【保存版】粗大ごみで悩む人は注目!スッキリ確実に処分する方法!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

通常のごみで出すことのできない、大型のごみは処分に困りますよね。回収日時も回収方法も制限があるほか、無料で持っていってくれるわけではありません。今回は、粗大ごみの処分についてあらゆる面から解説した内容となっています。粗大ごみについて悩んでいて、粗大ごみを処分したいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでください。

  1. 粗大ごみの悩みを解決しよう
  2. 粗大ごみの捨て方を種類別に学ぼう
  3. 粗大ごみのリサイクルやリセールを考えよう
  4. 粗大ごみ処理のさまざまな方法
  5. 粗大ごみや不用品の回収でよくあるトラブル
  6. 粗大ごみの処理業者の選び方
  7. 粗大ごみの回収でよくある質問を特集!

記事を読み終えるころには、皆さんが持っていた粗大ごみ回収への不安も無くなっていることでしょう。粗大ごみをすっきり片付けるためにも、知識をしっかり身に付けてください。


1.粗大ごみの悩みを解決しよう

まずは、粗大ごみの回収について、基本的な悩みを解決しておきましょう。粗大ごみに関係する法律や有料・無料について、捨て方のルールなどをお話しします。

1-1.粗大ごみと関係する法律について

粗大ごみは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づいて、地方自治体が住民から回収・処分作業を行うことになっています。また、新たに「家電リサイクル法」や「PCリサイクル法」で指定のある品目にかんしては、粗大ごみで出すことを禁止していることを覚えておきましょう。いずれにしても、自己判断で粗大ごみとして処分することは法律に反することがあるので注意してください。

1-2.粗大ごみは有料か無料か

粗大ごみは、現在多くの自治体で有料回収となります。少し前までは、無料で回収していた自治体が多かったことを覚えている人も多いでしょう。しかし、粗大ごみの回収や処分が自治体の財政を大きく圧迫していたのも事実です。現在は、粗大ごみの回収前に「粗大ごみ処理券」を購入・貼り付けすることによって、回収費用を支払う形になることを覚えておきましょう。

1-3.粗大ごみの捨て方にはルールがある

粗大ごみの捨て方にも、ルールがあります。ここでは、地方自治体に粗大ごみ回収を依頼する場合を例に挙げてみましょう。

  • 地方自治体に回収依頼をする
  • 回収日時・場所の指定を受ける
  • 処理手数料に合った「粗大ごみ処理券」を購入する
  • 指定のあった日時・場所に「粗大ごみ処理券」を貼り付けて出す

回収に出すときには、地方自治体ごとに細かなルールがあるでしょう。品目によって、指定以下の大きさに裁断したりまとめたりなどの指示があるのでルールを守って出してください。

1-4.粗大ごみは簡単には捨てることができない  

粗大ごみは、一般のごみのように頻繁(ひんぱん)に回収があるわけではありません。回収依頼を掛けた後、指定のあった日時に決まった状態にして出す必要があります。そのため、簡単には捨てることができないことを覚えておきましょう。勝手に粗大ごみとして出すことは、絶対に止めてくださいね。