業務用パソコンの上手な選び方や注意点とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現在のビジネスにパソコンは欠かせません。
しかしその反面、「事務所で使うパソコンの選び方」に悩んでいる方も多いでしょう。
業務用のパソコンは、使いにくいからとすぐに買い替えるわけにもいきません。
そこで、今回は業務用のパソコンの選び方についてご説明します。
業務用のパソコンを選ぶ際に、気をつけるべきこととは何でしょうか?
また、不要になったパソコンの処分方法もご紹介します。
そろそろ会社で使うパソコンを買い替えたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 業務用パソコンに求められることとは?
  2. パソコンは何年くらい使えるものなの?
  3. メーカー品のメリットとは?
  4. 不要になったパソコンの処分方法とは?
  5. おわりに

1.業務用パソコンに求められることとは?

まず始めに、業務用のパソコンに必要とされている機能をご紹介します。
いくら性能のよいパソコンでも、使い勝手の悪いものでは意味がないのです。

1-1.持ち運びやすさ

会議や取引先との打ち合わせで、パソコンを使ってプレゼンテーションをする会社も多いでしょう。
ですから、デスクトップパソコンよりもノートパソコンの方が使い勝手がよい、という人は少なくありません。
しかし、いくら持ち運びがしやすくても画面などが小さすぎては、作業がしにくいです。
ですから、14インチ~16インチくらいのノートパソコンが、持ち運ぶにも作業をするにも便利でしょう。
また、営業職が使うパソコンはノートパソコン。
経理など1日中オフィスで仕事をする人が使用するパソコンはデスクトップ型。
と分けてもよいでしょう。

1-2.処理速度の速さ

パソコンの処理速度はCPUとメモリで決まります。
CPUが作業をする人、メモリが机の広さに例えると分かりやすいでしょう。
机が広いほど、いろいろな作業を同時に行えます。
また、作業する人の効率がよいほど仕事が早く片付くのです。
つまり、CPUとメモリはどちらか片方が高性能というだけでは、それぞれの本領を発揮できません。
CPUを高性能なものにするのならば、メモリの容量も増やしましょう。
とはいえ、普通の事務仕事をするだけならば、スタンダードなタイプで十分です。
プレゼンテーションなどで画像や動画を多用したものをよく作る場合。
または、動画や画像の編集を業務として行うパソコンは、高性能のものにした方がよいでしょう。

1-3.容量の大きさ

容量が大きいパソコンほどたくさんのデータを記録できます。
また、長い動画や解析度の高い写真などは、データの容量も大きいです。
ですから、画像や動画をたくさん扱うという業種の方は、容量の大きなパソコンでないと使いにくいでしょう。
ただし、容量の大きなパソコンほど、価格は高価になります。
ですから、一度に使う画像や動画が限られているのなら、使い終わったものから外付けのHDDなどに移していく方法もあるのです。
通常の書類の作成くらいならば、スタンダードなもので十分でしょう。

1-4.セキュリティー

業務用のパソコンで一番求められている機能が、このセキュリティーです。
業務用のノートパソコンを盗まれた結果、社外秘のデータが外部にもれたという事例は少なくありません。
また、顧客の個人情報が流出してしまった場合は、会社の責任が厳しく追及されるでしょう。
パソコンのセキュリティー機能と、いうと暗証番号がポピュラーです。
今はそれ以外にも、指紋認証機能のついたものも販売されています。
また、ハードディスク内の重要な情報を暗号化して流出しても判読できないようにするセキュリティーチップ内蔵のパソコンも販売されているのです。
決して安くはありませんが、絶対に社外にもらしてはいけない情報を記録させたいパソコンは、セキュリティー機能が頑丈なものを選びましょう。

12