布団を処分する方法 ~再利用で効率よく捨てよう~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

何年も使ってボロボロになっている布団。買ったときよりも保温ができなくなってしまうと布団としても寿命です。しかし、処分だけではなくて再利用や再生する方法もあります。この記事では、布団の処分・再利用方法についてまとめました。

  1. 布団の処分方法
  2. 古くなった布団を再利用する
  3. 「打ち直し」をして再生する
  4. 布団を処分するときの注意点
  5. 不用品回収業者に依頼するときの注意点
  6. まとめ

1.布団の処分方法

不用になった布団はどのように処分すればいいのでしょうか。その方法についてまとめました。

1-1.自治体にごみとして出す

布団は自治体にごみとして出すことができます。地域によって差はありますが粗大ごみとして区分してあることが大半です。事前に粗大ごみシールを購入して自治体の指定した日時に出すことになります。
自治体のルールに従えばコストも掛からないので手軽に処分できるのがポイント。しかし、布団はすぐ捨てないと部屋のスペースを占領します。また、引っ越しなどで急いで処分したいときにも困る方法です。部屋から処分場所まで離れていると運び出すのにも一苦労してしまうのもデメリットになります。

1-2.細かく切ってから捨てる

自治体で粗大ごみとして出す以外に細かく切って出す方法があるのです。布団を細かく切ってしまえば可燃ごみとして出せます。
細かく切って可燃ごみとして出せば費用や運ぶ手間もないため楽に処分できるのです。しかし、布団を切る手間はあるので女性1人で行うには大変な作業となります。たくさんの布団を処分するときには向かない方法と思いましょう。

1-3.不用品回収業者に依頼する

大量の布団を処分したいときは、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者では、大量の不用品やごみがあっても回収してくれるのです。しかも、布団以外にも処分したいものがあればまとめて運び出してくれます。また、不用品と思っていたものを買い取ってくれる場合もあるので依頼してみましょう。
自治体のごみ出しと違って不用品回収業者では、指定した日時に回収してくれるのもポイント。忙しい現代人にはうれしいサービスとなっています。
回収に費用は掛かりますが見積もりを事前に取ってくるのです。見積もりとは、回収してもらいたい不用品を処分するために掛かる費用を計算すること。事前に処分費用がわかるので予算が立てやすいのもポイントです。

1-4.寄付をする

汚れや破損がひどくなければ寄付することができます。
布団は寝具として生活に欠かせないもの。しかし、日本内外では布団なしで眠っている人が多くいます。自分の布団がまだ使えそうな状態ならば寄付も考えてみましょう。