掃除機の吸引力が低下する原因とは?復活する方法をご紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「掃除機」の吸引力が落ちてしまえば、ゴミを吸い上げることはできません。部屋をキレイにしたくてもなかなかうまくいかないでしょう。
そこで、掃除機の吸引力が低下する原因や吸引力が復活する方法、掃除機の寿命と買い替え時期について詳しく説明していきます。
弱い吸引力で悩んでいる人や買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 吸引力が低下する原因
  2. 吸引力が復活する方法
  3. 掃除機の寿命と買い替え時期
  4. まとめ

1.吸引力が低下する原因

掃除機の吸引力は長く使えば使うほど低下するものです。
吸引力が落ちにくい掃除機はありますが、まったく低下しない掃除機はありません。
そこで、低下した吸引力をもとに戻すためにも「原因」を把握しておきましょう。

1-1.ゴミやホコリなどによる”フィルターのつまり”

床にたまっているホコリやダニ・ノミを吸い上げる掃除機には、必ず“フィルター”がついています。フィルターがあるからこそ、部屋の中にある不純物を取りのぞけるのです。
掃除機の中にはフィルターなしのタイプもありますが、少なくともフィルター1枚は必ずついています。
掃除機を使えば使うほど、ゴミやホコリによってフィルターがつまりやすくなるでしょう。
結果、細かいダストを分離できず、掃除機の吸引力が下がってしまうのです。
吸引力の低下が気になり始めたら、掃除機のフィルターをチェックしてみてください。フィルターを交換すれば吸引力がもとに戻る可能性もあります。

1‐2.“ホース”の途中に何かがつまっている

掃除機の吸引力が低下する原因には、“ホースのつまり”もあります。
主な原因はフィルターにありますが、ホースの途中につまっているものが原因の可能性も高いです。
フィルターに問題がないのであれば、ホースの中を確認してみてください。
大きいゴミがひっかかっているのなら、取りのぞきましょう。
もし、取りのぞけない場合は無理にする必要はありません。
専門の業者に依頼して取ってもらったほうが安心できます。
特に、へびのように曲がっている部分がつまりやすいので要チェックです。ホースのつまりを防ぐためにも、大きいゴミは自分の手で拾わなければなりません。
掃除前に落ちているゴミをしっかり確認しておきましょう。

1‐3.故障や寿命が原因

掃除機など家電製品には必ず“寿命”があります。
掃除機の寿命については後ほど詳しく説明していきますので、ぜひチェックしてください。
寿命が近づいてくると、掃除機の吸引力が低下します。
フィルターやホースに問題がないのであれば「故障」または「寿命」が原因だと思ってください。
故障内容によっては修理か買い替えかで検討することになるでしょう。
掃除機の寿命が近づいてくると吸引力低下のほかにさまざまな不具合が出てきます。
たとえば、モーター関連でのトラブルです。モーターが動かない、火花が出る、異音・異臭がするなど異変が起きます。
モーターの不具合が出てきたら買い替えたほうがお得です。完全に掃除機として使えなくなってしまいます。

12