オフィスを移転する前に知っておきたい基礎知識・注意点について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

オフィスの移転には準備期間が必要です。
準備期間のうちにしっかり整理しておかなければ、移転後に何かと困ってしまいます。新しいオフィスで仕事をスタートするためにも、オフィス移転のポイントを把握しておきましょう。
これから、オフィス移転の準備や注意点、不用品を処分する方法について詳しく説明します。

目次

  1. オフィス移転の準備
  2. オフィス移転の注意点
  3. 不用品を処分する方法
  4. まとめ

1.オフィス移転の準備

現在のオフィスを新しいオフィスに移転するとき、準備することがたくさんあります。準備をきちんとしておかなければオフィス移転に失敗してしまうでしょう。
失敗しないためにも、準備しておきたい内容を把握してください。

1‐1.現在の問題点と新しいオフィスでのレイアウト

オフィス移転を準備する際、まずは現在オフィスでの“問題点”をあげてください。
現在のオフィスで困っていることを1つずつピックアップしていきましょう。
問題点を放置しておけば新しいオフィスでも問題を引き継いでしまいます。
新しいオフィスでスムーズに仕事をするため、問題点が解決するオフィスかどうか考えましょう。
そして、問題点が解決するレイアウトを心がけてください。
新しいオフィス家具はもちろん、パーティションの位置を確認しながらレイアウトを決めていきましょう。
特に、レイアウトでは“人の動き”を意識することが大切です。
業務が効率的に作業できるよう、人が動きやすいレイアウトにすることが大切なポイントになります。

1‐2.電気や配線、通信の変更を考える

オフィス移転の準備でチェックしておきたいのは“電気”や“配線”、“通信の変更”です。
移転には必ず電気配線の工事が必要になります。
しっかり工事のスケジュールを立てておかなければ後で問題になってしまうのです。
オフィス移転にともなって電話番号が変更になる可能性もあるでしょう。
電話番号の変更は、取引先や大切な顧客にも伝えていかなければなりません。変更はできるだけ早めに対応してください。
特に、インターネットに関しては工事が1か月ほどかかることもあります。
オフィスの構図によっては配線に時間がかかるのです。オフィス移転のスケジュールでは、電気関係も考えてください。

1‐3.スケジュールをより細かく計画する

オフィス移転における準備は“スケジュール計画”が大切です。
実際の引っ越し日までにスケジュールを計画してくださいね。
理想は移転6か月前からスケジュールを立てることです。
6か月前には現在のオフィスの解約予約をしておきましょう。
そして、新しいオフィスを決めてください。移転5か月・4か月前には工事の見積もり、移転スケジュールの確定、レイアウトの確認が大切になります。
移転3か月前には、最低でもレイアウトを決定しなければなりません。内装や設備の工事も3か月前に予約しておきましょう。
移転1か月後には物件の引き渡しをするため、現在のオフィスをキレイにしてくださいね。取引先への連絡も1か月前にはしておきたいものです。

12