約を交わすことができるところを選びましょう。

Q.宅配回収を利用する際の注意点は?
A.宅配回収を利用する際は、きちんとこん包するようにしてください。運送中に衝撃などで液晶テレビが壊れてしまう恐れがあります。買い取ってもらう予定のものが買取できなくなってしまうので注意が必要です。なるべく運送中に動かないよう、緩衝材を使ってすき間がなくなるようにこん包してください。また、業者の中には送料が自己負担になるところがあります。無料回収と言っても送料で高額な金額を請求されてしまうと本末転倒です。宅配回収で送る前に、送料がいくらかかるのか、無料なのかしっかりと確認しておかなければなりません。

まとめ

テレビは家電リサイクル法の対象品目となっているため、自治体回収での処分ができません。家電リサイクル受付センターに申し込みをして、指定のリサイクル料金を支払って回収してもらう方法が一般的です。ただし、まだ正常に使える状態ならリサイクル回収よりも買取店やリサイクルショップに売ることをおすすめします。売ったほうが費用をかけずに手放すことができ、欲しがっている人のもとで再利用してもらえるでしょう。