アップグレート前に知りたい!今話題になっているWindows10の特徴や違いとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のパソコンを「Windows10」にアップグレードしようかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
今までのWindowsとどのように違うのか、気になっているはずです。
アップグレードするとどのようなメリットがあるのか、きちんと把握しておく必要があります。
そこで、Windows10の特徴や旧バージョンとの違い、実際にアップグレードした人のレビューをチェックしていきましょう。
Windows10のアップグレードを検討している人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. Windows10の特徴
  2. Windows10と旧バージョンの違い
  3. Windows10のレビュー
  4. まとめ

1.Windows10の特徴

Windows10をアップロードすると、何がどのように変わるのでしょうか。
アップグレード内容が気になっている人も多いです。
アップグレードをする前に、Windows10の特徴をきちんと把握しておいてください。

1‐1.幅広いデバイスをカバーできるOS

Windows10は2015年7月29日から使用開始になりました。
さまざまな特徴を持っていますが、最も大きい特徴は「幅広いデバイスをカバーできるOS」であることです。
今までのWindowsはデバイスの種類によって対応できるOSが異なっていました。
たとえば、スマートフォンの場合、Windows Phoneアプリしか利用できません。Windows StoreはPCやタブレットで利用できますが、スマートフォンではNGです。
このように、デバイスによって異なるOSだと非常に使いにくくなってしまいます。
仕事だと特にややこしくなってしまうでしょう。そこが、Windows10になると変わるのです。
Windows10はスマートフォン・タブレット・PCとすべてのデバイスに対応できるようになりました。
PC向けバージョンを「Windows10 for PC」、スマートフォンやタブレット向けバージョンを「Windows10 for Phones and Small」と呼んでいます。

1‐2.新しいデスクトップ4つのポイント

Windows10の特徴で注目してほしいのが、「新しいデスクトップ」です。
Windows10では、デスクトップでの変更点が4つあります。
1つ目は「スタートボタン」です。
従来のWindows10ではスタートボタンが復活しました。デザインは少し変わっていま
すが、スタートボタンの復活を望んでいたユーザーは多いでしょう。
2つ目の変更ポイントはスタートボタンの横にある「検索窓」です。
検索窓でファイルや機能・アプリなどさまざまな検索ができます。表示しないように設定することも可能です。
3つ目は「タスクビューボタン」になります。タスクビューでは動作しているアプリすべてがチェックできるでしょう。
最後の4つ目は「アクションセンター」です。簡単な設定や通知の管理ができるようになっています。

1‐3.デバイスに合わせたモード選択

Windows10は、さまざまなデバイスに対応できることがわかりました。
そこで、デバイスに合わせたモードを選択できるようになったのです。
Windows10では、「タブレットモード」と「デスクトップモード」の2つを用意しています。
それぞれデスクトップ・タブレットの設定に適しているでしょう。
デバイスに合わせたモードが選択できるのはありがたいです。
どのような違いがあるのかと言うと、主に、スタートメニューやコンテクストメニューなどの表示が変化します。
それぞれのデバイスで使いやすくするための工夫ですね。

2.Windows10と旧バージョンの違い

2‐1.ユーザーの意見を最重要視したWindows10

Windows10と旧バージョンの違いは、スタートメニュー復活の大きな違いがあります。スタートメニューの復活は、ユーザーの声を大切にしたWindowsだからこその結果になりました。
よって、旧バージョンとの大きな違いは「ユーザーの意見」を重視している点にあります。
Windows8が発表してからWindowsは「ユーザーの意見を軽視している」という口コミが多くありました。
結果、アップロード数も少なかったのです。
しかし、Windows10は今までのバージョンとまったく異なります。
ユーザーの意見を取り入れるため、「Windows フィードバック」というアプリがあるのです。
アプリでは、感想を書き込むことができ、機能・操作性の改善に役立てています。
このように、Windows10からユーザーの意見を大切にする姿勢がわかるでしょう。

2‐2.無料でアップグレードが可能!

旧バージョンであるWindows8の評判が悪い影響もあってか、Windows10ではほとんどのパソコンが無料でアップグレードできるようになりました。
Windows8.1やWindows Phone8.1、Windows7も10へのアップグレードが可能なのです。
旧バージョンを利用しているすべてのユーザーが無料で10にアップグレードできるでしょう。
今までにはなかった対応だと言えますね。おそらく、インストール台数を最初から増やす目的からきているのでしょう。
積極的にWindows10を広めるための取り組みでもありますね。
ユーザーの意見を積極的に取り入れ、無料で提供できるWindows10はこれからさらにインストール台数が増えるでしょう。
ただし、Windows XP・Vistaからのアップグレードは有料になるので要注意です。

3.Windows10のレビュー

3‐1.評判が高い「スタートメニュー」の復活

Windows10を実際に利用した人のレビューを見てみると、最も多かったのが「スタートメニューの復活」です。
「スタートメニューの復活がうれしい!」「再起動やシャットダウンが簡単にできる」「復活を待っていました!」などの声がたくさん上がっています。
Windows8の評判が悪かったのも、スタートメニューをなくしたからと言う理由がありました。
そのため、スタートメニューの復活を望んでいたユーザーが多かったのでしょう。
「ペイントや電卓などのアクセサリーもすぐに立ち上げることができた」と言うレビューも上がっていました。

3‐2.Windows10にしかない「生体認証機能」

Windows10のレビューでは新機能である「生体認証機能」が評価として挙がっています。
生体認証機能とは、虹彩(こうさい)・顔・指紋の識別です。
今までパスワード入力になっていましたが、生体認証機能の導入によってさらに安全性が高まりました。
より安全にパソコンを扱うことができるようになったのです。
パソコン内に重要情報が入っていても、安心して使えるでしょう。
Windows10を利用する際は、生体認識機能にもぜひ注目してください。

4.まとめ

Windows10の特徴や旧バージョンとの違い、レビューについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
Windows10のアップグレードを考えている人には知っておいてほしい内容です。
アップグレードの内容や特徴を把握しておけば、上手に使えるでしょう。

  • 幅広いデバイスをカバーできるOS
  • 新しいデスクトップ4つのポイント
  • デバイスに合わせたモードが選択できる
  • ユーザーの意見を重視したWindows10
  • 無料でのアップグレードが可能
  • 評判が高いスタートメニューの復活
  • Windows10にしかない生体認証機能

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてください。
Windows10にアップグレードする価値は十分にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の読者におすすめの記事

    ※関連記事はありません。
お部屋スッキリ計画の第一歩は不用品の処分から。

不用品の無料回収サービスのご案内

不用品の中に次の品物はありますか?
パソコン/液晶モニター/液晶テレビ/スマートフォン/タブレット/ハイスペックゲーム機

該当品目が一つでもあれば、不用品をまとめて無料で処分できるかも! 弊社指定の回収対象品目(70品目以上)でしたら無料で宅配回収いたします。 送料も弊社が負担しますので、処分にかかる費用はゼロ。

さらにご不要になったパソコンのOSがウィンドウズvista以降であれば、梱包用の宅配キットを無料でお送りします。

回収対象品目の一覧を見る 無料で回収できる理由