アンドロイド機種変更の方法とポイントは? データの移行方法も解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「アンドロイド」は、Googleが開発したスマートフォン用のOS(コンピュータープログラム)のことです。古いアンドロイドから新しいアンドロイドへ、またはアンドロイドから別機種へ変更する際は、事前にやっておかなければならないことがあります。特に、古いスマホを処分したり買取に出したりするときは、データを完全消去しなければなりません。データを移行し消去してからでないと、情報が流出し悪用される可能性があります。機種変更の方法やポイントをしっかり押さえ、スムーズに新しいスマホへ買い替えましょう。それでは、アンドロイドの機種変更について詳しく解説します。

  1. アンドロイドの機種変更の基礎知識
  2. アンドロイドの機種変更~事前にしておきたいことリスト
  3. アンドロイドの機種変更~データの移行方法
  4. アンドロイドの機種変更に関してよくある質問

この記事を読むことで、アンドロイドの機種変更で事前にしておかなければならないことが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。


1.アンドロイドの機種変更の基礎知識

まずは、アンドロイドの機種変更の主な流れと気をつけておきたいポイントを解説します。

1-1.どんな機種変更があるのか?

アンドロイドからアンドロイドへ、もしくはアンドロイドから別機種へ変更するによって、データの移行方法が異なります。なぜなら、アンドロイドとiPhoneとではOSが異なるからです。アンドロイドのOSはGoogleですが、iPhoneのOSはアップルが開発・提供するiOSとなります。たとえば、アンドロイドからiPhoneへ機種変更する場合は、データ移行に使用するアプリが対応していない可能性があるのです。

1-2.機種変更の流れは?

ここでは、アンドロイドからアンドロイドへ変更する際の主な流れを紹介します。

  1. おさいふケータイやポイントサービスなど特別な作業を行わなければならないアプリを把握する
  2. Googleサービスの同期やデータのバックアップを行う
  3. データを新しい端末に移動させる

大まかな流れは以上のとおりですが、変更する機種の種類やOSなどによって異なります。具体的な流れに関しては、携帯キャリアに相談してください。

1-3.気をつけておきたいことは?

アンドロイドの機種変更を行う場合は、データを削除する前にほかの媒体へ保存しておかなければなりません。中には、「データを削除する前に移行することを忘れ、大切なデータを削除してしまった」という方もいます。また、何も知らずに機種変更をすると、データが移行できない状況になる可能性があるので気をつけてください。詳細について、次項の【2.アンドロイドの機種変更~事前にしておきたいことリスト】で詳しく説明します。

2.アンドロイドの機種変更~事前にしておきたいことリスト

アンドロイドの機種変更前にしておきたいことは、データのバックアップ・おさいふケータイの移行・アプリの引き継ぎの4点です。それでは詳しく説明します。

2-1.データのバックアップ

データのバックアップは、変更する機種によって異なります。ここでは、アンドロイドからアンドロイドへ、アンドロイドから別機種へ変更する際のバックアップ方法を説明しましょう。

2-1-1.アンドロイドからアンドロイドへ変更する場合

同じOSを使うことになるため、基本的にGoogleサービスのデータ同期を行えば安心です。同期とは複数の端末でデータを同一に保つことで、Googleアカウントを設定すれば移行元端末のデータを新しい端末で使用できます。gmailやカレンダーなどGoogle関連のアプリを使用している場合は、以下の手順で新しい端末にデータを移してください。

  1. 移行元端末のアプリ一覧画面から「設定」→「アカウント」欄のGoogleアカウントをタップする
  2. Googleアカウントの一覧が表示されたら、目的のアカウントをタップする
  3. 同期対象サービス一覧が表示されるので、同期したいサービスにチェックを入れる
  4. 新しい端末で移行データを確認する

以上の方法でデータを移行させましょう。また、ほかにも通信事業者提供のバックアップサービスやそのほかの専用アプリでバックアップする方法があります。携帯キャリアでは、無料で使用できるバックアップアプリが提供しているのでぜひチェックしてください。アプリを起動しデータを保存するだけでOKです。ただし、キャリア会社や機種によって対応できるデータの内容が異なるため、事前に確認しておきましょう。

2-1-2.アンドロイドから別機種へ変更する場合

OSが異なる機種へ変更する際は、携帯キャリア会社から出ている専用アプリを使用するか、データをインターネット上に保存し新しい機種にコピーする方法があります。インターネット上に保存する場合は、以下のように移行してください。

  1. 機種変更前にオンラインストレージサービスのアカウントを作成する
  2. データ移行のアプリをダウンロードする
  3. アプリを起動しバックアップを選択→保存先にアカウント作成したオンラインストレージサービスを選択して完了

上記の流れでインターネット上にデータが保存できます。新しい機種を購入した後は、以下の手順でデータを移行させてください。

  1. 同じデータ移行のアプリをダウンロードする
  2. アプリを起動し復元を選択する
  3. バックアップ先を同じオンラインストレージサービスに変更し復元ファイルを選択して完了

2-2.おさいふケータイの移行

スマホで気軽に買い物ができる「おさいふケータイ」サービスは、機種変更前に必ず操作をしておかなければなりません。具体的な移行方法は、電子マネーの種類で異なります。ここでは、参考として「モバイルSuica」の手続きを紹介しましょう。

