家電を安く買う方法をご紹介!失敗しない家電探しのコツやポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

エアコンや冷蔵庫、洗濯機など1人暮らしに必要な家電があります。
しかし、これから1人暮らしを始めるにあたり、できるだけ安い値段で家電をそろえたいものです。
そこで、家電を安く買う方法や家電探しのコツ、安く買う際の注意点について説明します。
これから1人暮らしを始める、安い値段で家電をそろえたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 家電を安く買う方法
  2. 家電探しのコツ
  3. 安く買う際の注意点
  4. まとめ

1.家電を安く買う方法

必要経費でも安く抑えたいのが1人暮らしです。
テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機・電子レンジなど必要な家具をそろえたいけれどお金が…と悩んでいる人は多いでしょう。
これから、家電を安く買う方法を紹介します。

1-1.リサイクルショップや中古店で購入する

家電を安く買う方法はたくさんあります。
たとえば、“リサイクルショップ”や“中古店”です。
リサイクルショップ・中古店ではすでに使用した家電を販売しています。新品ではなく「中古品」を販売しているため、安い値段で購入できるのです。
地域や家電の状態によって価格は異なりますが、新品よりも20%~30%オフになるでしょう。
新品よりも安く購入できるのは確かです。
けれども、中には20%オフなら新品を購入したほうがいいと考える人もいます。
半額以下で購入したいなら、何件かのリサイクルショップや中古店を比較してください。何件か比較することで最も安い値段で家電が購入できます。
インターネットではお店の比較が簡単にできるでしょう。直接店舗へ行く前にネットで検索してみてください。

1-2.家電量販店のセット商品をねらう

家電の購入場所として1番に思い浮かべるのが「家電量販店」です。
新品がそろっている家電量販店でも安く買うコツがあります。
1人暮らし用として“セット商品”を販売しているお店は多いです。
家電を1つずつ購入するよりもセットで購入したほうが安くなるケースはあります。
また、安くなる時期をねらって購入するのも1つの方法になるでしょう。
家電を購入する人が増える3月や4月は避けたほうがいいです。
エアコンや暖房器具はシーズン中に高くなるため、オフシーズンをねらうといいでしょう。
さらに、ほとんどの家電量販店は“ポイントカード”があります。
今後、家電を購入する際にポイントを使用して金額を差し引くこともできるでしょう。利用の仕方によっては家電量販店でも安く買えます。

1-3.インターネットを利用する

家電を安く買う方法は“インターネット”です。
インターネット通販では、さまざまなサイトを比較して最安値で家電が購入できるようになっています。
新品だけでなく中古品も販売しているのでぜひチェックしてみてください。
商品だけでなく、“口コミ”も同時にチェックするといいでしょう。
口コミから家電量販店に行き、メーカーや値段を比べることができます。
インターネット通販と同じく、ネットでは“オークション”も利用できるのでおすすめです。
オークションでは安い値段で家電が購入できます。
自分にとって必要な家電を見つけ、落札しましょう。
ただし、落札するときは送料や安心して取り引きできる相手かどうか確認しなければなりません。

2.家電探しのコツ

2-1.周囲に「安い家電を探している」と伝えておく

家電を安く買う方法は、「家電探し」が大きなポイントになります。
幅広い視野で家電を探したほうが最も安い値段で購入できるものです。
もしかしたら、要らない家電を処分しようとしている人が近くにいる可能性もあります。
まだ、使える家電であれば譲ってもらえるのです。譲ってもらえるのなら無料で家電をそろえることができるでしょう。新しく買う必要もありません。
1人暮らしを始める際、入居してから準備するという人がほとんどです。
しかし、焦って購入するのは避けなければなりません。
焦る気持ちを持ったまま家電探しをしてもいい商品は見つからないでしょう。購入後に後悔してしまうので注意しなければなりません。
できるだけ余裕を持ってゆっくり家電探しをしてください。
そして、周囲に「安い家電を探している」と伝えておくといいでしょう。

2-2.家電の置き場所を事前に確認する

1人暮らしの場合、家電を置くスペースが限られています。
家具の値段ばかり気になってしまいますが、購入を検討する前に置き場所の寸法を測っておかなければなりません。
寸法をしっかり確認しなければ、置けなくなってしまいます。
家具選びに失敗してしまうのです。
入居を決めたとき、部屋のサイズやスペースをきちんと把握しておきましょう。
直接店舗に行くときは必ずメジャーとメモ用紙を持って行ってください。
部屋の設置場所をメモして自分の目できちんと確認することが大切です。
特に、インターネット通販やネットオークションで購入する際は注意が必要になります。
実物を確かめることができないため、商品の詳細を確認しなければなりません。

3.安く買う際の注意点

3-1.正常に働くかどうか確認する

安い家電の中には壊れていて動かないものもあります。
リサイクルショップや中古品店で購入する際、正常に動くかどうか必ず確認してください。
確認せずに購入した後、動かなかった、すぐに故障したというトラブルも起きています。
インターネット通販やネットオークションでも同じです。商品詳細には「正常稼働」と記載していても壊れているものが送ってきたということもあります。
本当に信頼できる相手かどうか見極めることが大切です。
たとえ、安い値段で家電が購入できたとしてもすぐに壊れてしまっては意味がありません。
新品を購入すればよかったと後悔する前に、自分の目で確かめましょう。

3-2.交渉はできるだけ下手に

地元の商店や家電量販店では、交渉しだいで安く買うことができます。
しかし、しつこく交渉する、上から目線で値下げを要求してはいけません。
最初から店員に「安くできない?」と聞くのもNGです。
交渉の成功率をあげるためには、まず店員から詳しく家電について聞きましょう。
店員も人間なので好感を持った相手に対しては親切心が働きます。
逆に、嫌な印象を持ったお客に対しては値下げしようとはしません。値下げをしたら負けと感じてしまうものです。
まずは、家電について詳しく聞き、買う気があることを伝えてください。
そして、最後の最後に値下げの交渉をしましょう。
交渉に使う言葉はできるだけ控えめ、下手に出ることが大切です。申し訳なさそうに交渉をすると、店員も素直に受けてくれる確率があがります。
また、アルバイト店員よりもお店の社員に交渉したほうがはかどりやすいです。
交渉の仕方を間違えないように注意してください。

4.まとめ

家電を安く買う方法や家電探しのコツ、安く買う際の注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
1人暮らしを始める場合、何かとお金が必要になります。
生活に必要な家電はできるだけ安く購入したいです。
安く買うため、中古店やリサイクルショップ、インターネット通販・ネットオークションを利用してください。
ただ、焦って家電を選んではいけません。時間に余裕を持っていろいろなお店を比較しながら家電を購入しましょう。
また、失敗しないためにも家電の置き場所を事前に測定してください。
置き場所のサイズを確認しながら家電を選ぶことが大切です。
ポイントやコツをつかんで上手に家電をそろえていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由