パソコンのモニターに何も映らない原因は?適切な対処法について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンのモニターが映らなくなってしまうと焦りますよね。何も見えなくなってしまうので、パソコンを使いたくても操作できなくなるでしょう。しかし、事前に対処法を把握しておけば安心です。

そこで、モニターに何も映らない場合の対処法、モニターが故障していた場合の対処法、古いモニターを処分する方法について説明します。モニターに何も映らない場合の対処法を知りたい人は、ぜひチェックしてください。

  1. モニターに何も映らない場合の対処法
  2. モニターが故障していた場合の対処法
  3. 古いモニターの処分方法
  4. まとめ

1.モニターに何も映らない場合の対処法

パソコンのモニターに何も映らない場合、どうすれば良いのでしょうか。焦ってしまいますが、確認したいことがいくつかあります。落ち着いて対処することが大切です。いくつかあてはまる原因や対処法について説明します。

1‐1.モニターの電源・コンセントを確認する

パソコンの電源は入っているのにモニターが映らないとき、「故障!?」と思ってしまいますよね。しかし、ほとんどの場合故障ではありません。単純なミスによってモニターが映らなくなっただけなのです。モニターに何も映らないとき、「モニターの電源やコンセント」を確認してみてください。ただモニターの電源がオフになっているだけという可能性もあります。オフになっていればモニターの画面が映らなくなるのは当たり前です。よって、オフになっている場合はオンにしてくださいね。

また、電源だけでなくコンセントの差し込みがゆるくなっている可能性もあります。差し込みの不具合によってしっかり電気が行き渡っていないのです。

1‐2.パソコンとモニターの接続確認をする

パソコンとモニターをつないでいる接続ケーブルに問題はないでしょうか。モニターが映らない原因は、パソコンとモニターの接続ケーブルに不具合が起きている可能性もあるのです。しっかり接続していてもモニターが映らない場合は、パソコン・モニターどちらかに問題があるでしょう。

また、接続不良の確認はほかにもたくさんの項目がありますよ。たとえば、メインメモリーやインバーターの接続不良や相性の悪さ、解像度の規格も関係しているのです。解像度が規格より大きい場合はほかのモニターに買いなおさなければなりません。接続確認はどれも自分でできることです。

そこで、なかなかわからないときは購入したときについていた「取り扱い説明書」を確認しましょう。取り扱い説明書にはモニターが映らなくなった対処法やカスタマーセンターの電話番号が記載しています。

1‐3.パソコン・モニター本体の経年劣化

あなたは今使っているパソコンをどのくらい使い続けていますか? パソコンの寿命はおよそ3~4年です。3~4年以上経過しているパソコンは、本体そのもののが劣化している可能性があります。経年劣化によってモニターが映らなくなってしまうのです。本体の経年劣化によってバックライトが切れてしまいます。ほとんどのパソコンモニターはバックライトの交換ができるでしょう。しかし、交換してもモニターが映らない可能性もあります。3~4年以上使い続けている人は思いきって新しいモニターに購入するのも1つの方法ですよ。

12