収納力が2倍に?ワンルームの収納に役立つ5つのテクニックとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1人暮らしをしていて、収納スペースが狭いと感じたことはありませんか?
女子はただでさえ持ち物が多いのに、ワンルームの収納スペースってかなり小さい!
収納する場所がなく行き場を失った、洋服や本、小物がお部屋に溢(あふ)れてしまうのも当然です。そこで、今日は、ワンルームの収納力が2倍になる、収納テクニック5つをご紹介します。
誰でも簡単に、収納スペースを確保できるワザが満載ですので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 収納スペースを増やすテクニック
  2. ワンルームの収納方法
  3. 収納を成功させるためには……

1.収納スペースを増やすテクニック

ワンルームの収納力を上げるポイントは「デッドスペース」の有効活用です。
自分が気づいていないだけで、ワンルームには収納になるデッドスペースがたくさんあります。
ちょっとした工夫で、ワンルームの収納力を、誰でも簡単に「2倍」に増やす方法をご紹介しましょう。

1-1.突っ張り棒や板で棚を作る

部屋のデットスペースに、突っ張り棒や板で棚を作り収納スペースを作ります。
カーテンレール、洗濯機、キッチンの上など、今まで気づかなかった、天井スペースを最大限に活用しましょう。玄関とリビングのドアの上は、特におススメ!統一感を持たせるため、壁と同じ色の板を選ぶと圧迫感も感じません。
突っ張り棒を使えば、壁に穴を開けなくても棚が増設できます。材料はホームセンターや100均で手に入るモノで十分です。棚の上に収納するときは、同じ色や形の収納ボックスを使うとよりシンプルに片づけることができます。棚のあいたスペースに写真や絵を飾ると、海外のアパートメントのようなステキなお部屋に早変わり。壁につける用の棚もたくさん売られていますので、それを利用してもいいですね。

1-2.テレビボードは収納できるものを選ぶ

テレビボードは収納つきを選びます。または、収納家具の上に、テレビを置きましょう。配線やDVDなどでごちゃごちゃしがちなテレビ周りも、収納スペースがあればスッキリと片づけられます。なるべくならオープンラックのようなモノではなく、中身の見えない、ドアや引き出しがついているモノを選ぶといいでしょう。テレビの下は、ワンルームなら最も活用したい収納スペースです。

1-3.ベッドの下を活用する

ワンルームで一番大きな家具といえば、ベッド。引き出しつきのモノを選び収納スペースを確保しましょう。季節モノの服を入れる場所として最適です。収納のついていないベッドの場合は衣装ケースを活用!ベッドの下にほこりがたまることも防ぎつつ、収納力は格段に広がります。衣装ケースは、出し入れしやすいようにキャスターつきを選びましょう。

1-4.シンクの下はデッドスペースだらけ

フライパンや調味料をしまうシンクの下。水道管があり使いにくいと感じますが、ここでも突っ張り棒の出番です。突っ張り棒を使い、上のスペースに棚を作れば、2段で収納できるようになります。下にはフライパン、上にはお皿などを収納。わざわざ食器棚を買わなくても十分収納できます。

1-5.ドアの内側にフックをつけよう

キッチンやクローゼットのドアの内側もデッドスペースです。100均にあるフックをつければ、お玉やフライ返しをかけられます。クローゼットでは、収納ポケットをかけ、アクセサリーや小物類を細かく収納しましょう。

12