パソコンを使っているときの姿勢が悪い!!改善する方法はあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

パソコンを長時間使っていると、肩こりや頭痛、目の奥の痛みなどを感じる人は少なくないでしょう。
「やっぱりパソコンは体に悪影響を与えるのかも」と思う方もいるかもしれません。
しかし、パソコンを使うと起こる体の不調は姿勢の悪さが原因ということも多いのです。
では、いったいどんな姿勢でパソコンを使うと体に悪いのでしょうか?
そこで、今回はパソコンを使う姿勢について、いろいろと解説します。
姿勢が悪い場合の改善方法などもご紹介しましょう。
パソコンを長時間使う方やパソコンを使った後肩こりなどがひどいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 姿勢が悪いってどういうこと?
  2. なぜ、パソコンを使っていると自然が悪くなりがちなの?
  3. 姿勢が悪いままパソコンを使い続けると?
  4. パソコンを正しい姿勢で使うにはどうしたらいいの?
  5. おわりに

1.姿勢が悪いってどういうこと?

私たちの体は、頭を頂点にして背骨や、肩、腰、ひざで姿勢を定めています。
いわゆる「姿勢がよい」というのは、背骨がまっすぐで肩と腰のラインがまっすぐに近い状態です。
「きをつけ」の姿勢を思い浮かべていただければ、イメージしやすいでしょう。
その状態のまま、腰を下ろすと深く腰をかけても背もたれから背中が一部はなれます。
また、あごがひけて太ももに自然と力が入るでしょう。
これが、「よい姿勢」になります。
一方悪い姿勢は、背中が丸まり、あごと肩が前面へ突き出た姿勢。
いわゆる「猫背」ですね。
この状態で腰かけると、お尻と背中がべったりといすにはりつくような姿勢になります。
また、あごがつきでて、首と背中の付け根部分に自然と力が入るでしょう。
実は、このような姿勢でパソコンを操作している人は多いのです。

12