電子レンジの寿命は? 故障の症状と対処法を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電子レンジが故障したかも…。そう思うような症状に悩まされていませんか? どんな家電もそうですが、電子レンジにももちろん寿命があるため、いつかは故障による症状が現れてくるものです。でも、具体的にどのような症状が故障によって現れるのか、よく分からないという人も多いでしょう。そこで、この記事では電子レンジの寿命と故障したときの症状などについてご紹介していきます。自分の家の電子レンジ、故障して完全に動かなくなってしまう前に買い替えできるように、故障によって現れる症状についてきちんと把握しておきましょう。

  1. 電子レンジの寿命が近くなると起こる故障症状
  2. 電子レンジが故障したときの対処法について
  3. 電子レンジの寿命はどのくらいなのか? 
  4. 電子レンジの処分方法

1.電子レンジの寿命が近くなると起こる故障症状

電子レンジの寿命が近づいてくると、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか。ここでは、電子レンジの寿命が近いときに表れやすい症状についてご紹介します。

1-1.温めることができなくなってしまう

電子レンジの寿命が近づいているときに最も起こりやすいのが、この症状です。電子レンジ内部にあるマグネトロンという場所が壊れると温めるときに必要な電磁波が発生しなくなってしまいます。その結果、温めようと思ってスイッチを入れても、温まらないという症状が現れるようになるのです。また、日によって温められたり温められなかったり…ということが繰り返し起こるのも、電子レンジの寿命が近づいているサインですので、気をつけましょう。

1-2.スイッチが入らなくなる

電源を押しても、全くスイッチが入ってくれない…という場合は、電源部分が故障していると考えて良いでしょう。また、電源が入ったと思ったら電源を落とすことができなくなった…というのも寿命が近い電子レンジに起こりやすい症状です。

1-3.突然電源が切れてしまう

電子レンジのスイッチを入れてタイマーもセットして、いざ温め始め…と思ったら、30秒もしないうちに突然電源が切れてしまった、という経験はありませんか?
これも、電子レンジの寿命が近いと起こりやすい症状のひとつです。早めに買い替えを検討するようにしましょう。ちなみに、この症状はタイマーを制御している基盤が壊れてしまったときに表れやすい症状です。

12