  1. 旧機種でトップメニューから「会員メニュー」を選択
  2. 「携帯電話の機種変更」→「1.機種変更する」→「1.終了する」の順で選択
  3. 新機種でモバイルSuicaアプリを起動し、「再発行・機種変更の方はこちら」を選択
  4. 登録のメールアドレスとSuicaパスワードを入力した後、「1.ログイン」を選択
  5. 必要に応じて携帯電話情報を変更し「1.初期設定をする」から「1.実行する」を選択

2-3.アプリの引き継ぎ

使用しているアプリによっては、機種変更の前に引き継ぎ情報を作らなければいけないものがあります。おさいふケータイはもちろんのこと、ほかにもLINEやゲームアプリなどが事前準備が必要なアプリです。これらのアプリは、アプリごとのバックアップをしておきましょう。本体のSDカードに保存している場合は、バックアップし新機種にSDカードを挿入すれば完了です。また、自動ログインになっているアプリのIDとパスワードも確認しメモしておいたほうが安心できます。

2-4.電話帳移行の準備

連絡先など大切なデータが含まれている電話帳は、アンドロイドの場合、gmailの連絡先と端末本体に保存した連絡先の2つがあります。基本的に、gmailの連絡先はGoogleアカウントを同期するだけで元通りになるでしょう。端末本体に保存した連絡先は、SDカードまたは携帯キャリア会社が提供するバックアップサービスを利用してください。

3.アンドロイドの機種変更~データの移行方法

バックアップしたアンドロイドのデータを新機種に移行する場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。

3-1.移行方法

Googleアカウントを同期する場合は、新機種でパスワードの入力が必要となります。複数のGoogleアカウントをアンドロイドに登録している方は、全アカウントに対して全部パスワードを入力しなければならないので注意してくださいね。パスワードを入力すると「復元画面」が表示されるので、後はアンドロイドが起動するのを待つだけです。LINEアカウントやアプリ内の情報などは、新機種で再びダウンロードしIDとパスワードを入力する必要があります。Googleアカウントの同期で自動インストールしてくれますが、アプリ内のデータまで復元してくれるわけではないので注意してください。

3-2.具体的な移行方法が知りたい!

新しい機種にデータを移行する方法は、機種の種類や移行先のOSなどで異なります。また、移行したいデータによってはパソコンが必要になるケースもあるため、手元にパソコンを用意しておいたほうが良いでしょう。具体的な移行方法に関しては、シャープのAQUOS公式サイトでも公開されています。「よく分からない」という方は、携帯キャリア会社に教えてもらうのも方法の1つです。

3-3.注意点

アンドロイド端末のデータ移行ツールを使用する場合は、旧端末と新端末のどちらとも手元にある必要があります。携帯キャリア会社で新機種に変更する際、下取りや引き取りに出そうとしている方もいるでしょう。しかし、データ移行前に出してしまえば、新端末へデータを移すことができません。旧端末を手放す前に、データを移行させることをきちんと覚えておきましょう。
また、きちんとデータ移行の方法とポイントを把握しておかなければ、LINEアプリのトーク履歴がすべて削除されてしまうこともあります。念のために、失いたくないデータアプリのIDとパスワードをメモしておいたほうが良いでしょう。

4.アンドロイドの機種変更に関してよくある質問

アンドロイドの機種変更に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.おさいふケータイのデータを移行する注意点は?
A.データをきちんと移行させておかないと、使えなくなってしまう可能性があるので注意してください。残高があっても使えないという最悪な状態になってしまいます。万が一のトラブルに備えるため、事前におさいふケータイの残高を少なくしておくと良いでしょう。

Q.アプリデータのバックアップ&移行が楽になるコツは?
A.2段階認証アプリを使用している場合は、最初に設定を終わらせておきましょう。時間がかかるアプリほど最初に設定したほうが、後でスムーズに移行できます。また、銀行系アプリなどセキュリティーが高いアプリは、SMSが受信できる端末1台だけ有効になるのが特徴です。新端末でログインを確認したら、旧端末でアプリ自体を削除してください。

Q.LINEアカウントを移行する前に確認すべきことは?
A.LINEアプリを起動させ、メールアドレスが登録されているか確認してください。メールアドレスを登録しておけば、簡単にアカウント移行ができます。メールアドレスを登録した際に設定したパスワードを覚えていない場合は、「パスワードを忘れた」から新規に登録し直すことができるので安心です。アンドロイドに移行する際は、Googleドライブを使用すれば簡単にLINEのトーク履歴をバックアップすることができます。

Q.写真・動画データ移行するポイントは?
A.アンドロイドの場合は、「Google フォト」の活用がおすすめです。Googleフォトを使用することで、写真や動画を簡単にクラウド上へアップロードできます。もし、Googleフォトを使用していない場合は、microSDカードに必要な写真と動画をコピーしておきましょう。後は、そのmicroSDカードを新機種に挿入するだけでデータ移行が完了します。

Q.要らないアンドロイドを処分する際の注意点は?
A.アンドロイド内に保存されているデータを完全削除する必要があります。microSDカードを入れている方は、必ず抜き出してから処分しましょう。データの削除方法が分からない方は、携帯キャリア会社に相談してください。また、データ削除サービスを行っている不用品回収業者もあります。要らなくなったアンドロイドを処分する際は、回収業者を利用するのも方法の1つです。

まとめ

いかがでしたか? アンドロイドのスマホは、どんな機種に変更するかによってデータの移行方法が異なります。まずは、新機種のOSをきちんと確認した上でデータのバックアップとデータ移行を行いましょう。また、大切なデータが含まれているアプリは、データ移行方法によって内部のデータが消えることもあります。バックアップをして、大切なデータを守りましょう。