原因はデスクトップ!? パソコンの立ち上がりが遅い原因とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「買った当初は数十秒で起動してたのに、気が付いたら起動に数分かかってる」……パソコンの立ち上がりが遅いことで悩んでいる方は意外と多いようです。

パソコンに詳しくない方は故障や寿命と考えてしまう人も多いようですが、そんなことはありませんので安心してください。実は、ちょっとしたことでパソコンの立ち上がりはスムーズになるのです。

そこで、今回はパソコンの立ち上がりが遅くなる原因と、その対処法を中心にご紹介していきます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

目次

  1. パソコンの立ち上がりが遅い原因と対処法
  2. パソコンは普通に捨てることはできない
  3. パソコンの処分法とは?

1.パソコンの立ち上がりが遅い原因と対処法

パソコンの立ち上がりが遅い原因としては主に以下の5つが挙げられます。

1-1.アップデートをしている

月に数度行われることもあるアップデート。アップデートはパソコンの起動中に行われますので、アップデートが行われているときは立ち上がり速度が遅くなります。

アップデートが終われば速度は戻るので心配する必要はありません。

1-2.スタートアップが有効になっているソフトが多い

スタートアップ、というのはその名のとおり『立ち上げと同時に起動する機能』のことです。多くのソフトはインストールした時点ではスタートアップが有効になっています。そのため、たくさんのソフトをパソコンにインストールしていると、立ち上げ時に複数のソフトが同時に起動を始めてしまうため時間がかかるのです。

対策としては使わないソフトをアンインストールするか、スタートアップを無効にする方法が効果的。スタートアップのオンオフは簡単で、『タスクマネージャー』から行うことができます。

スタートアップの変更方法

  1. タスクバー(画面最下部の時刻やアプリケーションのアイコンが表示される場所)で右クリックし、メニューからタスクマネージャーを選択します。もしくは、『Ctrl + Shift + Esc』のキーを同時に押しましょう。
  2. 開いたタスクマネージャーの『スタートアップ』タブを選択します。
  3. 一覧に表示されたアプリケーションを選択し、右クリックでメニューから『無効化』を選択します。有効にする場合は有効化を押してください。

1-3.CDやDVDなどのメディアがドライブに入っている

パソコンのメディアドライブにCDやDVD、ゲームソフトなどを入れっぱなしにしてはいませんか? 入れっぱなしにしていると、起動時に毎回読み込みを行うため、起動が遅くなることがあります。使わないときはしっかりとパッケージにしまっておきましょう。

1-4.デスクトップに重いファイルがたくさん置いてある

パソコンに詳しくない人がよくやってしまうミス。デスクトップにデータを置くと便利なので、ついつい置いてしまいがちです。しかし、デスクトップに重いファイルがあると、立ち上がりが遅くなってしまいます。

対処法としてはファイルをショートカットに置き換えるのが有効的です。実際のファイルはデスクトップ以外のフォルダーにしまっておき、デスクトップにはしまったファイルのショートカットを置きましょう。

ちなみに、ショートカットはファイルを右クリックし、メニューから選択して作ることができます。

1-5.USBに機器(ハブを含む)を接続している

ポータブルメディアプレーヤー、カメラ、一部のゲーム機などはパソコンにつなぐ必要があるものもあります。ついついつなぎっぱなしになってしまう人も多いと思いますが、接続状態で起動すると速度が遅くなることがあるので外しておきましょう。

また、USBハブも場合によっては影響を受けるので抜いておいてください。

12
はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

不要になったPC・家電を無料で処分したい方必見

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。