初心者向け!!パソコンの選び方とは?注目すべきポイントはココ!!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現在は、日常生活のいろいろな場所でパソコンが活用されています。
パソコンがなければ、仕事だけでなく勉強や各種手続きも困難になることは多いでしょう。
しかし、いざパソコンを購入しようとすると種類が多くて迷ってしまう方も多いと思います。
そこで、今回は初心者向け、パソコンの上手な選び方をご紹介しましょう。
値段やメーカーだけで選ぶと失敗するかもしれません。
また、不要になったパソコンの処分方法も一緒にご紹介しましょう。
これからパソコンの購入を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

  1. パソコンのタイプとは?
  2. パソコンを選ぶポイントとは?
  3. 不要になったパソコンを処分する方法とは?
  4. おわりに

1.パソコンのタイプとは?

まず始めに、パソコンにはどのようなタイプがあるのかをご説明します。
これが分からないと、どのパソコンが自分に合っているのかも分かりませんよ。

1-1.デスクトップパソコン

パソコンの最もスタンダードな形です。
ある程度大きさがあり、専用の机などに置いて使います。
基本的に持ち運ぶことはありません。
冷却機能に優れているため、ノートパソコンに比べると動きが速いです。
また、プリンターや外付けHDDなどの周辺機器を付けやすいというメリットもあるでしょう。
デスクトップパソコンは液晶と本体が一体になったタイプと、液晶デスプレイと本体が一緒になったタイプがあります。
別々のタイプは設置スペースに一定の広さが必要ですが、メモリの増設などがやりやすいです。
また、どこか一部が壊れても、修理しやすいでしょう。
一体型のタイプは別々になったタイプよりも場所を取りません。
しかし、液晶デスプレイが故障すると、本体ごと修理に出さなくてはならないのです。
また、別々のタイプの方が自分で自由にパソコンをカスタマイズできるでしょう。

1-2.ノートパソコン

持ち運びしやすいように、液晶デスプレイと本体が一体になったパソコンです。
コンパクトで薄いですから、カバンに入れてどこでも持っていけます。
一昔前まではノートパソコンのスペックはデスクトップに比べると一段劣るものでしたが、現在ではほぼ変わらないスペックのものもあるのです。
しかし、省スペース化を優先した分、冷却機能はデスクトップに比べて劣っています。
ですから、CPUに負担をかける作業を長時間行っていると、熱暴走が起こる可能性もあるのです。
そのため、ノートパソコン用の冷却グッズもたくさん出ています。
また、ノートパソコンはどうしても画面の大きさが限られてくるため、高齢者には使いにくいでしょう。

1-3.タブレット型パソコン

iPadに代表される新しい形のパソコンです。
スマートフォンを大きくしたような形をしており、画面をタッチして動かします。
タブレット型パソコンのデータは「クラウド」といって外部にあることが多いので、買いかえてもすぐに外部からデータを移せるでしょう。
しかし、やはりほかのタイプに比べると容量が小さいので、複雑な作業には向きません。
でも、インターネットを閲覧するくらいなら、十分でしょう。

12